インターンは内定に直結する!?参加前に知っておきたいこと

Woman_calling_angry

内定直結型インターンシップを知っていますか?

いざ就活が始まると、よく耳にするインターン経由の内定者、いわゆる「インターン組」の存在。

内定直結インターンが明らかに存在している一方で、インターンを開催している企業の人事に聞くと「インターンシップ選考の結果は、新卒採用の本選考に一切関係ない」と回答された学生もいます。

実際のところどうなんでしょうか?

これからインターンシップに参加するにあたって、内定直結型インターンがどういうものなのか?

内定直結インターンシップのメリットは何なのか?を正しく理解した上で、どのインターンに参加するかどうかを決める判断材料にして頂きたいと思います。

 

内定直結インターンは本当に有利?参加した就活生の感想は?

 

内定直結のインターンとは?

man_rupe

内定直結インターンとは、インターンシップでのパフォーマンスを評価され、そのまま内定付与されるインターンシップのことです。

インターンシップに参加すれば、必ず内定が付与されるわけではなく、あくまでインターン中の評価に応じて内定付与されるかどうかが決まります。

インターン中の成果によっては、内定がもらえない可能性も十分にあります。

内定直結型インターンを設けている企業は、多くの場合その存在をしっかり告知しています。

しかし一部の企業では、実際には内定直結インターンにも関わらず、それをひた隠しにしてるケースもあるようです。それはその企業が倫理憲章を遵守している場合です。

倫理憲章とは、日本経団連が中心になって定めた新卒者の採用活動に関するガイドラインで、新卒採用の開始時期などを大企業を中心に自分たちの独自のルールを決めています。

そのルールの中で、インターンを新卒採用に繋げてはいけないと自分たちで決めているため、あくまで表向きは、内定直結インターンはしていないと言います。(ただし、そういった企業の中でも、インターンで高評価だった学生が、新卒採用選考が開始した初日、まだ他の学生が説明会に参加している時期に、早々に内定が付与されるという話は多々聞きます。)

一方でサイバーエージェントや楽天などを中心とした新経団連の企業や、その他IT系企業、またどの団体にも俗していない外資系企業は、積極的に内定直結インターンを公言して、実施しています。

 

内定直結インターンシップ募集企業をチェックしたい方はこちら

 

なぜ企業は内定直結インターンシップを実施するのか?

企業側が内定直結インターンを実施する理由は、採用時のミスマッチを防ぐためです。

企業にとっては、ESや面接のみの短時間で判断する新卒採用よりも、インターンシップを通じて、じっくりお互いのことを理解しあえるインターンを経たほうが、入社後のミスマッチを防げると考えているからです。

これは採用をする企業だけでなく、学生にとってもメリットのある話です。

大卒新入社員のうち、約3割の人が3年以内に離職しているというデータがあります。せっかく内定を獲得して就職した企業なのに、実際働いてみたら思っていた内容と違ったというのはお互いにとって不幸です。

企業としても、企業説明会や限られた時間の面接という短期決戦の中では、どうしても自社の魅力をアピールすることを優先して、リアルな業務内容について言及することができなくなってしまいます。

インターンシップはそういった時間的制約がないため、お互いにじっくり向き合っていい面だけでなく、大変な面もお互いに理解した上で、内定を出したり、入社を決めるといったことができます。

誤解のないように言っておくと、インターンシップ生の選考ハードルが一般選考学生よりも低いというわけではありません。インターン生は、すでにその選考を新卒本選考が始める前にやっているだけの話です。

だから厳密には、インターンシップ生が優遇されているというより、早めに選考を受けているというのが正しい表現になります。

 

短期インターンシップと長期インターンシップの違いって何?

 

 

インターンシップ参加は内定の近道か?

インターンシップに参加したからといって、必ずしも内定につながるわけではありません。

前述した通り、インターンシップ生だから選考ハードルが低くなるわけではないからです。

しかし、一般選考学生に比べて、インターンシップ生は社員と接する時間が長いので、企業に対してアピールできる機会が多いことは間違いありません。また最初はそこまで評価が高くなくても、インターンシップ中のパフォーマンス次第で、評価を勝ち得ることができます。

いずれにせよ、このインターンシップ期間中に結果を残すことができなければ、インターン生でも内定をもらうことはできません。

 

成長できるインターンに参加しよう!人気のベンチャーインターンシップ企業

 

内定直結インターンでは、どんな学生が評価をされるのか?

企業が欲しがる人材とは、成果を出せる人間です。

現実的には、インターンシップ期間中に何かしらの成果を出せることは少ないと思いますが、少なくとも成果を出すために、全力でコミットできるかどうか、主体的に業務に取り組めているかどうかの姿勢の部分を見ていることが多いです。

インターン期間中に何か仕事を頼まれたら、言われたことはまずきっちりやることはもちろん、そこからさらに自分なりに創意工夫を加えて、プラスαの工夫をすることを意識すると、企業から評価されやすくなります。

 

インターン面接に受かる人・落ちる人の違い。合否の差は何?

 

内定直結インターンシップに参加するメリット

lady_suutu_yubisashi

 

 

内定直結インターンシップをに参加すり最大のメリットはもちろん内定獲得ですが、それ以外にも参加によって得られるメリットがあります。

インターン生の仲間から貴重な情報を得ることができる

インターンシップに参加しているのは、あなただけではありません。

同じ日程で出会った仲間も、厳しい選考を勝ち抜いてインターンシップに参加しているのです。そして、そこで出会った仲間も、また別の企業のインターンに参加する可能性があります。

インターン中に出会う仲間は非常に貴重です。志望する業界や企業が似ているため、お互いの情報は互いに有益な可能性が高いです。積極的に他のインターン生と交流をして「就活全般」や「インターン」に関する情報を互いに交換しましょう。

 

インターン仲間が多数!急成長中企業のインターンシップ募集

 

本当に行きたい企業なのかこちらも見極めることができる

インターンシップや就活をしていると、選考を通じて一方的にこちらが見定められている気になってきますが、インターンシップを通じて相手を見極めているのはあなたも同じです。

興味のある企業のインターンシップに参加して、その企業の社員と交流を深めていく中で、想像していた企業ではないとか、社風や働き方が自分の求めているものと違うと分かることもあります。

インターンシップに参加して内定獲得のために全力で自分をアピールすることも大事ですが、同時並行でなるべく多くの社員と交流を積極的にもち、就職したい企業なのかをこっそり見定めるようにしましょう。

 

社員がしっかりサポートしてくれる!メンター制度充実の人気インターンシップ

 

まとめ

links

いかがでしたでしょうか。

内定直結インターンシップに参加することで、内定獲得のチャンスがあることは間違いありません。

そののためにはインターンシップ期間中にしっかりと結果を残すことが大事です。インターンシップに参加したことで採用ハードルが下がるわけではないので、最後まで油断しないようにしましょう。

また、「内定に直結するかどうか」だけにとらわれてはいけないのも事実です。

インターンシップを通じて、本当に自分が就職したい企業なのかどうかもしっかり見定めましょう。そのためになるべく多くの社員と交流を持つようにしましょう。

また仮にそこの企業に縁がなかったとしても、そこで出会ったインターンシップ生の仲間とは今後も交流を持ち、お互いに情報交換をしたり、切磋琢磨できる関係構築をしましょう。

希望する業界や企業が似ている分、お互いに有意義な情報交換ができると思います。

 

日本最大級のインターン求人数。ゼロワンインターンでインターンシップを探す

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です