【21卒】夏のインターンに全落ち。内定獲得のために何をするべき?

悩むビジネスウーマン

21卒の就職活動が幕を開けました。21卒の就活は、経団連による就活スケジュールが廃止され、初めて政府主導による就活が実施されます。

 

早期に内定出しを行ってきた外資系企業やベンチャー・中小企業など経団連に加盟していない会社だけではなく、経団連加盟企業であった国内大手企業も続々と新卒採用時期を早期化しています。

 

そんな中、インターンシップの立ち位置も従来の企業理解促進という側面から、採用選考の一貫として見られることが多くなってきました。

 

このような就活の流れを受けて、インターン参加を重要視している就活生の人も多いと思います。

 

しかし、夏のインターンシップにも選考はつきもの。残念ながら選考通過できないケースもあります。中には、インターン選考に全落ちしてしまった人もいるでしょう。

 

インターンに全落ちして自分はなんて駄目なんだ。。もう就活が終わりだと途方にくれている方もいるかもしれません。

 

ですが、夏のインターンが就活の全てを決めるわけではありません。これから秋、冬のインターン、本選考と就活はまだまだ続きます。

 

そこで今回は、サマーインターンシップに全落ちしてしまった方へ、今振り返るべきことと今後の対策をご説明します。一度、落ちてしまったものは受け入れて次の選考に活かせればOKです。それでは早速ご覧ください。

インターン全落ちでも嘆く必要は全くなし

ポイント

まず結論からいうと、夏のインターンシップに全落ちしたとしても全く悲観することはありません。

 

なぜなら、インターンは受かる人よりも落ちる人の方が多いからです。さらに、昨今は就活スケジュールが毎年のように変わり、現在では、実質的に大学3年生の夏から就活スタートするようになりました。

 

急な就活早期化によって、十分な選考対策が出来なかったり、希望業界が定まらなかったりドタバタの中、インターンのエントリーが始まってしまったという人も少なくないはずです。

 

皆さんだけではなく、希望インターンシップに行けなかった人は多くいるでしょう。

 

就職活動は、よく結婚に例えられますが、それになぞらえると、インターンシップは恋人探しというイメージでしょうか。何人かにアタックして駄目だったとしても、もしかしたら本命の人は別のところにいるのかもしれません。

 

だからこそ、選考落ち=就活失敗と捉えるのではなく、次のチャレンジに向けて反省し、改善していくことが重要です。選考に落ちたのには必ず理由があります。

サマーインターンに落選した要因と対策

複数の選択肢

サマーインターンの選考は、主にエントリーシートの提出、Webテストの実施、グループディスカッションや面接、という順番で進みます。

 

自分がどの段階で不採用になったのか分析し、対策を練っていくことが大切です。

人気インターンシップばかりエントリーしている場合

まずは、そもそもの話として人気企業のインターンシップばかり応募していたというケースが挙げられます。

 

いうまでもなく、就活人気企業であるほど、参加学生のレベルも倍率も高いです。

 

そもそも採用人数より不採用になる人の方が明らかに多くいるので、お見送りされたとしても仕方のないこととも考えられます。

 

該当しているかもと思う方は、まず本当にその会社や業界へ自分が行きたいと思っていたか振り返ってみてください。有名な会社だから、周りが皆受けているから、といった理由でエントリーはしてなかったでしょうか?

 

他人の意見に感化されることは問題ありませんが、もう少し視野を広げて自分がきになる業界や企業の情報を集めてみても良いかもしれません。

Webテスト(SPI・玉手箱など)で落ちる場合

インターンシップの最初の難関といえばWebテストです。特にコンサル系の会社では採用基準の点数が高く設定されている傾向があります。

 

Webテストに関しては、事前学習を徹底してやるしかないでしょう。逆に、ある程度問題の傾向を掴んでしまえば、中身が変わっても解き方は応用できる問題が多いです。

 

大学受験の勉強を思い出して、少しの間負荷をかけて勉強に取り組んでみてください。また、本番では解答時間も限られていますので、タイムリミットを決めて問題を解く練習をしてみ良いでしょう。

履歴書・ES(エントリーシート)が通らない場合

履歴書やエントリーシートで落ちてしまう人の特徴は、以下の2つが挙げられます。

  • そもそも日本語が成り立っていない、文章がおかしい
  • 企業が求めてる人物像が分かっていない

 

前者に関しては、ESを友達や家族、先輩に見てもらうなど第三者にチェックしてもらうようにしましょう。自分が書いた文章は、自分で理解できても他人には理解されないことが多々あります。

 

後者の場合は、まず企業の情報収集からはじめましょう。企業がエントリーシート等の応募書類で見極めたいのは、志望度の高さと自社に合うタイプの学生か、という点です。

 

書類は自分をアピールするものですが、相手に刺さらないポイントをアピールしてもそれはマイナス要素になりかねません。提出書類は企業へのラブレターだと思って、まずは相手を知ることが重要です

