インターンシップを選ぶ前にメリットとデメリットの確認

やることは多いけれども、何をするにもやる気が起きないなんてことありますよね。

こんな時期に、これから、インターン先を選ぼうとしている学生さんも多いことでしょう。

インターンをするとどんないいことがあるのか?具体的にどんなことをするのか。

インターンシップのメリットデメリットをそれぞれ紹介していきます。

 

インターンとは何?アルバイトとの違い・意味・目的を知ろう

 

短期インターンと長期インターンの違いを理解して、自分に合うインターンに参加しよう。

073546ee-8f6d-4f24-82f1-35ac9a25f03a

短期インターンとは?

主に、大企業がおこなっている短期インターンについて紹介していきます。

対象

短期インターンは主に就職活動をしている3、4年生向けのもので、大手企業がおこなっている場合が多いです。

期間

短期インターンの開催期間は、1日から一週間前後のものが中心

どんなことをやるの?

内容としては、セミナーや学生同士のグループワークが中心です。実務が発生しないため、給与がもらえない無給の場合がほとんどです。

 

1dayインターンって本当に意味あるの?元人事に聞いてみた

 

長期インターンとは?

主に、中小企業・ベンチャー企業がおこなっている長期インターンについて紹介していきます。

対象

短期インターンと違い、就活生のみならず、大学1年生・大学2年生を歓迎しているインターンがあったり、なかには既卒学生や、社会人も参加可能なインターンがあったりします。

全学年の学生が対象となります。

期間

1ヶ月以上からほとんどの場合は、特に期限を設けない無期のものが多い。

どんなことをやるの?

実際にインターン先の企業の社員と同じ実務に挑戦することができます。

業界は様々で、人気のIT業界や、広告業界コンサルティング業界人材業界不動産業界など、様々な業界があります。

職種も、営業エンジニア企画デザイナーマーケティング事務アシスタント編集・ライターなどのインターンも募集している企業もあります。

 

日本最大級の長期インターンシップ募集サイト「ゼロワンインターン」でインターン募集を探す

 

短期インターンのメリットデメリット

paper_pen

短期インターンのメリット

  • 拘束時間が短いため、時間の融通がきく
  • 学業と両立しやすい
  • 学生同士のつながりが増える

短期インターンのメリットとして、拘束時間が短いことにあります。

そのため、多くの企業のインターンに参加することができ、学業とも両立しやすいです。また、短期インターンには一度に数十名の学生が参加するので、学生同士のつながりができ、情報交換をしやすくなります。

 

インターンシップとアルバイトの違いとは?両立はできる?

 

短期インターンのデメリット

  • 実際の業務が見えづらい
  • その企業について深く知ることができない
  • 倍率が高く参加しづらい

短期インターンのデメリットとしては、内容がセミナーやグループワークが中心のため、実際の業務内容が見えづらく、その企業について表面的にしか知れません。

また、人気の企業はインターンの選考倍率が高く参加しづらいという点もあります。

 

インターンシップに受かる応募メールの書き方と例文まとめ

 

どんな人に向いているのか?

短期インターンには、将来やりたいこと、目標が見定まってない学生に向いています。

一つ一つのインターンによる拘束時間が短いため、あらゆる企業のインターンに参加し興味ある職種や企業を見つけることができます。

 

短期インターンシップと長期インターンシップの違いって何?

 

長期インターンのメリットデメリット

pen_write

メリット

  • スキルアップで実社会に出てからも役立つ
  • 人脈形成ができる
  • インターン先からそのまま内定をもらえる場合もある

長期インターンのメリットとしては、実務に直接携われることにあります。

実務を通して、社会人としての基本的スキルが身につくため、スキルアップすることができ、また、インターンからそのまま内定をもらえる場合もあります。

 

頑張りが評価される!人気の内定直結インターンシップ・インターン募集

 

デメリット

  • 拘束時間が長いため、時間の融通がきかない
  • 学業との両立が難しい
  • 責任とプレッシャー

長期インターンのデメリットとしては、拘束時間が長く、学業との両立が難しいため、授業がたくさんある低学年の学生は参加しづらい点。

また、その会社の社員と同じように実務を行うので、責任とプレッシャーが大きい点にあります。

 

インターンシップは本当に就活に有利になる?参加は必要?

 

 

どんな人に向いているのか?

長期インターンには、将来やりたいこと、目標が見定まっている学生に向いています。

実務を通して、自分自身が将来働きたいと思っている職種の現場で、リアルな就業経験ができ、それは体験にとどまらず、その仕事に必要なスキルや知識を身につけることができます。

 

ベンチャー企業で学生バイト・アルバイトするメリット

 

 

まとめ

note_pen_mac

拘束時間が短くあらゆる職種の就業体験をすることができる短期インターン、がっつり仕事を任され、お給料ももらえる社会経験の積める長期インターン。

それぞれにメリットもあり、デメリットもありますが、インターン選びは、自分の将来の目標は何なのか、やりたい仕事は何なのか、改めて考える機会になるのではないでしょうか。

 

日本最大級のインターン募集サイト「ゼロワンインターン」でインターン募集企業を探す

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です