大学生が夏休みを有意義に過ごすためにやるべきこと

メモ帳とスマホ

大学生の皆さんは夏休みをどのように過ごすおつもりでしょうか。

多くの大学生にとって、大学生の夏休みは高校生までの夏休みとは行動の選択肢の多さが違うと思います。

旅行、留学、アルバイト、インターンなど、大学生の夏休みならではの過ごし方があるでしょう。

夏休みの過ごし方は人それぞれあって当然だと思いますが、どうせなら有意義に使いたいですよね。

1ヶ月以上の長期休暇が取れることも、おそらく大学生の間が最後でしょう。

貴重な大学生の夏休みを、有意義な過ごし方にするためにやっておくべきことをランキング形式で7つ紹介して行きます。

(バイトやサークルなど、夏休み以外にも活動できるものは除外してあります)

 

大学生のうちにやるべきこと、やってよかったこと7選

 

夏休みのおすすめ過ごし方第7位:自動車免許の取得

まず夏休みの過ごし方として、おすすめしたいことは自動車免許の取得です。

若者の車離れと言われて久しいですが、免許を持っておけばよかったと思う場面は多数存在します。

顔写真付きの身分証としても使えますし、レンタカーを利用すれば車自体を所持していなくても、簡単に遠出できるようになります。

また、将来全国転勤の会社に就職した場合、都心部に配属になるとは限りません。

郊外では車社会のところも多く、車がないととても不便なようです。

社会人になるとまとまった休みも取りにくく、免許を取りに行く時間を作ることも容易ではありません。

夏休みを利用して友人と合宿免許に参加すれば、旅行気分で免許も取れるので、非常におすすめです。

新しい出会いあるかもしれませんよ。

 

大学生おすすめ運転免許サイト5選。合宿と通いどちらがお得?

 

夏休みのおすすめ過ごし方第6位:海外旅行

続いてのおすすめの夏休みの過ごし方は、旅行に行くことです。

特に海外への旅行に参加することにおすすめします。

繰り返しになりますが、社会人になると、なかなかまとまった休みを取れません。

また、大学生のうちに日本だけでなく、海外を見ておくことで新たな気づきが必ずあると思います。

バックパックのような形で、長期間一人で海外探索してみることもいいかもしれませんね。

英語を習得したい学生も多いと思いますが、現地で自力でコミュニケーションを取ることで、英語力も自然と身につくでしょう。

単純に友人同士の旅行でも、旅行を通じて思い出を作ることができると思いますので、おすすめです!

 

英会話スクール比較!おすすめランキング!無料体験付

 

夏休みのおすすめ過ごし方第5位:ボランティア

次におすすめなことは夏休みを利用してボランティアに参加することです。

せっかく夏休みに参加するので、一日などで完結するボランティアではなく、長期間に渡って活動できるボランティアの方が良いでしょう。

長期間に渡って参加することで、自分が参加するボランティアに対して、多くのやりがいを持てます。

また、一つのボランティアプロジェクトを完遂した時の達成感も大きなものでしょう。

自分が過ごしてきた環境と全く違う環境に身をおくことで、今まで知らなかった世界をしるきっかけになると思います。

ボランティアでの経験をもとに将来の進路を決めた、という話もよく聞きます。

将来に不安を感じている大学生が参加すると、夏休みを有意義にするだけでなく、将来の進路を決めることができるかもしれませんね。

 

就活で英語(TOEICや留学経験)は必要?語学力は武器になる?

 

夏休みおすすめの過ごし方第4位:読書

一般的には「読書の秋」と言われますが、大学生の皆さんは夏休みに行うことがおすすめです。

まだ無限の可能性のある大学生だからこそ、本を読み世の中に対する知識を増やすべきでしょう。

当たり前ですが、本というものは成功者の成功体験が書いてあることがほとんどです。

今後の進路を決めるにあたり、皆さんの多くの方がとても悩むことになると思います。

その時に本から得た成功体験や、社会情勢などを知っておくことで、精度の高い意思決定ができるでしょう。

また、読書の習慣は社会人になってからも、非常に重要な習慣です、

仕事のことを覚える時、自分がいる業界の動向を学ぶとき、クライアントの業界を知りたい時など

様々な場面で読書による知識のインプットが役に立つでしょう。

皆さんには大学生のうちから読書を習慣つけておくことをおすすめします。

そのためにも時間の余裕のある夏休みから、読書に取り組んで見ましょう!

