インターンで自己紹介!好印象を与えるために大切なポイント

jiko-shoukai

自己紹介は、どんな時においても印象を左右するとても大切なものですよね。

だからこそ、余計に緊張してしまったり奇をてらって空振りしてしまったりと失敗の経験も多いのではないでしょうか?

今回は、インターンにおいて社員に好印象を与えるために大切な自己紹介のポイントをご紹介します!

日本最大級のインターン募集サイト『ゼロワンインターン』でインターン応募する

 

インターンシップの自己紹介で注意したいこと

jiko-syoukai2

声は大きく、ハッキリと!

緊張の自己紹介ですが、何も難しいことはありません。

一度で完全に覚えてもらおうとしなくて良いのです。

なんとなく良い子そうだな、これから親しくしていきたいな、という印象を持ってもらうことが大切です。

そのためには、まず基本中の基本!

声は大きく、ハッキリと!を意識しましょう。

自分が思っているよりも、緊張している時というのは声が小さくなってしまったり、また、早口になってしまうものです。

今後控えている面接の練習にもなりますから、日頃から聞き取りやすい話し方ができるように、練習しておくと良いでしょう。

スマートフォンなどを使って自分の声を録音してみると、自分を客観視することができるので、オススメですよ。

 

緊張して面接で上手く話せない大学生へ…私が試した克服方法4選

 

背筋を伸ばして!姿勢はピシッと!

今、この文章を読んでいるあなたは、どんな姿勢をしていますか?

パソコンに向かっているでしょうか。横になってスマートフォンを使っている方もいるかもしれません。

背筋を伸ばして、良い姿勢で読んでいる方はいないですよね。

そう、普段から意識していないとついつい姿勢は悪くなってしまいがちです。

これは、習慣化することが重要で、自分の体に癖付いていないと姿勢はすぐに乱れてしまうのです。

とはいえ、自己紹介の間だけは、必ず意識してください。

イメージは、頭のてっぺんから糸が出ていて、真上の天井と繋がっている状態です。

姿勢の良し悪しは、本当に印象に影響が出ますから、できれば今これを読んだ瞬間から意識する癖をつけるようにしてください。

また、女性は下半身の姿勢にも十分に気を付けましょう!

いくら背筋が伸びていても、膝と膝が開いていたり、つま先が外を向いていると途端にだらしない印象になります。

これも日頃の癖付けで維持できる筋肉がついてきますので、頑張ってくださいね!

 

受かる志望動機の話し方・伝え方。面接対策はこれでOK!

 

これが大事!笑顔を忘れずに!

さあ、声量よし、姿勢よし、と来たらあとは表情を残すのみです!

自分の笑顔に自信がない方はいますか?

しかし、笑顔で悪印象の方はいません。

筆者も学生の頃はなんだか自分の笑顔に自身がなくて、意識せずとも普段から笑顔であったり、すぐに笑顔がはじけるタイプの人をとても羨ましく思っていました。

だからこそ笑顔が出ない方の気持ちはよくわかるのですが、それでも尚、言わせていただきます!

ぜひ、笑顔で自己紹介をしてください!

うまく言葉が出なくても、緊張してしまっても、笑顔さえ出せればあなたの自己紹介はほぼ成功していると言えるでしょう。

それだけ、笑顔というものは人に好印象を与えるのです。

反対に気をつけてほしいのは、「胡散臭い笑顔」!

怪しい営業マンのようになってしまう人は、「目」がポイントです。

これも自分を撮影して確認してみていただきたいのですが、「目が笑っているかどうか」が重要なのです。

もし笑顔を意識するときに口角だけを上げているようであれば、ぜひ目尻に皺を寄せるイメージで、目でも笑顔を作るようにしてみてくださいね。

 

就活・インターンシップに受かるエントリーシートの書き方例

 

自己紹介の内容のポイント

jiko-syoukai3

内容は簡潔に!

