人材業界のインターン経験者が、就活内定をゲットしまくる理由

人材系企業のインターンシップは就職活動に有利?

就活生から「人材コンサルタント会社でインターンやっている友達に、就活成功している人が多い」という話を聞きました。大企業から複数内定をもらっていて、どこに行くか悩んでいるという羨ましい状態らしいです。

なぜ人材業界でインターンを経験している学生は、そんなに多くの企業の面接選考を突破できたのでしょうか?

「人材業界のインターン経験は、本当に就活に有利なの?」

そんな皆さんの質問にお答えしたいと思います。

 

ベンチャー企業でインターンをおすすめする3つの理由

 

人事の面接評価項目を知っているため、就活は有利!

【出典】https://www.pexels.com/photo/woman-in-gray-pinstripe-blazer-holding-black-and-gray-stylus-pen-and-black-pad-45905/

【出典】https://www.pexels.com/photo/woman-in-gray-pinstripe-blazer-holding-black-and-gray-stylus-pen-and-black-pad-45905/

結論から言うと、就活に有利になる場合が多いです。

理由としては、人材系企業でインターンをすると、様々な企業の求人情報を扱うことが多く、仕事中にそれらの企業の採用評価項目を目にする機会が多いからです。

また日々、企業採用担当の方や、プロの人事コンサル・採用コンサルの人と一緒に仕事をする中で、企業が求める人材像・人材要件についての考え方の精度も自然と上がっていきます。

自分が就職する企業の面接時の評価シートを直接見たことがなかったとしても、同業界の会社や、よく似た求人募集情報を多数見る中で、『この企業が求める人材像は、おそらくこんな人だろう』と、かなり精度高く想像することができるようになります。

何を評価されるのかを分かった上で、面接を受けるわけなので、他の学生よりも有利に就職活動を進めやすくなります。

 

ベンチャー企業でインターンをおすすめする3つの理由

 

人材業界インターンは、その他にこんなメリットも

【出典】https://www.pexels.com/photo/people-photographer-photography-photo-109917/

【出典】https://www.pexels.com/photo/people-photographer-photography-photo-109917/

人材業界でインターンシップを経験すると、就活に有利になりやすいだけでなく、じつはそれ以外のメリットも多数あります。

下記にそれらのメリットをまとめます。

業界別・企業別・職業別の年収がある程度分かる

新卒の初任給はどこの企業もだいたい同じくらいですが、その後の年収推移は、業界や企業、職業によって全く異なります。

お金だけで就職先を選ぶわけではないですが、仕事を選ぶ上で大事な情報であることは間違いありません。

インターネットで検索すると、その企業の予測年収や平均年収などが出てくることもありますが、その真偽は確かめようがないですよね。

人材企業でインターンシップを経験すると、実際に企業から直接想定年収を聞くことができたり、また転職希望者の現在の企業での年収なども聞くことができるため、かなり正確に期待値年収を把握することができます。

入社時点の給与だけでなく、入社後、何歳でどの位の昇級が期待できて、年収・年棒がどのくらいになるのか、その先のキャリアステップもイメージすることができます。

就職先を決める上で、とても重要な情報が得られることも、人材業界で働くメリットの一つです。

 

インターンシップには何社参加すればいいの?

 

どの職種が世の中で必要とされているか、トレンドが分かる

とある企業の業績が順調だったり、また新しく新規事業の立ち上げを検討したりする際、多くの場合新しい人材の採用を行います。

多くの企業の採用をお手伝いさせて頂くと、どの業界が今盛り上がっているのか、どの職種が世の中から求められているのか、またどの仕事が必要とされなくなってきているのか、時代の変化を敏感に感じることができるようになります。

これから就職先を選ぶ際や、職業選択をする場合に、これらの情報は非常に役に立ちます。

アメリカのオックスフォード大学の研究結果では、これから10年から20年の間に、今ある職業の47%が機械にとって代わられるそうです。

昔からある仕事だから、親がやっているからという理由だけで仕事を選んだ場合、もしかしたらその仕事は10年後には世の中から必要とされなくなっているかもしれません。

ITテクノロジーの進化により、とくに時代の変化が早く著しい現代社会では、世の中のトレンドの変化をどれだけ早くキャッチして、環境の変化にどれだけ早く適応できるかが、重要になってくると思われます。

そういった経験を積む第一歩として、まず人材業界に身を置くことは一つの選択肢と言えると思います。

 

営業インターンを就活前に経験しておくメリットとは?

 

各企業の評判や、職場環境についても詳しくなる

普段、普通に大学生活を送っていると、ほとんど企業との接点はないですよね。

社会との接点がほとんどない中で、就職時期に突入し、就職先を決めなければいけません。

結果的に、親や先輩、企業説明会やネット上の口コミなどの情報をもとに、将来を職業選択をするわけですが、どれも人から聞いた情報で、全然実感が湧かないんじゃないでしょうか?

人材業界でインターンを経験すると、新しく新卒・中途採用を考えている取引先企業の人事から、社内の職場環境についてリアルな情報を聞けたり、また転職希望の面談者からは前職の評判を聞けたりすることができます。

かなり生々しい情報を聞く機会が多いので。より実感血を持って自分の職業選択にも活かすことができます。

 

就職活動に役立つ!人気の人材会社でインターンシップ・インターンに参加する

 

まとめ

mens_memo

出典:https://www.pexels.com/photo/business-signing-writing-writer-24193/

いかがだったでしょうか?

これから就活を迎える就活生の方や、純粋にインターンシップ先を探していた大学1年生や2年生の皆さんに役に立ちましたか?

「人材業界のインターンシップは就活に有利か?」

という、当初の疑問の回答としては、就活に有利になる可能性が高いと言えると思います。

それ以上に、自分の将来のキャリア選択に活かせる経験と情報が、人材業界のインターンシップでは得られると言えそうです。

 

日本最大級の長期インターンシップ情報サイト『ゼロワンインターン』でインターンを探す

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です