 

新聞社の業界研究!衰退していく業界?年収、将来性は?

 

夏休みおすすめの過ごし方第3位:海外留学

夏休み期間中に、短期留学に参加することがおすすめ3位です。

一年以上の長期留学は学校を休学する必要があることや値段の面で、敷居は少し高いですよね。

興味はあるけど、いきなり長期留学は少し、、とお考えの方はぜひ夏休み中に短期留学に参加して見ましょう。

海外での暮らしや、現地の雰囲気などを理解した上で、長期留学に踏み切るか判断してみることもいいのではないでしょうか。

1ヶ月などの短期留学でも、簡単な日常会話やリスニングくらいはできるようになる方もいるようですし、短期留学に複数回参加することもいいかもしれません。

短期留学にしても、長期留学にしても、大学生が参加するラストチャンスです。

興味のある方は躊躇せず参加するべきでしょう。

 

ワンランク上の英語力を身に付けられるインターン特集

 

夏休みおすすめの過ごし方第2位:資格学習

夏休みには授業もなく、時間が取りやすいので、資格取得に向けた学習を行うこともおすすめです。

普段の授業の準備や課題作成などもないと思いますので、資格学習の時間を十分に確保できるでしょう。

資格の種類によっては就職活動にも有利になります。

また取得する資格の種類によっては、日常生活にも非常に役に立つでしょう。

再三の繰り返しになりますが、時間的に余裕があるのは大学生までです。

資格取得以外にも言えることですが、興味があることは今のうちに行動しておかなければ、もう二度と挑戦できないかもしれません。

大学生活を有意義に使うためにも、検討の余地は大きいのではないかと思います。

 

就活おすすめ資格6選!人気資格スクールの無料体験情報も

 

夏休みおすすめの過ごし方第1位:インターンシップ

夏休みの過ごし方として、一番おすすめなことはインターンシップに参加することです。

大学3年生は短期インターン/長期インターン、両方が選択肢として、大学1年生・2年生4年生には長期インターンが選択肢になるでしょうか。

おすすめは長期インターンに参加することです。

長期インターンに参加することでは、グループディスカッションやワークショップではなく、実践型の経験をすることができます。

実践を通じて業界や職種に対する理解を深めることができるので、自分の将来を考えることができるようになります。

入社後ミスマッチによって、新卒学生30%が3年以内に離職するという早期離職が問題になっています。

曖昧な知識やネットの情報ではなく、実体験から自分の将来を考えることができるので、入社後ミスマッチの危険を減らせるでしょう。

必死の就活の末入社した会社をすぐに退職するなんてことになったら嫌ですよね。

夏休みでは授業が無いため、普段より多くのシフトで入ることができると思います。

より早く戦力化することで、インターンでの経験がより中身の濃いものになるでしょう。

 

インターンを探すならここ!日本最大級の長期インターン募集サイト『ゼロワンインターン』

 

おすすめの夏休みの過ごし方まとめ

いかがでしたでしょうか。

大学生が、夏休みの過ごし方を有意義に過ごすために必要なことは「今しかできないことをやる」ということでしょう。

最後の長期休暇で金銭的にも時間的にも余裕があるからこそ、本当にやりたいことをやるべきです。

今回紹介した中には参加することに少し障壁の高いものもあると思います。

しかし、だからこそ参加することをおすすめします。

大学生にとって参加障壁が高ければ社会人になるとその数倍は参加障壁は高いでしょう。

興味があるものには夏休み中に参加することをおすすめします。

なにせ大学生の夏休みがラストチャンスになる可能性が高いですからね。

 

有名企業への内定者多数のインターンシップ情報まとめ

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"