とても重要なことです。もしかしたら、自己紹介の内容よりも重要かもしれません。

たまにいるんです、話が長〜い学生。

話しているうちにオチが分からなくなっていったり、やめどころを失ってしまったり。

あなたが話術にとても自信がある場合を除いて、自己紹介は原則、簡潔に!を心がけましょう。

時間にしたら、ゆっくり話すことを心がけて、30秒ほどで充分だと思います。

一度に多くの情報を詰め込んでも覚えてもらえるものでもないですし、周りの方は仕事の手を止めて自己紹介を聞いている状況も多いと思いますから、長々と話すことのないようにしましょう。

今後の就職活動の面接においても、「自己紹介を”簡潔に”お願いします。」と人事の方に言われる機会があると思いますが、自己紹介が無駄に長〜くなってしまう学生が、それだけ多いということであり、職場では嫌がられる、という証拠かと思います。

 

面接で合格しやすい志望動機の答え方!大切な3つのコツ!

 

ポジティブな内容にしよう!

言うまでもないことですが、話す内容は明るくポジティブなものを選びましょう。

自虐ネタや不幸な話は、インターン以前に初対面の人にする話ではありませんよね。

自己紹介における自分の話というのは、なにも人生において重大なことでなくてもいいのです。

これから少しの間一緒に過ごす仲間としての挨拶ですので、仰々しくする必要はありません。

定番の自分の趣味の話でも勿論良いですし、今日会社に来るまでにあった嬉しかったこと、なんていう些細な話でも構いません。

また、意外と社会人になると学生との接点がなくなりますので、学校で流行っているものの話もオススメです!

 

面接で好印象を残すために大切な3つのこと

 

印象に残る意外性のあるアピールを1つ!

そして、できれば印象に残る話ができると二重丸です!

なにも思いつかないですか?

先ほどお伝えした些細な話題でオッケー、という軸は変わりません。

ここで悩んでいる方は、特別な賞をとったわけでもない、スポーツで優勝したわけでもない、という方も多いかと思います。

そんな方は、またまた自分を客観視してみましょう。

もしくは、友人に何と言われることが多いでしょうか?

大人っぽく見られがちなのであれば、そうでないエピソードを入れたり、自分って細いな〜と思ったら、実は趣味がアメフトです!であったり、人に与えそうな印象と反対のアピールをすると、意外性があって人の印象に残ることができます。

でも、当然ですが嘘をついてはいけませんよ!

自分の印象を書き出してみて、それと反対になりそうな自分の趣味やPRを探してみてくださいね。

 

自己PRのエピソードがない!そんな問題を解決する方法!

 

自己紹介の例

最後に、自己紹介の例を掲載しますので、参考にしてみてください。

例1========================

初めまして。◯◯大学のヤマダ タロウです。

趣味は深夜の動物ドキュメント番組を見ることで、最近アルバイトでお金を貯めて高画質4Kテレビを買いました!

でも、部屋が狭すぎて目がすごく疲れることに気づきました…。

動物と家電製品についてなら割となんでも聞いてください!

よろしくお願いします!

例2========================

初めまして。◯◯大学のヤマダ ハナコです。

身長がとても高く髪が黒いためか、冷たいと思われがちなことが多いのですがカラオケがとにかく好きで、いつもタオルをブンブン振り回して歌っています。

お酒は弱くて飲めませんが、カラオケは朝までご一緒できますので誘ってください!

よろしくお願いします。

例3========================

初めまして。◯◯大学のヤマダ ジロウです。

大学では動物心理学を勉強していて、趣味は家で猫と過ごすことです。

今日はお気に入りのエサをあげたつもりだったのですが、突然引っ掻かれました。

まだまだ勉強不足だなあと実感しています。

犬も好きですので、どちら派の方も仲良くしてください。

よろしくお願いします。

========================

 

面接で問われる就活生の雑談力とは?

 

まとめ

自己紹介は、何度やっても慣れずに自分の番が回ってくるまで緊張してしまうものです。

筆者も振り返ると、失敗した自己紹介がいくつか思い出されます。

その失敗の共通点は、どれも「自分らしくない」ことでした。

そんなに明るいキャラではないのに無理に笑いを取ろうとしたり、反対に学校ではお祭りキャラなのに会社ではおしとやかに振舞おうとしたり。

普段の自分と違ったことをすると必ずボロが出て失敗するものです。

今回お伝えした声量や姿勢、そして話す内容のポイントを押さえて、ぜひ「自分らしい」自己紹介を成功させてくださいね!

自己紹介の対策はこれでOK!

早速、自分に合ったインターン・インターンシップ募集を探そう

 

日本最大級の有給インターン募集情報サイト『ゼロワンインターン』で有給インターンを探す

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です