ガクチカの書き方とエピソード別の例文一覧【保存版】

面接

ガクチカ(学生時代に力を入れたこと、学生時代に頑張ったこと)は就活の定番の質問のひとつです。

 

しかし、「ガクチカがない」「学生時代に胸を張って頑張ったことが見当たらない・・・」「どんなエピソードが評価されるの?」など悩みをお持ちではないでしょうか?

 

魅力的なガクチカの書き方・伝え方を学んで就活を有利に進めたい方は本記事をご覧ください。

 

本記事では、ガクチカ(学生時代に頑張ったこと)の見つけ方から書き方のポイント、アルバイト・部活・サークル等エピソード別のガクチカの例文をご紹介しています。

この記事のポイント
  • 就活で話すべきガクチカの見つけ方が分かる
  • 面接担当者に刺さるガクチカの書き方、伝え方のコツが分かる
  • エピソード別のガクチカの例文をみれる
  • ガクチカが思いつかない大学生が今からできることが分かる

ガクチカを面接官が質問する目的

考える女性

ガクチカ(学生時代に頑張ったこと)を上手にアピールするためには、まず企業の採用担当者が就活でなぜガクチカを聞くのか質問の意図を知ることが大切です。

入社後に活躍してくれる学生か見極めるため

人事がガクチカを聞く目的は、「応募学生が入社後に自社で活躍できる人材かどうかを見極めるため」です。

 

既に社会人経験を積んでいる中途採用と異なり、新卒採用では、応募学生の実務スキルや仕事の能力、経験を測ることはできません。

 

そこで、仕事のエピソードの代わりに学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)を聞くことで、応募者がどんな人柄なのか、課題に対してどう向き合うのか、困難をどう乗り越えてきたか、を人事は知ろうとしているのです。

 

ガクチカは就職活動において、自分の魅力を応募先企業へアピールすることができる、絶好のチャンスといえるでしょう。

結果に至る過程を通じて人柄・価値観を知るため

ガクチカの重要なポイントは、採用担当者はエピソード自体の内容ではなく、その過程(プロセス)を重視しているということです。

 

採用担当者は、結果を出すために就活生がどんな工夫をしてきたのか、いかにして成果を生み出したのかを聞きたがっています。

 

よく就活生が学生時代に頑張ったエピソードとして「サークルの幹事長をやっていました」「アルバイトリーダーとして2年間経験を積みました」「ゼミの室長をやっていました」などがありますが、それらは全てエピソードはそれ自体には価値がないものと考えて良いでしょう

 

例として、部活のエピソードを話している二人の就活生の事例を挙げます。

 

一人は、毎年全国大会に出場している競合の部活に所属し、自分の代で全国3位に入賞したエピソードを話しています。

 

一方、もう一人の学生は「毎年1回戦負けの弱小クラブに所属、しかしどうにか1勝をもぎ取るためにOBに自分から連絡をとって指導の依頼をしました。また、チームメイトの士気を高めるためにはマネージャーの存在が不可欠だと感じ、新歓時期に自分でビラを配り、女子マネージャーに入部してもらうことに成功しました。その結果、上位入賞は果たせなかったが念願の1勝をあげることができた。というエピソードを話しています。

 

エピソード自体の成果は圧倒的に違えど、後者の方が自分なりの工夫をした点や行動力が評価できると思いませんか?

 

このように面接官は成果をどのように導き出したのかを聞くことで、その人の性格や人柄を知ることができるのです。

ガクチカがない学生必見!学生時代に頑張ったことの見つけ方

pointandhint

学生時代に頑張ったことがない、周りの就活生と比べて大したエピソードがないとお悩みの大学生も多いのではないでしょうか。

 

よく就活生から聞くのが、「海外で起業経験しました」「学生団体でリーダーをやっていました」「ビジネスコンテストで優勝しました」「海外一周しました」など周囲のすごいエピソードを聞きすぎて自分が語れるものが無いと思い込んでしまうケースです。

 

たしかにそうしたエピソードは、インパクトはあるかもしれません。しかし、人事担当者の目線からいうと、エピソードは正直何でもいいのです。

 

前述した通り、企業側からすると、ガクチカはエピソードよりも結果に至るまでのプロセスが最も大事で、そこから見える人間性をみたいと考えています。

 

むしろ、起業経験やコンテスト優勝経験がある大学生なんてほんの一握りでしょう。それよりも話としてのインパクトは薄くてもその中にその人ならではの考え方や価値観が現れているエピソードの方が評価されることだって往々にしてあります。

