就活で受かる私服の選び方(説明会・面接)女性編

book_girl

「当日は私服でお越しください。」面接案内でこんなメールが届いた。

就職活動やインターンの面接は、

もちろん中身が重要ですが、見た目の印象を良くすることも大事。

とくに私服で企業の採用面接を受ける場合は、面接官からファッションセンスも問われます。

そこで今回は、就活で受かる私服の選び方をご紹介いたします。

就職活動は、人生の中でも一大イベント!

どこの会社から内定をもらえるかで、その後の人生も大きく変わってきてしまいます。

今までそれなりにうまくやってきたからこそ、就職活動では引っかかりたくないと必死にもがいていらっしゃる方も多いでしょう。

 

私服OK・髪型自由のインターンシップ募集情報まとめ

 

 

「私服でお越しください」と言われたら…?

office

就職活動やインターンの採用面接を受けるときは絶対にスーツ着用とは限りません。

たとえばITのように比較的、自由な業種の場合、社員さん自体がラフな格好をしていることも多く面接前のメールで「当日は私服で構いません」と言われるケースも珍しくありません。

ただし仮に私服でもOKと言われても、自分の好きな服を選んではいけません。

お友達とお茶ではなく、あくまでも採用試験なんですから!相手が面接官である以上、オフィスカジュアルとしてのセンスも同時に求められることになるのです。

 

私服OKのインターンシップ募集企業

 

スーツ以外って何を着ればいいの?

woman_office

ジャケットは必須

就活生にとって私服で来なさいと言われるよりも、よっぽどスーツで向かえたほうが楽だったでしょう。女性全員がファッションに対して強いこだわりをもっているわけではありません。

普段から、あまり見た目を気にしていない場合、突然私服で来なさいと言われても、さすがに困るのでは?

オフィスカジュアルとしての基本は、まずジャケットを着用すること。

実際に働いている女性をみても分かる通り、外部の人と接触する可能性がある方は、常にジャケットを着用されているか、もしくは、すぐに着られるように椅子にかけてあります。

採用試験を受ける際には、コートの下にできればジャケットも着用し、全体のバランスをとりましょう。

チノパンがあると便利

女性でもパンツスタイルを好まれる方もいらっしゃるでしょう。しかし、さすがにデニムを履いていくわけにはいきません。

もちろん、正式に社員として採用された場合は問題ありませんが、今はまだその会社で働くかどうか未確定な段階…。少しでもいい印象をみせるためには、オフィスカジュアルといっても、女性として品性や教養を人事の人にアピールしていかなければいけません。

そこで便利なのが「チノパン」。

アイテム時代がカジュアルで、最近はユニクロなどでもお手頃な価格で販売されています。一本もっておくと、社会人デビューした後も着回しに困らなくて済むんです。

ジャケットとパンツ、スカートの色を合わせる

オフィスカジュアルとはいえ、あくまでも採用試験を受ける立場。

自由にファッションを楽しむ場ではありません。できれば、私服でも可能な限り、スーツのように堅い印象にみせるべきでしょう。

ポイントとしては、ジャケットとパンツもしくはスカートの色を統一すること。

たとえば、ネイビーのジャケットにパンツを合わせ、中だけでボーダーのニットにすることで、統一感が出ると同時にバランスもとれます。

無地のニットではなく、あえてボーダーをチョイスして、ほんの少しだけ遊び心を追加。

全体的にみてもスーツのように堅い印象をもつことができます。困ったときは上下の色を統一しましょう。

 

私服で参加できるインターンシップ募集一覧

 

靴や鞄はどうすればいい?

shoes

スニーカーは封印

最近は可愛らしい格好にあえてスニーカーを合わせるファッションがトレンドとなっていますが、当日は、あくまでも採用試験を受ける立場。さすがにスニーカーはまずいでしょう。

特に女性の場合は、評価が下がる可能性も0ではありませんから、足先までおしとやかにみせるように、ヒールが低めのパンプスを履いて、足元も完璧にしておきましょう。

ちなみにヒールがなくぺったんこの靴もありますが、身長を高くみせたほうがスタイルよくみえるため、ほんの少しだけ厚底のある靴を選ぶといいかも…。

鞄はコーディネートによって分ける

意外と難しいのが鞄!

たとえば先ほどご紹介したジャケットにパンツを合わせたコーディネートの場合、どちらかというとボーイッシュな要素が入るため、リュックを背負っても問題ないでしょう。ただし、リュックといっても黒やネイビーのようにあまり主張しないものを選ばないといけません。

ジャケットにスカートを合わせた場合は、リュックを背負うとバランスが悪くなります。

スカートを履くときは、鞄も洋服と同じくカジュアルなバッグを選ぶといいでしょう。

たとえば、オフィスレディに人気の「ロンシャン」のバッグのようにカジュアルだけどオシャレな要素もちゃんと入っているバッグを選ぶと、印象がよくなるはず…。

 

服装・髪型自由のインターンシップ募集情報一覧

 

第一印象ですべてが決まる!

woman_work

就職活動やインターンの採用試験は、中身ももちろん考慮されますが、見た目もかなり重要な判断材料になります。

ファッションセンスは社会人になってからも必要な能力になりますから、あまり自信がない人は事前に情報を収集して、自分に似合うコーディネートを探しておきましょう!

 

学校帰りにそのまま通える。私服で参加できるインターン募集一覧

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です