緊張して面接で上手く話せない大学生へ…私が試した克服方法4選

mens

就職活動を迎える就活生や、インターンシップに参加する大学生にとって、面接はまさに緊張の連続ですよね。

で初対面の社会人に自分をアピールしなければいけないし、場合によっては人前でプレゼンをしなければいけない場面もあります。

インターンや就活は、日頃なかなか経験しないことの連続で、学生の皆さんにとっては緊張の連続ですよね。

緊張しないようにしよう!と思っていても、実際に人前に立つと脚も手もブルブルに…。

でも諦めないでください。

もしかしたら、コツさえおさえれば、アガリ症も少しは克服できるかもしれません。

そこで今回は、私が実際に試した緊張をほぐすおすすめの方法4選をご紹介いたします。

 

受かる志望動機の話し方・伝え方。面接対策はこれでOK!

 

初対面の人と話すと、いつも心臓が飛び出しそうになっています

pc_work

私はライターですが、インタビューなどをするときは、初めてお会いする取材対象者に話を聞きに行きます。

 

毎回の面談や打ち合わせも平気な顔で喋っていますが、今にも心臓が飛び出しそうなくらいだったりもして…。

しかし、最初の頃に比べれば、そこまで緊張することもなくなりました。

多くの会社様や打ち合わせ、インタビューをこなし、場数を踏んだことも大きいですが、自分の中で自分にあった緊張を抑えるコツを覚えるようになると、緊張も少しずつコントロールできるのではないかと思っています。

そんな私がおすすめする緊張をほぐすおすすめの方法を紹介します。

 

インターン面接に受かる人・落ちる人の違い。合否の差は何?

 

緊張をほぐすおすすめの方法4選

woman_smile

「合谷」というツボを押す

たった2分でできるマッサージがあります。

緊張によって張りつめてしまった手をマッサージすることでリラックス効果があるようです。

ポイントは「合谷」を押すこと。

合谷は親指と人差し指の間(へこんでいるあたり)にあるツボで、そこをぐっと親指の下にもぐりこむような形で指圧します。

手のポイントマッサージなら机の下でもこそっとできちゃうから便利!

緊張がすっと解消できる、とは限りませんが気分を紛らわすには、ちょうどいいでしょう。私も疲れてきたときや緊張で身体が固まっているときに合谷を押しています。

 

面接で合格しやすい志望動機の答え方!大切な3つのコツ!

 

深呼吸をする(吐くことを意識する)

緊張状態が続いていると、呼吸が浅くなってしまう場合があります。

呼吸が浅いままでは、さらに酸素が行きわたらなくなり、苦しくなるかもしれません…。

緊張を少しでもやわらげるためには、深呼吸をして心を落ち着かせましょう。

特にゆっくり「吐くこと」を意識するといいですよ!

2秒かけて吸ったら、その倍の4秒くらいの時間で、ゆっくり息を吐くのがコツです。

吸って吐いてを繰り返しているうちに、緊張よりも呼吸をすることに意識が向きます。

呼吸を整えて、緊張から自分自身を解放してあげることで、本番もうまくいくでしょう。

緊張すると過呼吸になってしまう方は、ご注意くださいね。

 

最終面接・役員面接で気をつけるべきポイント

 

ご褒美を考えておく

面接など、緊張するような場所に飛び込む瞬間は、苦痛で、多くの人が心的ストレスを抱えます。

そんなときは事前にご褒美を考えておきましょう。

私の場合は、説明会や、面接が終わったら、その土地のスタバ巡りをすることをご褒美にしていました。

就職活動では普段、なかなか行かない場所にも一人で行くことになり、めったに訪れない場所だからこそ、スタバを巡るのは楽しいと思いついたのです。

面接でうまくいかなかったときは必ずお気に入りのオムライスを食べて、元気をだしてから帰宅していました。

自分だけのお気に入りの場所・お気に入りのものを選んでおけば、緊張しすぎて失敗してしまったとしても、すぐにモチベーションを回復することができます。

 

インターンで受かるES/履歴書の例・書き方10のポイント

 

オリジナルの言葉を用意しておく

緊張しながらもうまく振る舞うためには、自分自身を鼓舞する言葉を用意しておくといいでしょう。

たとえば「緊張したって(失敗したって)死ぬわけじゃない」と思うのも、精神的に楽になりませんか?

たとえ緊張がほどけず失敗しても、それで人生が終わるわけではありません。またチャンスは巡ってくるのです。

もう一つおすすめの言葉は「始まったら、終わる」です。

どんなにガチガチに緊張していても、会場に一歩踏み入れたら(始まったら)、あとは終わる瞬間が必ず訪れます。始まったまま、ずっと同じ環境にいるわけではないのです。

始まったら絶対に終わる、と考えると、緊張している自分もあまり気にならなくなります。

いかがでしたか?

どんなにタフな人でも緊張はします。

大切なのは緊張をしてもベストパフォーマンスができるかどうか。

そのためにはメンタルの強化も必要ですし、たとえ失敗してもすぐに立ち直る割りきりも重要になってきます。緊張しても、自分らしさをみせ続ければ、いつかはそんなあなたを認めてくれる会社があらわれるはず!

 

面接で問われるインターン生・就活生の雑談力とは?

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"