 

よくガクチカで話される内容として、アルバイトやゼミ、研究、サークルなどが挙げられますが、別にいずれかに当てはまらなくても全く問題ありません。例えば、趣味の話や留学の話、学業を頑張った話、日々の生活で意識していたことでも良いでしょう。

 

趣味の話なんて自信を持って話せない、と考える就活生もいるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

 

例えば、筋トレが趣味でよくジムで鍛えていたのであれば、どのような目標をたてて、筋トレの効果を最大限高めるためにどんな取り組みをしたのか、など振り返れば様々な工夫があったのではないでしょうか。

 

ガクチカがない、という就活生はあまり難しく考えず、自分が好きなことや印象に残っていることの中からエピソードを見つけてみるといいと思いますよ。

 

ただし、世間一般的に良いイメージがない趣味、例えばギャンブルなど、は避けた方が良いでしょう。

 

魅力的なガクチカの書き方【5つのポイント】

晴天と就活生

ガクチカをうまく伝えて、採用担当の印象に残る自己PRをするためには以下のポイントを抑えると良いでしょう。

①結論から話す

基本的なことかもしれませんが、「結論から話す」ことはやはり重要です。

 

「ガクチカ」「学生時代に力を入れたこと」でいう結論とは、何に取り組んだかです。回答方法としては、「私が学生時代に力を入れたことは、〜〜です」と最初に述べるのが良いでしょう。

 

ここを抜かして、いきなり具体的なエピソードから入っても、面接官は何の話をしているのか分かりません。自分は思い入れがある話でも面接官からすると初めて聞く話です。

 

面接官にリアルな想像をしてもらうためには、まず、話の全体像や背景からはじめ、その後に具体的な内容を話すという順序がおすすめです。

②STAR法に沿って伝える

しかし、具体的にどういった展開で話せばいいかわからないという大学生におすすめなのが「STAR法」というフレームワークです。

 

STAR法とは、Situation(状況)、Task(課題)、Action(行動)、Result(結果)の頭文字をとった言葉です。

 

流れとしては、

  1. どんな取り組みをしたのか、どんな立場に置かれていたのか
  2. その中でどんな課題に直面したのか
  3. 課題に対してどのような行動をとったのか
  4. 行動の結果、どんな成果が得られたのか

となります。

 

このフレームワークに沿って話すことで、聞き手もイメージがしやすくなりますのでぜひ活用してみてください。

③具体的な行動を必ず入れる

ガクチカで最も重視するべきは上記のActionの部分、つまり「具体的な行動」の部分です。

 

どういう手法でその問題を解決しようとしたのか、という部分にその人の考え方や人柄、価値観が集約されているからです。

 

課題に対する解決方法はひとつではありません。同じ課題に直面しても、その時取るべき行動は人によって異なります。

 

エピソードを伝える際は、自分なりに工夫した行動は何か、なぜその行動で問題解決できると思ったのか、など深掘りしてみると良いでしょう。

④結果・成果は数値などで具体的に伝える

具体的な行動内容を示したら、その結果どんな結果や成果が生まれたのかを分かりやすく伝えましょう。

 

成果は抽象的な表現ではなく、「数字を使って」定量的に解説をしたり、「行動前後の比較」によってどれだけのインパクトがあったのかを伝える方法があります。

 

それぞれ具体的に見ていきましょう。

  • 数字を使って定量的に示す方法

【例】インターンシップで営業として月間売上100万円を上げました。

 

例えば、これが「営業としてかなりの売上を上げていました」だと、採用責任者も具体的なイメージ湧かせることが出来ませんよね。

 

  • 比較を使って示す方法

しかし、上記の方法にも注意点が必要です。それは「100万円の売上」という絶対的な情報だけでそれが他と比べて高いのか低いのか、どれだけ凄いことなのか分かりづらいということです。

 

そこで活用できるのが「比較」で示す方法です。比較対象は過去の自分とその後の自分を比べるやり方や、自分と他者を比べるやり方があります。

 

具体的な例でご紹介します。

【例①】営業インターンとして、初月は売上10万円でしたが、〇〇をした結果、2ヶ月目から月100万円の売上をあげることが出来ました。(過去の自分との比較)

 

【例②】他に在籍していた10名の営業インターンの平均売上が毎月20万円のところ、私は〇〇をした結果、月100万円の売上を上げることが出来ました。(他者との比較)

