長期インターンシップが就職活動で有利な理由5選

pc_cafe

これから就活を控えている大学生のみなさんは、さぞかし複雑な感情を抱いているかと思います。

「自分は果たして内定をもらえるんだろうか。」

と心配している学生さんも、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな不安を抱えているみなさんにおすすめなのが、長期インターンシップです。

 

長期インターンシップでの経験が就活につながり、内定ゲットへつながった。

内定者の中には、インターン組という特別枠があるらしい!

という先輩の話はみなさんもよく聞くことかと思います。

 

では、なぜ就活を有利に進めるには長期インターンシップがおすすめなのでしょうか。

今回は、その理由5つをまとめます。

 

そもそも、企業はインターンや就活で学生の何を見て合否判断しているのか?

mark-516277_960_720

まずは、企業は優秀な学生をどう判断しているのかをお話しします。

企業は学生の人間性と、学歴を含む実績面の大きく2つの観点で学生を観察し、評価しています。

 

ビジネス経験のない大学生だからこそ、人間性を評価する

企業がインターン採用や新卒社員の採用を行うとき、まずその学生の人間性を確かめます。

中途採用とは異なり、ほとんどの大学生はビジネススキルを持ち合わせていません。

そのため、今この瞬間のスキルではなく、人となり・人間性を見て判断する必要があります。

 

採用のプロといわれている人事でも、面接という限られた時間の中で、学生の人間性を全て把握することは不可能です。そのため、人間性を確かめるといっても、その方法は限られています。

 

まず人事が最初に見るポイントは

  • 挨拶を大きな声できちんとできるかどうか
  • 相手の顔を見て、しっかり話をしたり、聞いたりすることができるかどうか
  • 会話中にしっかり相づちをうったり、笑顔を見せたり、表情が豊かどうか

といった基本的なものです。

 

よく採用担当者同士の話では『出会って最初の1分で不採用と判断する学生が半分以上』と聞きます。

 

 

基本的なことだからこそ、当たり前にできる必要があります。

その後、

  • 過去の経験から、その学生がどんな時に、どんな感情を持つのか
  • 過去の取り組みとその結果から、組織や周囲にどんな影響を与えてきたのか
  • 組織内ではどんな役割を果たしてきたのか
  • どんなことに喜びや悲しみ、やりがいを感じるのか

といったところまで細かく聞いていきくます。

それを踏まえて、この学生は自分たちの会社に合っているのかを判断していきます。

 

 

 

過去の経歴や実績から伺える能力を見抜く

企業にとってその学生の経歴や実績も大きなチェックポイントです。

経歴は、まさにその人のポートフォリオ(作品実績)。

 

どんなに口ではすごいことを言っていても、経歴や実績からその言葉と行動に一貫性を感じられなければ、信じてもらえません。

企業は、学生の言葉と、学生の経歴や実績を照らし合わせながら、その学生を見極めています。

 

極端な例ですが、例えば全国大会出場を目指してサッカーを始めましたと言っていた学生が、練習量が辛くて最終的に部活を辞めてしまった。としたら、その学生は「辛いことにぶつかったらすぐに辞めてしまう学生」といった印象を企業に与えてしまうでしょう。

 

その学生の口から、事業を伸ばしたい!成長したいと!といくら熱意ある言葉を聞かされても、おそらく人事の心には届きません。

 

面接などのアピールの場でも、あまり自分を着飾りすぎて、過去の経歴や実績とあまりに乖離のある自分を偽らないほうがいいです。

 

なぜ長期インターンシップ経験者が就活に有利なのか

silhouette-978956_960_720

では本題に戻り、なぜ長期インターンシップが就活に有利なのでしょうか。

理由1:社会人経験を積むことで話に具体性が出るから

先ほどのお話ともつながりますが、長期インターンシップを経験することで、話に説得性がでます。

 

 

【例】

×私は、どんなに辛いことでも諦めません。

◯私は、中学校から高校までバレーボール部に所属していました。練習はとてもきつかったですが、辞めずに続けてきました。

 

また、大学生になってからは、◯◯株式会社で営業職のインターンシップを半年間続けました。部活とは違うビジネスの大変さを感じましたが、アポの取り方や有効的なデータを使うことを必死で学んできました。

 

その半年を乗り越えた今は、どんなことでも続けられる自信があります。これらの経験から、私はどんなにつらい事でも諦めません。

いかがでしょうか。

実際に長期インターンシップで「社会人として働く」ことを経験している学生は、自身の経験から「自分の強み」を導くことができるので話に具体性が出ます。

根拠が全くない提示されない強みの主張は、つい企業側も、本当に大丈夫なのか?と思ってしまうものです。

 

理由2:ビジネスマンとしての思考力が成長しているから

長期インターンシップを経験することで成長が期待できるものの一つが、思考力の成長です。

 

思考力の成長とは一体何でしょうか?

