インターンシップが怖い。緊張や不安への対処法を3ステップで紹介

インターンシップが怖いと感じている人はあなただけではありません。

 

インターン参加前に緊張や不安を感じている方もいれば、中には一度インターンで失敗してしまって次の一歩が踏み出せないという方もいるでしょう。

 

ここではインターンシップに関して多くの学生が抱える悩みや対処法をご紹介します

インターンシップで失敗しそうで怖い

これからインターンシップに参加する人の中には、初めてのインターンで失敗するのではないかと不安に感じている方も多いと思います。

 

新しい挑戦をする時は誰しも不安を感じるものです。ここでは、他の学生がインターンシップに対して、どのような悩みを抱えているかご紹介させて頂きます。

 

コミュニケーション力に自信がない

「コミュニケーションがうまくとれるか不安」「緊張でちぐはぐなことを言ってしまうのが怖い」というのは、多くの学生が抱えている不安です。

 

短期インターンシップでは、グループディスカッションや仕事体験などで見ず知らずの学生や社会人と話す必要があります。仕事体験などで実際の営業ロープレにチャレンジする機会などもあるでしょう。

 

普段友達と話す場面と違い緊張してしまう人も多いと思いますが、「最初からコミュニケーションが上手な人の方が少数派」ということを覚えておいてください。

 

上手くやろうと思わずに、会話を楽しむ位の気持ちで臨むと良いでしょう。

コミュ力に自信がない大学生こそ、就活前にインターン?

2017.11.11

周りの学生に劣るのではないかと不安

特にインターン倍率が高い有名企業や、難しい課題に取り組むインターンでは、初めから自分では到底通用しないと考えて、応募を躊躇してしまっている人も多いようです。

 

中には本当に凄い人もいるかもしれませんが、その他大勢は、あなたと同じ普通の大学生です。得意不得意の違いはあれど、全員が超人ばかりではありません。

 

学歴などを気にせず、良い意見は受け入れて、疑問に感じたことは素直に質問する姿勢で望めばそれで大丈夫です。

 

もし仮に本当に周りが優秀な人ばかりで全く手も足も出なかったという結果になったとしても、「現時点でどれだけの差があるのか」を認識できるチャンスです。

 

就活本番ならまだしも、インターンの時点で差があることは大した問題ではありません。残りの期間でどうやったらその人たちを超えられるかを考えて行動するマインドを持つことが重要です。

インターンが不安。そんな時に心を軽くする解決法

2017.09.07

インターンシップで失敗経験がある

実際にインターンに参加した結果、インターンに不安を感じた方も少なくないと思います。

 

緊張で何も出来なかった

初めてのグループディスカッションや初めての社会人経験、インターンシップは初めてのこと尽くし。

 

「緊張して一言も話せなかった」「頭が真っ白になって何も喋れず、恥をかいてしまった」という経験から、次のインターン参加に踏み出せなくなっている学生は意外と多いです。

 

特に、インターンを重く捉えている人にこうした傾向が見られます。インターンを学びの場として楽しみながら取り組んでいる人は失敗を恐れません。だからこそ緊張もせず素の自分を出せるのです。

 

緊張で上手くいかなかった人は、良い結果を残そうと上手くやろうと力まずに簡単で具体的な目標を持って参加してみてはいかがでしょうか?

 

次はディスカッションで一言喋ればOK。1回手を挙げてみる。など簡単な目標を持つことで意識がそっちに集中して肩の力を抜いて望めると思いますよ。

緊張して面接で上手く話せない大学生へ…私が試した克服方法4選

2017.02.17

インターンシップが怖いと感じた時の対処法【簡単3ステップ】

hint

ここでは不安や緊張でインターンが怖いと感じた時にできるおすすめの対処法をご紹介します。

ステップ①:他の人も同じ気持ちだと考える

不安や緊張を自分一人のものだと思わず、同じ気持ちの人が他にも大勢いると考えましょう。

 

自分だけではなく不安は全員一緒です。少し自分の気持ちが楽になると思いますよ。

 

ステップ②:当日までに自分が出来る限りの準備をする

不安や緊張から少し解放されたら、現実的にインターン開始までに自分が出来ることを考えてみましょう。

 

例えば、「企業研究・業界研究をやってみる」「先輩からインターンのコツを聞いてみる」「知らない社会人と話してみる」など出来ることはたくさんあるはずです。

 

また、既に1回インターンで失敗したことがある人はそれを悔やむだけでなく、どうやったら次上手くできるかを考えてアクションを起こしてみると良いでしょう。

 

「大勢の前で上手く喋れなかった」であれば、「大学の授業で積極的に手を挙げてみて、人前で話すことに慣れよう」など次までに少しでもよくしていくことが大切です。

 

ステップ③:やることをやったら後は気にしない

インターンシップ当日を迎えたら、後は余計なことは気にしないことです。自分が出来る限りのことをやったのであれば、あれこれ考えずに目の前の課題に取り組みましょう。

 

いかがでしょうか。こうした準備を行うことで不安な気持ちは減ると思いませんか?是非自分なりのチャレンジをしてみてください。

ちゃんと働けるか不安?仕事を楽しむための3つの心がけ

2018.05.10

おわりに

memo_woman

今回は、インターンシップが怖いという気持ちについて考えてみました。インターンだけではなく、新しいことにチャレンジする時は誰しも不安を感じるものです。

 

本記事を参考にして、有意義なインターンシップ経験を積んで頂けると幸いです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です