自己PRの書き出しのポイントとは?

就職活動の自己PR、どんな風に書き出せばいいか全くわからない。。

そのような学生も多いのではないでしょうか。

確かに、あらゆる文章において、書き出しはその文の印象を左右するとても大切な要素です。

自己PRについても同様で、人事の印象に残るかどうかを文章の書き出しが大きく左右します。

ここからは、自己PRの書き出し方について、調べていきましょう。

 

ビジネスマナー・ビジネススキルが身につくインターン・インターンシップ募集情報まとめ

 

 

自己PRを提出する目的を理解しよう

 

最初に自己PRを提出する目的を理解しておく必要があります。

なんのために自己PRを提出するか理解できていないと、良い自己PRを書くことは不可能ですよね。

企業側が自己PRを通じて、あなたの何を知りたいかをここで見ていきましょう。

 

履歴書の学歴の書き方!入学/卒業年度早見表付き

 

あなたの長所、強みを知りたがっている

まず自己PRを通じて知りたがっていることは、あなたがその会社で入社した後に活かせる強みを持っているかどうかです。

もちろん会社に入社してから求められる能力はその会社ごとに異なります。

そのため、ただあなたの長所をアピールすれば良いというわけではなく、その会社に求められるであろう長所をアピールする必要があるということですね。

例えば、協調性が必要な職場にリーダーシップをアピールしてもあまり響かないことは想像がつきますよね。

人事から高評価を受ける自己PRを書くためには、その会社のことを理解している必要があるということです。

まずはその会社で必要な能力を知り、その能力をアピールできるエピソードを探しましょう。

 

履歴書の長所と短所の正しい書き方!短所の言い換えが鍵?

 

あなたの人柄を知りたがっている

リクルートが企業に毎年取っている企業へのアンケート調査によると、新卒学生の「人柄」を重要視しているようです。

自己PRでは、あなたがこれまでの人生で力を入れたことを書く学生が多いと思います。

その物事への取り組み方によって、あなたの人柄も判断されます。

つまり、自己PRではあなたが何を考えて物事に取り組んだかが重要になるということです。

志望動機でよくやりがちなミスとして、活動結果や事実だけを書いてしまうことがあります。

いくら華々しい成果をあげていても、そこからあなたの考えが見えなければ、人間性も見えてきません。

人柄を感じることができる自己PRにするべく、あなたの考えがわかるようにしましょう。

 

就活の面接対策の決定版!人気企業の選考基準を一挙公開!

 

自己PRの書き出しで意識する点とは

企業側の目線からすると、やはり自己PRの内容ということは非常に重要なようです。

それだけに、就活生からすると自己PRを書くときには悩んでしまうのかもしれません。

ここからは、自己PRを書き出すときに、意識してほしいことを書いていきます。

 

文章を書くのが苦手な大学生へ。文章力を劇的アップさせる方法

 

結論から書くこと

自己PRの書き出しとして、一番重要な点は、あなたのPRポイントから書き出すということです。

最初にあなたが文中で伝えたいことを書くことで、その後の文章で伝えたいことがすぐわかるようになります。

特に就活期の採用担当者は、多くの応募学生の履歴書を読むことになりますので、伝えたいことがよくわからない文章というだけで大きく減点されてしまいます。

一生懸命書いた文章がよくわからないと評価されてしまうことは避けたいですよね。

そうならないためにも、最初にアピールポイントを書くということを忘れないようにしましょう。

また、アピールポイントを告げるときには、できるだけ、端的に書くということを忘れないようにしましょう。

人事担当者も、あなたの長所が端的に告られている方が理解しやすいですよね。

文章の書き出しに関しては、こちらを参考にしてください。

 

志望動機の書き出しを上手に書くためのポイント!例文付き

 

 

結論に対する根拠を考えよう

最初にあなたのアピールポイントを告げたのちには、その根拠を告げる必要があります。

「リーダーシップがあります」「成長意欲が高いです」このように告げただけで納得してもらえるほど、就職活動は甘くありません。

「なぜそのように言えるのか」を学生時代のエピソードを元に、具体的に告げる必要があります。

実はこの具体的ということがミソなんです。

先ほど、人柄を知ってもらうために、その時のあなたの考え方や、工夫した点も伝える必要があると述べました。

ただ結果を書くだけでは、あなたのエピソードに深みも具体性も出ません。

そのようにならないように、あなたの行動に対して、なぜそのような行動をとったかがわかるようにしましょう。

 

自己推薦書の書き方と例文まとめ

 

 

例文や人のエピソードを真似するのはNG!

今や、内定者のエントリーシートやエピソード例などが簡単に手に入ります。

実際に内定をもらっているエントリーシートなので、就職活動における「正解」が手に入るということです。

こちらを参考にすることは全く問題ないと思います。

特に文章構成などは、参考にするべきとすら思います。

しかし、真似をすることと、参考にすることは全く別の問題です。

自己PRのエピソードだけを真似しても、考え方は真似ができないので、一番肝心な具体性がかけることになります。

確かに真似をすることは履歴書やESを提出するだけなら簡単かもしれません。

しかし、一番の目的である内定からは遠ざかる行為ということを忘れないでください。

 

不動産業界のインターンに合格する志望動機の書き方

 

まとめ

自己PRの書き出しに悩んでいる学生は、参考にしていただけると幸いです。

自己PRの内容は、就活を大きく左右するので、非常に重要です。

皆さんも、第一志望の企業から内定をもらうためにも、自己PRの作成を頑張りましょう。

 

日本最大級のインターンシップ募集サイト『ゼロワンインターン』

 

      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"