 

いかがでしょうか?これだと行動の成果が分かりやすいですね。

 

⑤経験から得た学び・気付きをアピールする

ガクチカの最後は、そのエピソードから自分が学んだことや気付いたことを面接官に伝えて終えると良いでしょう。

 

面接官は、それらの学びから応募学生の人柄や価値観を知ることができて、入社後の活躍可能性をアピールすることにも繋がります。

 

ただし、「学び」「気付き」は、必ず仕事に繋がる内容になっていなければいけません。

 

例えば、営業のインターンシップ経験をした結果、「一緒に頑張る友人の大切さを学びました」と言われても、それがビジネスでどう活きるのか具体的なイメージは湧かせづらいですよね。

 

  • ボトルネックとなっている点を見極めてそれを解消することで、人を上回る成果をあげられることを学びました」
  • 手当たり次第にチャレンジするのではなく、戦略を立てて改善を繰り返すことで成果に繋がることを学びました。

などであれば、面接官もこの人は仕事に通じる経験をしてきたんだな、というのが分かりますね。

ガクチカ(学生時代頑張ったこと)の例文一覧

goodjob

ガクチカの例文①:アルバイト

私が学生時代に頑張ったことは、大学2年生の時から現在まで約2年間続けている新聞の訪問営業のアルバイトです。

具体的には、個人のお客様のお宅へ飛び込みをして、新規の契約を提案をする仕事を行なっています。

 

最初は、お客様に話を聞いてもらうことすらままならず、1ヶ月で新規契約数が0の月もありました。しかし、繰り返し提案をしている中でお客様によって同じトークでも反応や態度が違ってくることに気付きました。

 

そこで、お客様の年代やタイプによって、いくつかトークパターンを用意して、提案方法を柔軟に変えることにしました

 

その結果、新規の契約を獲得することができただけでなく、お客様と仲良くなって紹介まで貰えるようになりました。今では、営業の月間平均契約数が10件のところ、倍の20件をコンスタントに獲得しています。

 

営業を通じて、がむしゃらに頑張るのではなく、戦略を立てて取り組む重要性を学びました

ガクチカの例文②:部活

私が学生時代に力を入れたことは、大学の体育会バスケ部の活動です。

私が所属している部活は決して強いチームではなく、地域リーグでも毎年2回戦で敗退していました。

 

この状況を打開したいと考えた私は、それまでチーム全員が同じ内容で取り組んでいた練習メニューを、ポジションごとに変更しようと考えました。そこで、強豪チームを分析して、ポジションごとに何が足りていないのかを分析することで、弱点を強化するメニューを独自に考案しました

 

結果として、部活全体で長年実現できなかったリーグ優秀を果たすことができました。この経験から、現状を冷静に分析して、課題にあった対策を立てる必要性を学びました。

ガクチカの例文③:サークル活動

私が学生時代に頑張ったことは、大学のテニスサークル活動です。

約300名が所属する大規模なサークルで、私はその中で経理としてサークル活動日の徴収やイベント開催の経費管理をしていました。

 

所属メンバーが急速に増えたこともあり、100名を超えたあたりから活動費の収集漏れが発生し、サークル全体で課題となっていました。

 

そこで私は、サークルへの活動参加率と活動費の支払い状況に関係があると感じ、メンバー全員の活動参加率と支払い状況をまとめました。調査の結果、活動率が20%未満のメンバーに支払いが遅れる傾向が判明したため、そのメンバーに対しては早めにアプローチすることを心がけました

 

結果として、私が担当していた年の活動費の徴収漏れは0件となり、課題を解決することができました。この経験から、頑張るポイントを見極めて、ボトルネックを解消する重要性を学びました。

ガクチカの例文④:ゼミ・研究室

私が学生時代に力を入れたことは、地理学のゼミ活動です。ゼミでは、担当の教授のもとで全国各地のフィールド調査や過去の文献、資料調査、インタビューなど様々な活動を積極的に行ってきました。

 

とくに意識していたのは、ひとつの現象に対して多方面の角度からアプローチすることです。ゼミに所属したばかりの頃かは、ある研究課題に対して、文献調査のみで終わらせたり、インタビューの情報だけを参加にしたりと一面的なアプローチしかしていませんでした。

 

