大学1・2年生から長期インターンに参加するメリットは?

大学生になったら、サークル活動やアルバイトなど、色々と新しいことにチャレンジしたいと考えている人は多いでしょう。しかしその中で意外と選択肢として挙げられないのが、インターンシップへの参加です。

 

インターンへの参加は、早ければ早いほど効果が高いと言われています。大学生活をより充実したものとするためには、是非とも選択肢の一つに入れて置くべきと言っても過言ではありません。

 

そこで今回は、大学1・2年生など、早期のタイミングからインターンに参加するメリットに関して解説していきます。

 

東京都で募集中の長期インターンシップ情報

 

そもそもインターンとは?

まずはインターンとはそもそもどういったものか、という基本から解説していきましょう。インターンシップを一言で表すならば、企業内で行う仕事体験です。アルバイトとしてではなく、社員と同等の仕事を経験していきながら、その業界特有の知識を身につけたり、仕事をする上で必要なスキルを身につけたりできる、いわば正式に社員になって働きだす前の予行演習のような立ち位置と言えるでしょう。

 

参加する学生側のデメリットはほとんどなく、自分自身の社会人としてのスキルを向上させるだけでなく、今後のキャリアを考える上で貴重な判断材料にもなるなど、メリットは無限にあると言っても過言ではありません。

 

 

インターン初心者にもおすすめのインターンシップ募集情報

 

短期インターンと長期インターンの2種類がある

そんなインターンには、大きく分けて短期と長期の2つの種類があります。その名の通り、期間の長さの違いが特徴で、短期であれば1dayから1週間程度、長期であれば数ヶ月から無期限でインターン期間が設定されます。

 

大学生の皆さんがインターンと聞いてイメージするのは、基本的には短期のものであることが多いでしょう。就活前のタイミングで各社が一斉に募集を開始するタイプのものは、ほとんどが短期インターンですからね。そのため、インターンシップに参加するのは大学3年生になってから、と考えている学生が少なくないのが現状です。

 

日本最大級の長期インターンシップ募集サイト「ゼロワンインターン」をチェックしてみる

 

長期インターンは大学1年生から参加することも可能!

しかし実は長期インターンに関しては、大学1年生の時から参加できるところも非常に多いのです。決して就活前限定で行われるイベントというわけではありません。

 

また長期インターンの場合、そのほとんどが給与の支払いのある有給インターンでもあるので、職場体験をしつつ、お金を稼ぐことができるのも特徴です。人によってはアルバイトの代わりとして使っている人もいるようで、そうなれば、スキルを身につけながら同時に日々の生活にも潤いを持たせることができ、一石二鳥と言えますね。

 

いずれにしても、実は意外と身近なところに存在しているインターンシップという制度。これを知らずに意図せず選択肢から除外してしまうのは、非常にもったいないことです。大学1年生の時から就活のことを意識して行動する、と考えると少々重く感じてしまうかもしれませんが、どうせアルバイトをするぐらいなら、インターンで同じぐらい稼いだ方がお得。そんな考え方も「あり」だということを覚えておきましょう。

 

大学1・2年生から参加できるおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

 

早期にインターンに参加するメリットとは?

それではここからは改めて、大学1・2年生などの早期からインターンシップに参加するメリットに関して解説していきましょう。今回は特に、短期のものではなく長期インターンを前提として解説をしていきますので、もしも自分に必要だと感じたならば、ぜひ早いうちからアクションを起こすことを検討してみてくださいね。

 

より沢山の実務経験を積むことができる

インターンに早くから参加する一番のメリットは、やはり身につくスキルの量です。そもそも社会人として働いた経験がないところから始めるインターンシップでは、まずは基本的な社会人スキルを身につけるだけでも最低一ヶ月は掛かってしまうでしょう。挨拶や名刺交換の仕方、言葉遣いといった基本的なものから、ビジネスパーソンとしての考え方や行動の仕方など、教えられてすぐにできるものではありません。自分自身で一つひとつ経験していくことで、スキルは定着し、自分自身の力となっていくのです。

 

そうして社会人スキルを身につけたあとは、本格的な業務スキルを磨いていきます。社員と同等の仕事をしていくことになりますから、経験を積めば積むほど、新しい分野や領域の仕事にチャレンジさせてもらえる機会も増えるはずです。

 

そうなればもはやあなたの能力はその業界でしっかりと経験を積んだ社会人にも、決してひけを取りません。あなたが入社してからすぐに活躍が期待できる即戦力だと分かれば、面接官はどれだけあなたのことを欲しがるでしょうか。人柄や今後のポテンシャルで採用を決めると言われる新卒採用ですが、それは大学生が基本的に未経験で、その仕事のスキルを持っていないことを前提とした話です。もしもそこに実務経験豊富なインターン経験者がやってくれば、採用する側として間違いなく優遇したくなるはずです。

 

就活の際の強力なアピールポイントとして使える実務経験。それを磨いていくためには、なるべく早くインターンに参加しておくのが最善の手と言えるのです。

 

人気のIT業界・ウェブ業界でビジネス経験を積もう!人気のIT系インターンシップ募集まとめ

 

仕事の楽しさや厳しさを学び、自分のキャリアが固まる

また同時に、インターンは正式な就職ではないので、学生側の自由度がかなり高いのが特徴です。あまり褒められたことではないですし、事前にしっかり自己分析や企業研究をしてからインターンシップにのぞむべきではありますが、どうしてもその仕事が自分に合わないと思ったら辞めることも可能。それであなたの経歴に傷がつくということもありません。

 

仕事というのは楽しいことばかりではありません。むしろつらいこと、大変なことの方が多いとも言えるでしょう。その困難を差し引いても頑張る価値が、その仕事にあるかどうか。それを見極めるための機会としても、インターンシップは活用することができます。

 

あえて自分が全く興味を持っていない業界のインターンに参加することで、今まで知らなかった魅力や楽しさに気づくこともあるかもしれません。逆にイメージでは素敵だった仕事が、本当はかなり泥臭く、大変だということがわかることもあります。そうした実体験を通した学びを数多くしていくことで、よりあなたが描きたいと思う理想のキャリアを具体化することができます。インターンに参加したことで、その仕事を目指すきっかけになった。逆にインターンに参加したことで、希望していた業界からシフトチェンジした。こんな話はよくあるんですよ。

 

自分の視野を広げ、より多くの可能性を引き出すためにも、仕事の実態を知ることができるインターンは効果的なのです。

 

これからの時代はプログラミングが必須!ITエンジニアの長期有給インターンシップ募集一覧

 

 

まとめ

インターンに参加するに際し、早すぎるということは決してありません。むしろ早くに参加すればするほど、より多くのメリットを受けることができるでしょう。それはイメージ通りのものだったり、イメージとはかけ離れたものだったり、プラスにもマイナスにも捉えられる経験だとは思いますが、それがなければ気付くことができなかったことなのですから、人生経験にとっては確実にメリットになるはずです。

 

大学生の多くが卒業後は一般企業に就職し、社会人となって働く道を選択していくでしょう。その際に少しでも自分自身の可能性を広げていくためにも、インターンシップには積極的に参加していくようにしましょう。大学1年生から参加をしていれば、大学卒業時にはもはやあなた経験豊富な即戦力クラスのスキルを身につけることができているはず。そうなれば希望のキャリアを描いていくのが格段に楽になりますよ。

 

勤務地・業種・職種などからインターンシップ求人情報を探そう!

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"