コンサル業界に受かるための志望動機の書き方とは

pointgraph

「コンサルティング業界の志望動機をどう書けばいいかわからない!」そんな学生はいませんか?

学生からも人気が高く、特に一部のエリートのみが入社できるという印象もあります。

選考を突破するためにも、まず第一歩として、書類選考を通過しなければなりません。

そこで必要なものが志望動機です。

志望動機は一度提出すると、変更はできません。そのため、心して作成するようにしましょう。

ここでは、コンサルティング業界に受かるための志望動機のコツを調べていきます。

 

コンサルティングのおすすめ長期有給インターンシップ募集情報まとめ

 

コンサルティング業界とは

コンサルティング業界とは、クライアントの問題を洗い出し、課題解決に導く仕事です。

クライアントの業界への知識を身につけ、クライアントと同等にその業界のことを語れるようになる必要があります。

コンサルタントのイメージは仕事のできるスマートな人材という方も多いでしょう。

ところで、そんなコンサルティング業界にも、様々な仕事の種類があることはご存知ですか?

ここでは、コンサルの種類について、確認していきます。

 

コンサルインターンに参加したい方におすすめの選考対策法

 

戦略コンサル

企業が直面している、経営上の課題を解決するためのアドバイスを主に行うコンサルティングファームが「戦略系コンサルティング」です。

扱うプロジェクトは様々です。下記に一部を紹介します

  • 会社全体の経営課題

・M&A戦略

・グループ経営戦略

・中長期の成長戦略

  • 会社の一部の課題解決

・新市場参入戦略

・新製品開発戦略

・人事戦略

・マーケティング戦略

上記のプロジェクトをはじめ、それ以外にも、会社の経営上の問題を扱います。

その外部のコンサル会社ならではの第三者目線や、課題解決能力の高さがコンサル会社に依頼するメリットでしょう。

学生がコンサルと聞いて、イメージするコンサルはこちらの戦略コンサルだと思います。

主な企業は下記になります。超有名企業が名を連ねています。

  • ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)
  • ドリームインキュベーション
  • A.T. カーニー
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー

 

経営者視点が身につくおすすめのインターン・インターンシップ募集情報まとめ

 

総合コンサル

総合コンサルティングファームとは、あらゆる産業のクライアントに対して、幅広くサービスを提供します。

比較的に規模の大きなコンサル会社が多いことも特徴です。

社員の一人一人がそれぞれに専門業界を持つことで、会社全体で広い専門性を有するということです。

会計事務所を出自にもつファームが多いため、会計系ファームと呼ばれることもありました。

しかし、資本関係の解消や、合併再編が繰り返された現在では、会計系ファームと呼ばれることは少なくなっています。

主な会社は以下のようになります。

  • デロイトトーマツコンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • アビームコンサルティング
  • アクセンチュア

 

企画職のおすすめ長期インターンシップ募集情報まとめ

 

ITコンサル

ITコンサルとは、企業の経営に関わる課題をITを用いて解決することを主な仕事としています。

ITシステム導入にかかる要件定義か導入までプロジェクトマネージャーのとして携わります。

システム導入のニーズはさまざまな業種にありますので、クライアントが多岐に渡ることも特徴です。

クライアントの予算に応じて、クライアントが満足いくようなシステムを導入する必要がありますので、非常に責任は多いです。

プロジェクトによって、一部分しか携わらないケースも存在します。

近年のIT技術発展により、非常に業界の景気はいいです。

そのため上記の総合系コンサルティングファームでも、システム導入を行なっている会社は存在します。

主な企業を紹介します。

  • NTTデータ
  • SAP
  • ワークスアプリケーションズ

 

IT業界のおすすめ長期インターン・有給インターンシップ募集情報まとめ

 

シンクタンク

シンクタンクとは頭脳集団とも呼ばれることがあります。

政治経済や、科学技術などの幅広い分野の課題に対して、調査、研究を行い、報告書にまとめるなどします。

企業名に総合研究所とついている企業はシンクタンクと思っていただいていいと思います。

テレビや新聞、雑誌などでの評論活動や研究成果の出版など幅広く手がけています。

企業系列の中にシンクタンクが設置されることが多いです。

代表的な企業を見ていきましょう。

  • 野村総合研究所
  • 三菱総合研究所
  • 日本総合研究所
  • みずほ総合研究所
  • 大和総合研究所

 

 

コンサル業界の業界研究・企業研究するならインターンが鉄板

 

コンサルティング業界に受かるための志望動機とは

コンサル業界の志望動機でも、大切なことは変わりません。

採用担当者に、あなたの熱意を伝える必要があります。

特にコンサルティング業界は、業界研究の差が出やすいので、入念に行いましょう。

特になぜ自分がその会社を選んだか、なぜ自分がそのコンサルを選んだか伝わるようにしましょう。

コンサルティングの専門が違うと、扱う業務も違いますので、志望動機がずれたものになる思います。

また、コンサル業界の志望動機では論理的な思考力や、簡潔に物事を述べることも見られます。

コンサルティング業務では、地頭の良さも重要な判断基準となります。

志望動機を書く際に一番重要な熱意を伝えるためにも、業界研究は入念に行いましょう。

下記の志望動機を作るときに意識しておくといい点も見ておきましょう。

  • 業界研究
  • コンサル業界で役に立ちそうな経験や能力を探す
  • 自分がやりたいことを探す
  • やりたいことが、コンサル業界で活きるかどうか探す
  • 自分のキャリアプランを考える
  • そのキャリアプランがその会社で達成できるが考える

 

何よりも、その会社で自分が何をやりたいかを考えましょう。

コンサル業界を志望するにあたり、自分がその会社を実現できるか考えることで、志望動機に説得力が増えるでしょう。

 

論理的思考力が身につくおすすめインターン・インターンシップ募集求人まとめ

 

まとめ

コンサル業界の志望動機の書き方はご理解いただけましたか?

その企業ごとの違いを理解することが何より大切です。

何より、企業ごとの違いを理解していないと、入社後にあなたがギャップを感じることになるでしょう。

入社後のことまで考えて、就職活動をできるといいですね。

 

『ゼロワンインターン』で長期インターンシップを探す

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"