マーケティングインターンが学生におすすめな理由


マーケティングのインターンは、参加を希望する学生も多い、非常に人気のインターンシップです。

また、マーケティング職を経験することで得られるスキルは、将来にも非常に役に立つのでおすすめです。

ただ、下記のような言葉もよく耳にします。

  • 「マーケティングの仕事って実際何をやるかよくわかんない」
  • 「マーケティングって興味はあるけど難しそう」

興味のある学生は多いけれども、実態があまり伝わっていないマーケティングのインターンシップ。

ここでは実際にどのような仕事に取り組むのか、業務を通じて得ることのできるスキルはなんなのか確認していきます。

 

インターンとは何?アルバイトとの違い・意味・目的を知ろう

 

マーケティングの業務内容とは

マーケティングの仕事の内容とは、「社会や情勢を見極め、商品が売れるための仕組みを作ること」です。

これだけで何をすればいいかわかる学生は、とても少数だと思います。

具体的な業務の中で何を取り組んでいるのか、調べていきましょう。

 

将来どの職種に着いても役立つスキルが手に入る!マーケティングの長期インターンシップ情報まとめ

 

リアルマーケティング

あまり馴染みのない言葉だと思いますが、のちに紹介するwebマーケティングと対比する意味で、「リアル」と紹介します。

主に新商品開発などの時に、市場のニーズを探ったり、製品のターゲット層的にどの広告手段が一番か考える仕事です。

営業マンが目の前に顧客を相手に商売することに対して、「市場」そのものを相手に商売をする形ですね。

主に調査会社などに依頼して、アンケートやインタービュー形式でとった調査結果をもとに市場を分析します。

さらに競合の製品や、過去の自社のヒット製品などの傾向からどのような商品が市場にニーズがあるか探ります。

上記の調査から導きされた仮説をもとに、市場に求められているものを分析して、新製品の開発を進めていきます。

また、開発した新商品を市場に認知させるためのPR活動も「情報を市場に伝える」ために行います。

いくら市場ニーズがあっても、ユーザーにその商品が知られていないと意味がないですよね。

また、情報もただ広げればいいわけではなくて、その商品のターゲット層に向けて届けなければいけません。

野球のバットをサッカー部に向けて宣伝しても、あまり効果がないことと考え方は同じです。

どうすれば自社のターゲットにあった層に訴求できるかということを考え、効果的な広告手法を考えます。

こちらが、リアルマーケティングの大まかな流れです。(新商品開発はほんの一例です)

 

市場を読み通す力を身にけよう!マーケティングの長期インターン情報まとめ

 

webマーケティング

近年急速に勢いを伸ばしているのがwebマーケティングです。

インターネットの普及や、それに伴うwebサービスの増加により、webサイトへの集客も大きなテーマになりました。

代表的なところでは、下記のようなサイトがwebサービスの代表としてあげられるかと思います。

  • 通販サイト
  • web上で完結する予約サイト
  • マッチングサイト
  • 比較サイト

いずれのサービスも、そのサービスを利用する人が増えれば増えるほど、規模は大きくなります。

サイト規模が大きくなるということは、そのまま売り上げに直結するということです。

マーケティングの長期インターン募集の多くは、webマーケティングの募集となっております。

今後webサービスの成長とともに、webマーケティングができる人材のニーズも高まることが予想されます。

学生時代に、webマーケティングの経験を積んでおくと、就職活動に困ることはないでしょうね。

 

今後ますます求められる実践的なマーケティングスキルが身につくインターン情報まとめ!

 

webマーケティングって実際は何をするの?

webマーケティングの仕事はサイトを利用する人を増やすことだと言いました。

サイトを利用するユーザー数を増やし、webサイトから発生する収益を増やす必要があるからです。

webサイトのユーザーを増やす手段と言われても、すぐにピンとくる学生は少ないと思います。

そのための具体的な手段をここでは解説していきたいと思います。

 

長期インターンがおすすめ!大手への就活も有利に?

