出会いがない。周囲のレベルが低い。と悩む大学生へ

大学入学時は、すべてが新しい環境で、見るもの触れるものすべてが新鮮。新しい友達を作ることに躍起になったり、初めてのアルバイトに挑戦してみたり、とても刺激的な毎日が送れることでしょう。高校生活までのそれと違い、自由度が大きく向上しますから、その変化の幅は過去最高。それまでの人生で最も楽しい時間と言えるかもしれませんね。

 

しかし、大学での生活にもある程度慣れてくると今度は逆に「出会いがない」「周囲のレベルが低い」と感じてしまう大学生も少なくないようです。

 

その原因はどこにあるのか。そしてその悩みを解決するためにはどうすれば良いのか。解説していきたいと思います。

 

ベンチャーのおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

なぜ、周囲のレベルが低いと感じてしまうのか

まずは「出会いがない」「周囲のレベルが低い」と感じてしまう原因に関して探っていきましょう。特別、今の生活に不満があるわけではないが、なんとなくしっくり来ていない感じがするこの感覚。実は多くの大学生が経験する悩みでもあるんです。

 

悩みの種類的にも、なかなか友だちに相談して、というのも難しいでしょうから、どうしても一人で抱え込んでモヤモヤしてしまいがちですから、しっかりとその原因を知っておくことが解決への第一歩になります。

 

その環境への慣れと、変化の少なさに対する飽きが原因

 

この悩みを抱える大学生の多くは、周りから見れば順風満帆、特に不満を抱えるような生活を送っていません。大学には仲の良いグループがいて、一人寂しく過ごすこともなく、バイトなどもある程度経験を積み、しっかりとバイト内での地位も確立できていたりするのです。

 

しかし、だからこそ、日々の生活に変化が無く、良くも悪くもその環境に慣れてしまい、毎日に飽きてしまっている状態になっているとも言えるでしょう。仲の良い友達グループなどがあるならば、特別意見をぶつけ合ったりすることもなく、何かをするにしてもスムーズすぎるほどスムーズに意思決定ができてしまっていることもあるはずです。

 

しかし、人間は元来、知的好奇心の強い生き物ですから、日々の安定した生活も大切にしつつ、どこかで新しいことにチャレンジしたり、刺激が欲しいと思っているもの。その気持ちと現状とのギャップが不満となり、「なんか楽しくない」「周りにいる人間も毎日同じでつまらない」と感じてしまっているのです。

 

現状への不満は新しいことへチャレンジする最大のチャンス

 

しかし、これは一方でチャンスであるとも考えられます。自分自身が今の環境からこれ以上学べるものはないと判断し、新しい刺激を欲しているわけですから、言ってしまえば非常にバイタリティーにあふれた状態。普段ならスルーしてしまうような些細なことにも注目できたり、そのタイミングで経験したことからはいつも以上に多くの学びを得たりすることができるでしょう。

 

逆に日々の生活に余裕がない場合は、新しいことへのチャレンジがし辛く、成長という目線でいえば現状維持で止まってしまっている状態。暇で、現状に不満があるからこそ、新しいことに向かっていく原動力が生まれる。

 

そんな悩みを持っていることをむしろプラスに捉えて、自分の視野を広げて、新しい世界に踏み出してみるのが良いでしょう。

 

起業したい大学生おすすめ長期インターンシップ募集情報

 

環境を大きく変える一つの選択肢、インターンシップ

新しい世界へ踏み出すというチャレンジの中で、大学生でも気軽にでき、また効果も高いものとして、インターンシップへの参加があります。

 

企業での就業体験を通して社会やビジネスを学ぶこの制度が、なぜ今の環境を大きく変える選択肢の一つと言えるのでしょうか。

 

ここからは、その理由に関して解説していきます。

 

実際の仕事の現場は、学生生活では体験できないイベントの連続

 

インターンシップは実際の企業の内部に入り、実務を通してその会社のことや仕事の仕組みを学ぶ制度です。実際に就職したあと、社会人になってから行う仕事を先んじて体験するわけですから、学生生活の時には経験できないイベントの連続です。

 

学校の授業では教えてもらえない、各社の営業戦略や資金の流れ、具体的な仕事の進め方など、体験することすべてが新しいものとなり、その刺激量は相当のものになるでしょう。アルバイトのそれとは違い、自分自身のその会社の一員、社会人として生活をしていくことになるわけですから、単なる働いてお金をもらう、ということ以上の価値があると言えます。

 

社会人としての考え方や生き方を知る機会にも

 

また、インターンで企業に入れば、周りにいるのはあなたよりも先輩で、人生経験も豊かな社会人ばかりになります。大学生活の中では、年齢差があるのは先生ぐらい、先輩や後輩などはいても同じ大学という、共通のアイデンティティーを持つ相手ですから、コミュニケーションに苦戦することはそこまで多くはないでしょう。

 

しかし会社ではそうはいきません。境遇も考え方も違う人たちが集まり、たくさんの価値観がある環境が会社のそれです。その中に入り、社会人として交流をしていくことで、今まで知らなかった社会人としての物事の考え方や、人それぞれ違う会社員としての生き方や目標といった、新しい視野というものに触れる機会が一気に増えるはずです。

 

最初は大変だと思うことも多いかもしれませんが、大学を卒業し、就職をすれば必ず通らなければならない道。今のうちの経験しておけるメリットも非常に大きいんですよ。

 

もちろん、就職活動で有利になるという実益もある

 

さらにインターンシップに参加すれば、企業での実務経験という就職活動では最強ともいえる自己PRを作ることができます。よく「アルバイト経験」や「サークル経験」を自己PRにしようという話を聞くとは思いますが、企業の採用担当からすれば、それとこれとは話が別。

 

学校内で活躍できていた人が必ずしも会社内で活躍できるわけではありませんが、実際に企業内でその仕事を経験しているとしたら、その人の活躍はとてもイメージしやすいものになるでしょう。

 

今の環境に対する不満を解決するために。新しい刺激を得るために。という目的でインターンシップを用いるのももちろん正解ですが、それを行うことで就活にも有利になるというオマケもついてくる、非常にすぐれた選択肢であると言えますね。

 

東京都のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

まとめ 現状に不満があるなら環境を変えよう。インターンシップは参加のしやすさ、効果ともにおすすめ

変化の少ない毎日に飽きてしまい、どうにも刺激が足りないと悩んでしまう大学生は少なくありません。しかしそういう気持ちになったことは、自分が無意識のうちに次のステップに進もうとしている良い兆しでもあると考えられます。

 

一番の解決策は自分自身がいる環境を変えてしまうこと。その方法の一つとして、インターンシップへの参加は非常におすすめです。一足早く社会人として働く経験を積むことで、社会の仕組みやビジネスの流れを知る良い機会にもなりつつ、たくさんの先輩社会人と触れ合うことで自分の中にも新しい価値観がきっと芽生えていくはず。さらにはその経験を活かして就活で有利に戦っていくこともできるわけですから、メリットばかりと言っても過言ではないでしょう。

 

現状に不満を持ち、どうにかしたいと思えた時は、とてもチャンスなタイミングです。そのままにせず、まずは動いてみることで色んな経験をし、自分自身の視野を広げていくようにしていきたいですね。

大学1年生・2年生におすすめの長期インターンシップ募集情報

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"