面接のオフィスカジュアル・ビジネスカジュアルの基本(女性編)


「面接は私服でお越しください」

就活やインターンシップの面接案内でそう言われると、しばらく頭が真っ白になってしまいませんか?

スーツで参加できたほうがよっぽど気楽に面接に参加できますよね。

私服ということは、少なからず自分自身のセンスも問われるているんじゃないか?

だからと言って、奇抜な個性で勝負してはいけません。

面接の時の私服は、外さないことが大事です。ファッションセンスで勝負する必要はありません。

そこで今回は、面接時のオフィスカジュアル・ビジネスカジュアルの基本をご紹介いたします。

 

ファッションで悩みたくない人必見!髪型・服装自由の有給インターン・インターンシップ募集

 

「面接は私服でお越しください」と人事から言われた!

office

面接の日程も決まり、スーツをクローゼットから出していたら採用担当者から連絡。

「当日は私服でお越しください」というメッセージつき。

さてここから問題なのは、どこまでオシャレをしていいのかどうか。

特に女性はファッションやメイクも自己表現の一部である以上、手を抜くわけにはいきません。

しかし、あくまでもまだあなたは就活生。

いくら私服で来てくださいと言われても、本当に好きな格好をして、評価を下げるわけにはいきません。

企業の人事担当によっては「ちょっと奇抜好きて、うちの社風には合わないかも」

と、合否の決定的な理由にはならないまでも、少しネガティブな印象を採用担当にもたれてしまうかもしれません。

変に勝負しすぎて、空振りをしてしまうのではなく、面接の私服は減点されないように、王道ファッションを意識しましょう。

 

スーツ以外って難しい!インターン参加前におさえておきたい私服マナー

 

まずはNGパターンからおさらい!

heel

高いヒール・ミュールはすべて禁止

女性の場合、どうしてもキャリアウーマンを意識して高いヒールを履いてしまう人もいますが、これは絶対に禁止。

面接の会場に入る際にあまりにもヒール音がしていたら、採用担当者は怪訝そうな表情を浮かべるでしょう。

そういった格好は、就職するまで我慢しましょう。

ヒールやミュールは禁止。靴はいわゆるリクルートスーツに合うようなカジュアルなパンプス(適度なヒール)を履きましょう。

 

就活で受かる私服の選び方(説明会・面接)女性編

 

デニムはNG

海外の映画を観ていると、面接に来た人がデニムを履いているケースを多くみかけますが、これはあくまでも海外であって日本では通じません。

どんなに私服が許されても、デニムだけは履いてはいけません。

もちろん社会人になればデニムを履く人もでてきますが、それでも女性の場合、TPOを意識して、あまり履かない人が多い印象を受けます。

いくら私服が許されても面接の場でデニムを履くのはマナー違反なのです。

IT企業など、比較的若いスタッフが多い会社ではデニムでもOKな企業も増えてきましたが、実際にこれから面接に行く企業がどっちのタイプかは分かりません。

そこで下手な勝負に行く必要はなく、リスク回避をするほうが無難です。

 

就活で好印象を与える髪型伝授!面接ウケする髪マニュアル【女性編】

 

デコルテ・胸元を強調する服装もダメ!

プライベートであれば、ファッションの好みによってデコルテ・胸元を出すのは自由ですが、

面接において、あまり女性がデコルテ・胸元を強調した服を着ていると、面接官から嫌われます。

人事に色気を振りまいていても仕方がありません。デコルテ・胸元はもちろんすべて包み隠すこと。

コンサバ系よりもカジュアルを意識しましょう。

 

 

面接時のオフィスカジュアルファッションポイント!

girl

ジャケットとスカートを同じ色で統一

私服で来てくださいと言われても、職場はオフィシャルな場である以上は、身なりも整えていかなくてはいけません。

パンツ・スカートのどちらでも構いませんが、いずれにしてもジャケットを着用し、なおかつ上下で色を統一しましょう。

これだけでも、よりスーツに近いオフィスカジュアルを完成させることができます。

パッとみても、あまりスーツとかけ離れた印象はなく、「新人らしくていい」と思ってもらえます。

 

志望動機が思い浮かばない人はこれを参考に!【例文つき】

 

「チノパン」は女性も持っておくと便利

チノパンとジャケットの組み合わせはメンズコーディネートでよくみかけますが、実はこれ女性が着てもかっこよく仕上がるんです。

業種によっては女らしさよりも仕事に対してどれだけ意欲があるのかを重視する場合もあり得ます。

仕事ができる、あるいは意思が強いところアピールしたいなら、あえてスカートは履かずにチノパンとジャケットでメンズライクなコーディネートにしあげてみるのも、一つの作戦です。

一つでもクローゼットに準備しておくと、いざというときも焦らなくて済みますよ!

 

就活・インターンシップに受かるエントリーシートの書き方例

 

スカートはひざ丈かひざが隠れる長さ

スカートといってもお尻や太ももを強調するような短いスカートは絶対に禁止!

色気をアピールすることは、面接時にはタブーです。いくら気に入っていても、似合っていても関係ありません。

絶対にやめましょう。

 

受かる志望動機の話し方・伝え方。面接対策はこれでOK!

 

 

スカートを履く場合は必ず丈を注意しましょう。

理想的な長さは、ひざ丈がミモレ丈スカートのようにひざまで隠れる長さのスカート。

色気というよりも上品な女性であることを強調すると、面接官のウケもよくなります。

スカートを履いたら、ヘアスタイルもハーフアップにするなど、女性らしさをほんの少し全面に押し出すといいでしょう。

いかがでしたか?

事前に業界研究をし、希望する会社の先輩たちがどんな格好をしているのか傾向を把握しておくことも大事です。企業のイメージに合わせて、面接時のファッションも切り替えていきましょう!

 

就活女子におすすめ!面接官ウケする簡単ヘアアレンジ3選