独学でWebデザイナーの学習するならインターンがおすすめ

note_phone

ウェブデザイナーとは、その名の通り、Webサイトのデザインを行うのが主なお仕事です。

ウェブサイトを構築するためには、Photoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)といったデザインソフト、HTML、CSS、JavaScript(ジャバスクリプト)といった言語を使います。

色合い、装飾、文字配置、文字のフォントやサイズ、画像など、ありとあらゆることを決めて、組み立てていくのです。

サイトのコンセプトにあったデザインを作るのは、もちろんのこと、数えきれないほど存在するホームページやショッピングサイトの中から、まずは選ばれ、見やすく、購買などの具体的なアクションに繋げやすいサイトにすることが求められます。

 

Webデザイナーのおすすめ有給インターン・インターンシップ募集

 

Webデザイナーに必要なスキルって?

paper_pen

コミュニケーション能力

クライアントが、どんなサイトを作りたいと思っているのか、サイトを作る目的は何か、どんなことを実現したいのか、細やかにヒアリングしていく力が求められます。

ある程度作り込んだらチェックしてもらい、指摘や意見を反映していく柔軟性も必要です。

一方で、クライアントが言うことをすべて鵜呑みにして、指示された通りのサイトをただ作れば 良い、というわけではありません。

デザインのプロとして、「こうした方がより集客が見込めますよ」などと提案をしていく力、クライアントに納得してもらえるように説明できる力も求められます。

 

美大生はインターン必参加!デザイナーインターンで学べること

 

デザイン力

デザイナーですから、デザイン力は最も重視されるポイントでしょう

ビジュアルのセンスはもちろん、UI(ユーザーインターフェイス)、UX(ユーザーエクスピリエンス)を意識したサイト構築が必要です。

つまり、Webサイトを訪れるユーザーにどのように見えているかを計算し、ユーザーの行動パターン、目線の動きなどを知った上で、より見やすく、アクションを起こしやすい作りにするには、どう設計すれば良いか?を考え、作り込んでいく力が求められる、ということです。

使えるソフトの種類の多さ、習熟度が高いことなどに加え、ミリ単位での細やかな調整が行われますから、細かい作業も厭わず、根気よく追求する力があるかどうかも、重要なポイントです。

 

Webデザイナー・UI/UXデザイナーのインターンシップ募集

 

学び続ける能力

Webデザイナーは、やはりパソコンを使っての作業が多くなります。

ハードもソフトも、技術は日進月歩です。新しい技術や手法に興味を持ち、勉強したり、技術書を読んだり、積極的に取り入れて行く姿勢が大切になります。

また、Webサイトのトレンドやユーザーのニーズも移り変わっていきますので、キャッチアップし、自分のものにしていく必要があります。

また、プログラミング言語を習得してコーディングできるようになったり、ライターに外注しなくてもいいレベルで文章が書けるようになったり、周囲と連携しながらディレクションをしたりできるようになれば、デザイナーという枠を超えて活躍することも可能です。

Webデザイナーと一口に言っても、任される仕事の範囲は会社によって様々ですから、できる範囲が広い方が重宝されるのです。

 

メンター制度あり!先輩社員が優しく教えてくれる有給インターン・インターンシップ募集

 

Webデザイナーになりたいならインターンがおすすめ

インターン応募②

Webデザイナーを目指している人の中には、美術系の大学や専門学校などに通って、すでに知識を習得したり、即戦力になるトレーニングをしている人もいるでしょう。

そういった学生ははもちろん、

「そうした下地はないけれど、Webデザイナーという仕事に興味がある。」「デザイン系の仕事になんとなく憧れがあるけれど、実際どんな仕事をしているのか、あまりイメージがつかない。」という人もいますよね。

どちらの学生にも、長期インターンシップは特にオススメなんです。

 

キャリア バイトの一石二鳥!有給インターンがおすすめ

 

Webデザイナーを目指して就職活動をする場合、“ポートフォリオ”と呼ばれるデザイン作品集を提出することがほとんどです。

ポートフォリオは、自分自身を表現し、能力や経験を示す大切なツールです。

美大生や美術専門学校の学生でも、自分の作品が卒業後すぐにプロのデザイナーとして認めてもらえるのか不安ですよね。

デザインの知識や経験がない人にとっては、ポートフォリオの存在はさらにハードルが高く感じます。「やっぱり、ちゃんとその分野を学んでいないと無理なのか・・・」と諦めてしまう人も多いでしょう。

その点、インターンシップならば、ポートフォリオの提出が不要だったり、未経験の学生でも受け入れてもらえたりすることもあるので、Webデザイナーとしての一歩を踏み出すのに、かなり間口が広がるのです。

一度経験してみれば、自分に足りない知識や技術もわかりますから、今後何を身に着けていけばいいかわかるのは、ありがたいですよね。

通常ならばなかなか体験できないような、有名・人気サイトに携わったり、新規立ち上げから経験することができたりするのも、魅力だと思います。

 

未経験・初心者から始められる有給インターン・インターンシップ募集

 

また、WebデザイナーWebディレクターって役割はどう違うの?お互いどんな風に関わりながら仕事をしているの?クライアントとのやりとりはどのようにしているのか?働き方は?など、実際の場面に立ち会えることも、メリットですね。

「Webデザイナーって、ひたすらパソコンに向かうんですよね。」という思い込みを、いい意味で覆される学生も多いようですよ。

何事も、やってみないとわからない!ぜひWEBデザイナーのインターンシップにトライしてみましょう。

向き・不向きもわかりますし、プロのウェブデザイナーになるまでにどんなことを勉強しておけば良いか、身に着けておけばいいか、明確になるので、努力の方向性がわかるのもうれしいですね。

 

日本最大級のインターン募集サイト「ゼロワンインターン」でウェブデザイナーのインターン募集を探す

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です