しかし、研究内容をより密度高いものにするために、ひとつの研究課題に対して、文献調査、資料館への訪問、スタッフの方へのインタビュー、専門家への取材依頼、現地調査など多角的に調査をすることにした結果、とある学会で学生最優秀賞を受賞することができました。

 

この結果から、一面的な情報だけで物事を判断するのではなく、色々なアプローチで物事を考える習慣が身に付きました。

ガクチカの例文⑤:資格

私は学生時代、簿記1級の資格取得に力を注ぎました。

というのも私はもともと数字が好きで将来会計に関わる仕事につきたいと思ったからです。専門知識を身につけるために資格をとろうと思ったのです。

簿記1級の合格率は10%と言われており、多くが税理士・会計士を目指している人たちと言われています。私は独学では到底上位10%に入ることはできないと考えました。

 

そこでやったことは2つです。1つは、親の知り合いの税理士事務所に働かせてもらうことにしました。どうしても知識を覚えないといけない環境を最初に作っておきたかったのです。

2つ目は締め切りを決めてしまうことです。最初に締め切りを作っておくためにまだ1級の教科書を開く前から1級の試験に応募をして3ヶ月で絶対合格するとスケジュールを決めました。

 

そして3ヶ月間実務と座学を繰り返し行うことで無事1級に1発合格することができました。

私はこの時の経験から、最初にゴールを決める重要性とやらざるを得ない環境を作る大切さを学びました。

 

この経験は限られた時間の中で最大の成果を出さなければいけない仕事でも活かせる考え方だと思っています。

ガクチカの例文⑥:留学

私は大学2年生の9月〜大学3年生の3月までアメリカのニュージャージー州に留学に行きました。

日本の中だけではなく、世界の人たちとコミュニケーションをとることで色々な価値観に触れてみたかったからです。

しかし、いざ授業で議論が始まると様々な場面で文化の違いや食生活の違い、宗教の違いから話が進まないことが多々ありました。

 

当初、私はどうやったら自分の文化を知ってもらえるか?という視点で接していましたが、途中からどうしたら他の文化を知れるのかという視点が重要かもしれないと気付きました。

 

それからはインド人の子達にインド料理屋に連れて行ってもらったり、フランスの子達と一緒に休日を過ごしたり、彼らを理解することに努めました。

 

結果として、その後の授業ではお互いにぶつかるのではなく、理解しあった上で、折り合いをつけて結論を導き出せるようになりました。

 

この経験を通じて、相手を理解する重要性と様々な価値観の中で折衷案を見つけ出す力が身につきました。

ガクチカは今からでも作れる!インターンのすすめ

ガクチカで語れることがどうしても見つからないという就活生は今から新しい取り組む方法もあります。

 

そんな大学生におすすめしたいのが長期インターンシップです。インターンというと企業説明やセミナーといった短期のインターンを想像する方が多いかもしれませんが、世の中には3ヶ月以上の長期間に渡って実践的な仕事に取り組むインターンもあります。

 

長期インターンでは、営業エンジニアマーケティング企画事務デザイナーなど様々な職種で社会人と変わらない仕事を行います。

 

初めての実務経験ということもあり、これまで感じたことない苦労や困難もあると思います。しかし、それを乗り越えようと努力したエピソードや仕事から生まれた工夫の話は、多くの就活生がするサークルやアルバイトのエピソード以上に人事担当者の興味を惹くでしょう。

 

本選考が始まるまでまだ時間があります。自信を持って語れることがない人は、自分が参加できる範囲で大丈夫なので長期インターンシップに参加してみるのもいいと思いますよ。

ガクチカの書き方次第で人事の印象は大きく変わる!

丸をつくる女性

ガクチカは就活の定番質問のひとつです。

必ず聞かれるとわかっていたら、事前に準備しない手はないでしょう。ガクチカの伝え方のコツを掴んで、内定を勝ち取りましょう。

 

これまでお伝えしてきたように、ガクチカを語る上で最も重要なのは、エピソード内容よりもそこに至るまでのプロセスを具体的に伝えられるか、という点です。

 

書き方・伝え方1つで同じエピソードでも見え方は全く変わります。

  • 具体的な行動内容を入れる
  • 結果は第三者がわかるように数値や比較を使って伝える
  • エピソードから学んだことを仕事に絡めて話す

上記の3点を意識すれば、採用担当者が唸る良いガクチカになるはずです。ぜひこれからの就職活動の参考になさってください。

 

皆さんの就活がうまくいくことを心から応援しています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です