グループワーク(GD)で落ちる場合

グループディスカッションが苦手な就活生は多いようです。

 

就活をはじめたての学生の多くは、グループディスカッションでいかに発言できるか、といったことを意識しがちです。

 

ですが、人事担当者がみているのは、そうした積極性だけではありません。それ以外にチーム内での協調性も重要な評価軸です

 

仮に発言が少なかったとしても、メンバーが話しやすいように気を配れる人であれば、評価へと結びつくでしょう。

面接で落ちる場合

インターンシップの面接は、基本的なビジネスマナーを守れているか、質問に対して的外れな回答をしていない、といった基礎的な部分が大きく評価に影響します。

 

基礎的とはいえど、学生の皆さんが経験した面接はおそらくアルバイト面接やゼミ面接くらいではないでしょうか。

いざ、社会人と面と向き合って質問をされると思うように言葉が出てこないという人もいると思います。

 

そうした人は、まず社会人慣れすることが第一です。大学生活では、ほとんどの時間を同年代の友達や先輩、後輩と過ごすため、社会人とコミュニケーションをとる機会はそこまで多くないと思います。

 

リクルートが実施したアンケートによると、人事が面接で評価しているポイントは人柄、コミュニケーション力が大部分を占めています。

 

面接でどうにか自分をアピールしようとアルバイトやゼミ、サークル経験を語る学生が多いですが、そうしたエピソードの内容よりも何気ない会話のやりとりで素の自分を出せるかといった点が重要だといえます。

秋・冬インターンに向けてやっておくと良いこと

オフィス

夏休み期間中から秋冬インターンに向けてやっておくと良いことをご紹介していきます。

①志望業界・志望企業を見直してみる

なんとなく周りの流れに乗っかってよく考えずにインターンシップに応募してしまった人は、自分が行きたい業界・企業を改めて考え直しみましょう。

 

中には、特に行きたい業界もやりたい仕事もないという人もいるかもしれません。そうした人は、業界研究をしてみると良いでしょう。

 

興味があることからで構いませんので、この業界の働き方はどうなんだろう?休日はある?給与は?など調べてみてください。

 

勉強していく内に自分の心の残るポイントが出てくるはずです。

②OB・OG訪問を通じて仕事理解を深める

選考を突破するには、相手をよく知る必要があります。

 

就活サイトや企業HPに掲載されている情報は、あくまでお客様用の情報でそこから深くを読み取るのは難しいでしょう。

 

そんな時は、OB・OG訪問で実際に会社で働く人に話を聞いてみるのがおすすめです。社内で活躍している人はどんな人か?仕事の大変な部分は何か?やり甲斐は?必要な知識は?自分が具体的にイメージできるまで質問してください。

 

もしかしたら話を聞く中で、「自分にはちょっと向かない会社かも」や、逆に「そんなに興味なかったけど面白そう」といった気持ちの変化が起こるかもしれません。

 

自分の興味を深掘りするためにも有効です。

③有給インターンなどで社会人慣れする

社会人と話すのが苦手な人は、手っ取り早く一緒に働いてみるのが一番の解決法です。

 

これから何度も面接はありますし、社会に入ってからは社会人とのコミュニケーションが当たり前になります。今、苦手意識を持っているなら、この機会に克服してしまうのが吉です。

 

アルバイトの代わりに有給インターンに参加してみるのが良いでしょう。就活で忙しいと思うかもしれませんが、週1日からOKの有給インターンもありますし、就活生でも十分参加可能です。

21卒就活生必見!選考に落ちて自信を無くした時のアドバイス

悩む男子大学生

サマーインターンだけでなく、オータムインターン、ウィンターインターン、本選考とこれからたくさんの合否連絡が待ち受けています。

 

就活が長期化する中で、お祈りメールをもらうこともあるでしょう。そんな時にモチベーションを保てるかどうかは就活をしっかりやりきるための重要なポイントです。

 

まず、選考に落ちる=人格を否定されたというわけではありません。自分はなんてだめなんだと必要以上に悩む必要は一切ありません。

 

仮にどうしても行きたい会社だったとしたら、一度別の会社で実践経験を積んで中途入社する方法もあります。

 

だから、新卒タイミングで不採用になってもいちいち悩むことはありません。

サマーインターンの選考落ちは自分を見直すチャンス

飛び跳ねる人

これまで説明してきたように、選考に落ちたことは落ちたこととして受け入れましょう。

 

落ちたのには何かしらの理由があるはずです。原因が自分で分からなかったとしたら、同期に聞いてみる、就職エージェントのキャリア相談に行ってみるなどしても良いでしょう。

 

いずれにせよ夏のインターンは全てを決めるわけではありません。ここからいかに挽回できるかどうかが大事です。ぜひこれを機会と捉えて納得のいく就職活動をしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です