ベンチャー企業でインターンをおすすめする3つの理由

長期インターンシップといえばスタートアップ・ベンチャー企業ですよね。

ここではベンチャー企業でインターンシップをした方が良い3つの理由を挙げていきます。

これを読んだ後、皆さんもベンチャー企業のインターンシップに参加してみましょう!

 

東大生が考える、ベンチャーでインターンシップするメリット

 

そもそもベンチャー企業って何?

sky

【出典】https://www.pexels.com/photo/building-modern-glass-tall-27406/

ベンチャー企業の概要

ベンチャー企業とは何か、というところから話を始めていきましょう。

実は、ベンチャー企業に明確な定義はありません。

しかし、「革新的なアイデアや技術などをもとに新しいビジネス領域を手がけている」という点が大きな特徴です。

そのため、ベンチャー企業と一括りに言っても、業種も多岐にわたります。

ベンチャーの代名詞とも言えるIT業界やweb業界のベンチャーもあれば、ものづくりをしているメーカー業界広告業界・マスコミ業界・出版業界、などどの業界でもベンチャー企業は存在ます。

また創業して間もない企業も多く、社員の数がすくない企業から楽天といった日本を代表する大企業まで多種多様です。

 

ベンチャー企業でインターンシップとして働くメリット

 

ベンチャー企業の種類

ベンチャー企業は大きく3つに分けることができます。

 

まずは楽天やDeNAといった大企業と比べても遜色がない「メガベンチャー」

メガベンチャーは、最近インターンシップに力を入れてきた企業が多いです。またインターンシップを新卒採用の選考の場として利用しているケースも多いです。

1日のみの1dayインターンから1週間程度のプログラム型の短期インターンシップを開催しているケースが多いです。

 

1dayインターンって本当に意味あるの?元人事に聞いてみた

 

次は「中堅ベンチャー」です。

世の中には企業の数が、約350万社あると言われています。

その99%が中小企業・中堅ベンチャーです。

普段学生が利用するサービスや商品に関連した会社ではない場合、社名を聞いてもわからない場合が多いと思いますが、大学生が知らない会社の中に、隠れた優良企業は多数あります。

中堅ベンチャーでは、大学生に社員と同じような実務経験をさせてくれる長期インターンシップを募集しているところが多数あります。

インターンシップを通じて、力のある社員から、社会人としてのビジネススキルやビジネスマナーをたくさん吸収できます。

 

早稲田大学生がアルバイトよりインターンシップをすすめる理由

 

3つ目は「スモールベンチャー」です。

これは創業間もない企業が多く、社員の数も10名以下と、少数精鋭で事業運営をしているところが多いです。

今有名な大企業も、最初はスモールベンチャーでした。

スモールベンチャーでは、中堅ベンチャー同様に、基本的に長期インターンシップが前提になっている企業が多いです。

こういったベンチャー企業でインターンシップをすることのメリットは経営者の近くで一緒に仕事ができること、また学生ながら様々な経験ができるので、経験を通じて圧倒的に成長できるという点です。

 

圧倒的に成長できる!人気ベンチャー企業のインターン募集

 

ベンチャー企業でインターンシップをするべき3つの理由

428edfa7435247f16ed867245b7016e4_s

インターンシップを通じて、圧倒的な成長ができる

ベンチャー企業でインターンシップをすることの最大のメリットは何と言ってもこれでしょう。

実際に本格的な業務を体験ができ、幅広い経験ができるというメリットもあります。

ベンチャー企業でのインターンシップにおいて一番重要なことは積極的に取り組むということ。

あくまで主体的に自分から動かなければいけません。周りの社員はもちろんあなたをサポートしてくれますが、あなた自身が成長しようと頑張るつもりがなければ、周りからも見放されてしまいます。

責任感を持って仕事にチャレンジした経験は、あなたを大きく成長させてくれるでしょう。

 

人材業界のインターン経験者が、就活内定をゲットしまくる理由

 

興味のある業界・職種で働く社会人のリアルな姿が見れる

ベンチャー企業のインターンシップでは、社員との距離が近くより密なコミュニケーションをとることが可能です。

漠然と憧れている業界・職種に就いている社会人が、実際い日々どんな仕事をしているのか?を間近で見ることができます。

そういった人を間近で見ることで、「自分がやりたいことは何か?」と、自分の将来像をより具体的にイメージすることができるようになります。

  • 漠然とやりたいと思っていたが、実際に働いてみて、より魅力的な仕事だと確信できた
  • 理想と現実は全く違った、思っていた仕事と全然違うということを就活前に知れてよかった

インターン参加者から、よくそんな感想を聞きます。

 

長期インターン参加前に必読。インターン学生に大切な心構え

 

身についたスキル・経験が、あなたの就活を圧倒的に有利にする

ベンチャー企業のインターンシップでは、実際の社員と同じ仕事にチャレンジすることになります。

つまり就活する際に、他の大学生とは違って、あなたは新卒採用段階ですでに、中途人材のように一定のビジネススキルをすでに持っていることになります。

他の就活生が、サークルやアルバイトで頑張ったことを必死にアピールする横で、あなたはベンチャーでの仕事の成果や、仕事を通じてどんな気づきがあったか、成長を遂げたかをアピールすることができます。

どれだけ有利な状態で、就職活動に突入できるかイメージできますよね?

ベンチャーインターンシップに参加することは、将来迎えるあなたの就職活動を圧倒的に有利にしてくれます。

有名大企業への内定者続出!就活成功したい学生おすすめインターン募集

 

インターンシップをする際に注意すること

out

学業との両立

ベンチャー企業でのインターンシップは長期間のものが多いです。

長期間やるからこそ意味があるのがベンチャー企業でのインターンシップとも言えます。

そこで大事になってくるのが学業との両立です。学業を疎かにしてインターンシップにばかり力を注いでしまうのはあまり良いとはいえません。それなら、大学に通う意味がなくその企業に就職すれば良いということになってしまうからです。

大切なのは両者のバランスをうまくとることです。自分がその時にしたいことに注力できるような環境を作ることが重要です。

そういった環境を作ることができる企業なのかを見極める目を持つことも大切です。

 

インターンシップと授業の日程がかぶる。優先すべきは?どちらを休む?

 

悪質なインターンシップ・ブラックインターンを避ける

インターンシップ生が様々なことに挑戦できたり、社員と密接な関係を結ぶことができるというメリットが存在すると言うことを書いてきました。

しかし、なかにはインターンシップ生をタダ同然のアルバイトのように扱うブラック企業の存在もゼロではありません。

 

短期インターンシップの場合は、給与や報酬がない場合がほとんどですが、実務を伴う長期インターンシップの場合は、ほとんど場合が給与・給料がもらえる有給インターンシップです。

日本最大級の長期インターンシップ募集サイト『ゼロワンインターン』で紹介する長期インターンは、すべて給与がもらえる、安心できる有給インターン募集です。

長期インターンシップに挑戦したい学生は、ゼロワンインターンがおすすめです

 

最後にもう一度、ポイントを確認しておきましょう。

  • インターンシップを通じて、圧倒的な成長ができる
  • 興味のある業界・職種で働く社会人のリアルな姿が見れる
  • についたスキル・経験が、あなたの就活を圧倒的に有利にする
  • 悪質なインターンシップ・ブラックインターンを避ける

みなさんもぜひ長期インターンシップに参加してみてください!

 

日本最大級の長期インターン募集サイト『ゼロワンインターン』でインターンを探す

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です