インターンを快調にこなすための朝の過ごし方4選


長期実践型インターンシップに参加すると、レベルの高い仕事に長時間取り組むことになります。

 

仕事には高い集中力が求められるので、寝不足でぼんやりしていると仕事のミスにもつながってしまいます。

 

朝から仕事を快調にこなすために、昨今注目されているのが「朝活」です。朝の時間を有効活用することで、仕事へのモチベーションが高まりやる気がアップするのです。

 

事実、スターバックスのCEOハワード・ショルツ氏やAppleのCEOティム・クック氏など、一流ビジネスパーソンは朝活に取り組み世界をリードしています。

 

ここでは、長期インターンを快調にこなすための朝の過ごし方についてご紹介します。

 

バリバリ働く!ベンチャー企業の長期インターンを探す

 

仕事は朝の過ごし方で変わる

一日の集中力は、朝どう過ごしたかによって左右されると言っても過言ではありません。

 

古来より、朝は人間にとって集中力が高い時間だと言われています。電気のない時代は、太陽が昇るとともに起床し、陽が落ちるとともに眠るという生活リズムを送っており、それが人間本来の過ごし方なのです。電気が発明されてからは夜型人間が増えましたが、実はこれは自然なあり方ではありません。

 

朝、しっかりと活動してからインターンに向かうことで、頭が冴えわたり集中力もアップします。これが、モチベーションの向上につながり、始業時からいい仕事をこなすことができるようになる理由です。

 

ただし、睡眠時間を削って早起きしてしまっては、睡眠不足で集中力ももたなくなってしまいます。朝早く起きて夜は早く寝る、というサイクルを自分なりに作っていくことが大切になります。

 

人の心を動かそう!マーケティング職の長期インターンを探す

 

インターンを快調にこなすための朝の過ごし方4選

では、どのように朝の時間を過ごせば快調に仕事をこなせるようになるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

 

1.早起きする

 

当然ではありますが、早起きすることから朝活は始まります。しかし、早起きが苦手でついつい時間ぎりぎりまで寝てしまうという方も多いでしょう。

 

早起きが苦手という方は、朝早く起きる目的を明確にしてみてください。「朝の時間を使って本を読む」「資格の勉強を10分間する」「インターンに行く前にゲームをする」といったように、楽しみや目的があると早起きがしやすくなるはずです。

 

また、インターン先へ出勤する際に通勤ラッシュにあたってしまう場合は、早めに電車に乗るのもいいでしょう。長時間身動きも取れないような満員電車は、それだけで体力と気力をそがれてしまいます。普段より30分、1時間早めの電車に乗るだけで、通勤ラッシュを回避できるかもしれません。早めに駅についたら、カフェでのんびりしてみるのも楽しいはずです。

 

2.朝食を食べる

 

朝食を食べないと、集中力に悪影響を及ぼすというデータがあります。というのも、脳のエネルギー源であるブドウ糖を眠っている間に消費してしまうので、朝食を食べないとブドウ糖不足になるためです。ブドウ糖には、睡眠中に定価した体温を高める効果や、体内のリズムを整える効果があるとされています。

 

脳のブドウ糖が不足したまま1日を過ごすと、頭がぼんやりとして集中力が持続しません。イライラしやすくなり、仕事でもミスをしがちになってしまいます。また、朝食を抜くことで、ゆくゆくは生活習慣病を発症するリスクも高まるとも言われています。

 

朝早起きしてからしっかりと朝食を食べることで、体温が上昇し代謝も上がります。インターンをバリバリこなすためには、朝ごはんは必須なのです。

 

手軽に食べられる朝食の代表例が、おにぎりです。食欲がない朝でもさくっと食べることができ、炭水化物が脳のエネルギーとして働いてくれます。自分で好きな具をつめて作るのもいいですし、コンビニのおにぎりで色々な味を試してみるのもいいでしょう。胚芽米や玄米を使うと、ブドウ糖をエネルギーに変える際に必要になるビタミンB群を摂取できるので、効率的にエネルギー補給ができます。

 

ゆで卵もおすすめです。卵には神経伝達物質の形成に必要な「レンチン」という成分が豊富に含まれているため、頭の働きを良くすることができます。単体で食べてもおいしいですし、サラダと一緒に食べてもヘルシーで健康的です。

 

また、納豆も卵と同様にレンチンが豊富に含まれています。スーパーやコンビニで買いだめておけば、調理せずにすぐ食べられるので便利です。ご飯にのせて納豆丼にすると炭水化物も摂取できますし、ネギやオクラ、ゴマなどを加えればビタミンとミネラルも補うことができます。

 

バナナと牛乳という組み合わせも、手軽で栄養を豊富に摂取することができます。腹持ちが良くエネルギー価が高いので、ランチ時でもお腹が空きすぎず、ダイエット効果もあるでしょう。

 

朝ごはんは家で食べるだけでなく、外で食べる楽しみもあります。カフェや喫茶店ではモーニングを提供している店が多く、ランチタイムや普通の時よりも安く食べることができます。朝からホットコーヒーを飲みながら、サンドイッチをほおばって、本を読む。というのも、オシャレでかっこいいですよね。お気に入りの喫茶店を探すために、モーニング巡りをするというのも立派な朝活です。

 

3.身体を動かす

 

実は、多くのビジネスパーソンが趣味にしているのが「朝のジョギング」です。「インターン前に走ったら疲れて仕事どころじゃなくなるのでは?」と思う方も多いでしょうが、実は正反対なのです。

 

朝は最も体脂肪の燃焼に効果的な時間で、有酸素運動であるジョギングをすることでダイエット効果があります。そして、脂肪が燃焼することから代謝があがり、冷え性が改善されます。朝日を浴びながら新鮮な空気を吸うことで、体内時計が調整されて脳も活性化。一日の集中力がぐっとアップします。ジョギングを続けると体力もつくので、インターンでも疲れにくい体質を作ることができます。

 

走るのは苦手、という方は「朝ヨガ」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。全身のストレッチ運動によりストレス発散効果があり、身体も心もリラックスさせることができます。全身に血が巡り、頭の働きもよくなりますよ。

 

4.好きなことをする

 

読書にゲーム、映画鑑賞。自分の好きなことを朝にする、というのも1日を快適に過ごすためには重要です。好きなことをしていると自然とテンションが上がるので、目覚めもよくなります。また、早起きが苦になりづらいという効果もあります。

 

他にも、資格の勉強や語学の習得といったスキルアップのために、時間を割くのも有意義です。朝に充実した時間を過ごすことができれば、その1日を得した気分で過ごすことができます。ぜひ、自分なりの朝活サイクルを見つけてみてください。

 

ロジカルシンキングが身につく!コンサルティング業界の長期インターンを探す

 

まとめ

今まで夜型生活だった方も、長期実践型インターンを機会に朝方生活に切り替えてみてはいかがでしょうか。

 

早起きして朝食をしっかり食べると、身体のリズムが整い体調も良くなります。脳の働きも活性化するので、集中力やモチベーションもアップしていいことづくしです。

 

朝活では、身体を動かしたり好きなことをしたりするのがオススメ。無理せず楽しみながら続けられることをすれば、自然と朝方生活のサイクルが身につくはずです。

 

長期インターンを快調にこなすためにも、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

 

日本最大級の長期有給インターンサイト「ゼロワンインターン」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で