 

SEO対策

SEO対策とは検索順位を上位にするために、色々な施策を打つことを言います。

日本では、約90%のユーザーがグーグルの検索システムを使って検索しています。

皆さんもweb検索するときは、2ページ目の記事を見ることはあまりないと思います。

つまり、Googleからサイトが評価され、検索順位が上になると、より多くのユーザーに利用してもらえるということです。

Googleの決めた基準に対して、自社のサイトが評価されるように策を練っていきます。

近年、注目を浴びているSEO対策の手法はコンテンツマーケティングと呼ばれる手法です。

良質なコンテンツを量産することで、グーグルからサイト全体を良質と認めてもらい、検索順位をあげる手法です。

検索順位が上になれば、サイト全体が活発になるので、webサービスの利益も大きくなるということなんです。

SEO対策として、主流のコンテンツマーケティングという手法は覚えておきましょう。

 

コンテンツマーケティングの基本!ライティングスキルを学べるインターン情報まとめ!

 

広告の運用

広告の運用も、非常に大切なwebサイトへの集客手段の一つです。

広告の利用によって、検索だけではそのサイトに訪れることのない人がサイトユーザーになる可能性もあります。

近年は広告の種類も豊富になり、リスティング広告、記事広告、動画広告など、まだまだたくさんの種類があります。

これらの広告を駆使して、自社サイトのユーザーを増やすこともマーケティングの仕事の一つです。

広告とSEO対策の大きな違いにお金がかかるかどうか、ということがあります。

広告の出稿はただではありません。そのため払うお金と、その広告の効果を常に計算する必要があります。

少ないお金で最大限の集客を行う手段を考えることも広告運用のやりがいの一つだと思います。

 

広告の基礎を学ぼう!広告業界のインターン情報まとめ!

 

マーケティングインターンで得ることのできるスキル

マーケティングの仕事はご理解いただけましたでしょうか。

マーケティングのインターンでは、上記の業務を社員に社員と同等の権限を持って携わることができるものもあります。

社マーケティングのインターンを通じて、多くの経験をすることができるでしょう。

ここではどの職種に将来就職することになっても役に立つ、マーケティングの仕事を通じて得ることのできるスキルを紹介します。

 

長期インターンシップ学生が就職活動で有利な理由5選

 

問題解決能力/仮説検証能力

マーケティングの仕事はこれまでの実績や他社の動向を見て、今後の策を考える仕事です。

現状を分析して、いくつもの仮説の中から、自社の利益が最大になるものを選択します。

この過程の中で、仮説を検証する力や、現状を把握する力は必ず身につくはずです。

社会人になって、マーケティング職以外についても、周囲の情報から状況を分析し、その時の最善手を打つという問題解決のスキルは絶対に役に立つはずです。

 

プロのコンサルから学ぶ問題解決能力!コンサルティング業界の長期インターン情報まとめ

 

数字をもとに考えることができるようになる

webマーケティングでは、アクセス数や購入数など、全ての数字を正確に把握することができます。

そのため新たなコンテンツを作る時や、既存のページを改善する時にも根拠となる数字が常にあります。

現状の数字に基づき、様々な策を講じていくので、自然と数字を分析して解決策を考える力が身につきますよね。

将来マーケティング以外の職種についた時にも、自分の目標数字や業界の動向を数字をもとに把握する力は非常に役に立つと思いますよ。

 

数字から読み解く実践的な分析力が身につく長期インターン情報まとめ

 

ユーザー視点で考えることができるようになる

コンテンツを作る時や広告を出稿する時には、どんなユーザーがそのサイトを利用するか考える必要があります。

ユーザーが求めているサイトでないと、結局サイトの利用者は増えないからです。

この考え方は商品企画や、エンジニアのアプリ開発、営業社員の営業現場などで、広く必要になるスキルです。

自分本位ではなく、ユーザーファーストで考える能力は、ある意味どの職種でも一番必要になるかもしれません

 

大学4年生でインターンシップに参加は遅すぎる?

 

まとめ

マーケティングという仕事に対して、理解をいただけましたか?

業務内容は非常に広いですが、その分得ることのできるスキルも多いです。

どの職種でも通用するスキルが身につく、非常に成長できる職種です。

インターンには興味があるけど、どの職種をやればいいかわからないという方は、マーケティングインターンに参加することを検討して見てはいかがでしょうか。

 

日本最大級のインターンシップ募集サイト『ゼロワンインターン』であなたのやりたいインターンを探す

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で