ここでいう思考力の成長とは、正解のルートが示されていない状況で、主体的に考え・行動し、その状況を打破するための方法を考える思考力のことです。実際にビジネスの場では、正解が分からない中で、選択を判断を迫られる場面が多々あります。

 

長期インターンシップを始めたばかりの学生も、半年あれば思考力はかなり成長します。

この思考力が身につければ、単純に成果に対する評価だけでなく、そこに至るまでのプロセス部分の評価も得られます。

 

【例】

<成果>

営業インターンを通じて、高い営業目標を達成することができた

 

<思考段階>

毎月200万の個人売上が目標→当初は毎月50万の売上だった→クライアント先では緊張して上手く喋れないことが原因→そこで、クライアントへ提出する資料作成の時間を増やし、分りやすい資料を作成した→2ヶ月後、個人売上が200万を達成した

 

<実際の採用面接でのアピール>

私が一番が張ったことは、インターン先での営業インターンです。目標は社員とほとんど変わらない毎月200万の個人売上が目標でした。

3ヶ月ほど頑張りましたが、売上はずっと50万円前後でずっと未達成が続きました。なぜ売上が上がらないかの原因を考えた時に、私が人前で話すのが苦手で、緊張しやすい性格のため、商品説明がうまくできないことが一番の要因だと考えました。

その日から、緊張を克服するため、人前で話す練習を何度も繰り返し、練習では徐々にスムーズに喋れるようになりましたが、いざお客様を目の前にすると、また緊張してしまいうまくいかないという繰り返しでした。

 

そこで一度考え方を変え、緊張してもどうしたら売上目標達成ができるかを考え直しました。

結果的にやったことは、一目で分りやすい商品説明資料を作るということです。

 

資料作成のクオリティをあげることで、お客様先で私が緊張して上手く喋れなくなっても、その分りやすい資料を見せることで、お客様に商品の魅力を伝えられることができるようになりました。

その結果、4ヶ月目から社員と変わらない月200万円の売上成果をあげることができました。

 

 

理由3:仕事の厳しさを理解しているから

長期インターンをやっていると、必ず一度は壁にぶつかります。

 

大きなミスをしてしまったり、社員やお客様に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

そのような壁にぶつかった時にどう乗り越えたかがとても重要です。

 

こういった経験は遅かれ早かれ、社会人になれば誰でも経験することです。

大学生のうちに、インターンを通じて早めに経験しておくことで、仕事の厳しさを理解していると、ESや面接の志望動機を話す際にも、話に深みがでます。

 

 

 

理由4:ビジネスマナー・ビジネススキルが身につくから

長期インターンをしていると、インターン先の社員だけでなく、取引先の社員の方や、企業経営者とお会いする機会が多々有ります。

 

そのため、ビジネスマナーやビジネススキルがいつの間にか身につきます。

例えば、名刺の渡し方や、電話の取り方、ビジネスメールの送り方、食事の時の座る場所、タクシーやエレベーター、エスカレーターでの立つ場所など、社会人の一般常識を大学生のうちに身につけることができます。

 

咄嗟のマナーや挨拶などが、実際に就活の時に企業の方と会った際に、他の就活生との違いとして顕著に現れます。

 

理由5:成長できて、何より自信に繋がる

長期インターンシップをおすすめする最後の理由は、インターン先で得た結果や実績によって自信が得られるからです。

これは、就活においてものすごく大きな強みとなります。

 

なぜなら、インターン先で結果を残すということは

  • インターン経験によって、話に具体性が出るから
  • インターン経験を通じて、思考力が成長しているから
  • 仕事の厳しさを知っているから
  • ビジネスマナー・ビジネススキルが身につくから

これらをすべて満たしているためです。

 

結果そのものよりも、精一杯頑張ったという自信が、長期インターンシップをやるべき最大の理由ともいえます。

 

長期インターンのメリットは盛り沢山!思い立ったらすぐ行動してみよう

paper_pen

このように、長期インターンシップをやることで得られるものは計り知れません。

最初は、就活に有利になる。という名目で始めてみても構いません。

 

ただ、やっていくうちにやりがいや楽しさにはまっていくと思います。

もちろん業務として大変なこともありますが、それを乗り越えることすら成長になると考えると、やらない理由はありません。

 

これを読んでもし長期インターンシップを始めることになったら、ぜひ勇気をもって挑戦してみてください!

下記で紹介するゼロワンインターンに掲載されている長期インターンはすべて、給与がもらえる有給インターンシップです。バイト代わりにまずは始めてみるというのもアリだと思います。

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です