インターンで学びたいことの書き方・例文

インターンシップに参加するための履歴書やESでは、「インターンで学びたいこと」について記述を求められることが多いです。

 

この質問の回答におそらく多くの大学生が悩んだのではないでしょうか。

 

インターンシップで学びたいことを答えるには、インターンに参加する目的を理解しておくことが何より重要になります。

 

インターンに参加する目的がはっきりしていないと、インターンシップを通じて学びたいことも曖昧になってしまうでしょう。

 

ここでは、インターンで学びたいことを書くために理解しておくべきことと、実際にどのようにインターンを通じて学びたいことを書いていけばいいか調べましょう。

自己PRの書き方と例文。受かるESの書き方とは

2017.08.07

インターンに参加する目的とは?

インターンを通じて学びたいことを考える前に、インターンに参加する目的をはっきりさせましょう。

 

インターンシップで学びたいことは人それぞれ違うと思います。

 

インターンシップに参加する目的を大きく3つに分類したので、参考にしていただければ幸いです。

2020年卒の就活開始時期は6月1日に決定!就活まで何をすればいい?

2017.04.10

現状の自分のスキルと今後の課題の把握

インターンに参加することで、同じインターンに参加する学生とワークショップやグループディスカッションなどで、様々なやりとりをすると思います。

 

仕事を通じて、真剣に物事に取り組むからこそ、自分に足りていないものや、今後の課題などが見えてくると思います。

 

また、社会人の方からフィードバックをもらうことで、学生だけでは気づけない視点を得ることができるでしょう。

 

社会人には、どんな能力が必要で自分に今何が足りていないか、確認するいい機会です。

 

今後の就職活動に向けた、良い指針になるでしょう。

仕事を通じて業界研究・自己分析ができる

仕事を通じて、業界研究や自己分析を行うことができます。

 

実際にその会社で働いている方から話を聞くことや、その会社の業務に通ずるワークショップに取り組むことができます。

 

自分で調べるよりは、間違いなく効率的に業界研究ができますよね。

 

また、短期インターンでは説明会がプログラムに含まれていることが多いです。その会社の魅力を要約をして伝えてくれるので、会社の強みを簡単に理解するためには、とても効果的です。

 

また、自己分析に関してはインターンシップ期間中に今自分がすべき仕事は何か、自分の役割は何かを考えることがが大切です。

 

仕事を通じて自己分析を行うからこそ、始めて見える自分の側面も必ずあるのではないかと思います。

自己分析のやり方は?おすすめの効果的な方法5選

2017.08.13

すでにその会社で働いている人と接点をもてる

すでにその企業で働いている方との接点を持つことも、インターンシップに参加することの目的の1つだと思います。

 

その企業で働いている社員の情報や、その会社のキャリアパスなどは、その会社で働く人から聞くことが一番正確ですよね。

 

特に職場の雰囲気はその会社で働いている社員でないとわからないことだと思いますので、積極的に聞いてみた方がいいでしょう。

 

インターンで得た社員との接点は本選考にも繋がる可能性もありますので、意外と重要ですよ。

インターンを通じて学びたいことについて考えよう

インターンに参加する主な目的については洗い出しました。

 

インターンシップに参加することでみなさんが学びたいことも、インターンに参加する目的と大差はないのではないでしょうか。

 

上記の主な目的に対して、自分がなぜそのように思っているか掘り下げることが、インターンシップで学びたいことを考える時に重要です。

 

自分の学びたいことをはっきりと示さなければ、インターンに参加する目的だけを話しても、内容が薄いと判断されてしまいます。

 

ここで大事なことは、「なぜ自分がそのように考えているか示すこと」です。

 

あなたの志望動機なので、あなたがあなただけのインターンシップに参加して学びたいことの理由があるはずです。

 

あなた自身の過去の経験や、これからやってみたいことを回答の中に組み込むことを忘れないようにしましょう。

 

インターンを通じて学びたいことに対する回答に深みが出てくると思います。

【例文あり】インターンでの志望動機の書き方を徹底解説

2017.09.19

インターンを通じて学びたいことの例文

先ほど、インターンを通じて学びたいことを考える時には、あなた自身の考えを交えることが非常に重要と述べました。

 

ここでは例文を用いて、より詳しく説明していきたいと思います。

<例文>

私が貴社のインターンシップに参加して、業界一の営業力を誇る貴社の営業社員の方がどのような思いで働かれているが学びたく思っています。

長年に渡り、貴社が業界一位のシェアを誇っていることも、営業力の賜物だと考えます。

この度、インターンシップを通じて、貴社の営業社員の方と間近で接することで、貴社の営業力の源泉や、貴社の営業社員の方と私自身との差を感じることができると思っています。

私自身、将来は貴社の一員として、より業界でのシェアを広げていきたいと思っています。

そのためにも、今回のインターンシップで、自分の課題を明確化させ、今後の就職活動の糧にしたいと考えています。

貴社のインターンシップ以外では、私の目的を達成することは難しいと考え、貴社のインターンを志望しました。

インターン参加前に身につけておきたいビジネスマナー3選

2018.05.07

まとめ

いかがでしたか。

 

今回はインターンを通じて学びたいことについて考えさせていただきました。

 

やはり、インターンシップに参加する目的が固まっていない方からすると、回答しにくい質問なのでしょうか。

 

逆にいうと、インターンに参加する目的がはっきりしているのであれば、学びたいことを考えることはそこまで難しくはありません

 

皆さんもインターンシップで学びたいことの回答に困ったら、そもそもなぜインターンに参加したいか考え直してみるといいでしょう。