就活はOB・OG訪問で決まる!押さえておきたいポイント


志望する業界や企業が固まり始めたら、次にOB訪問の計画を立てましょう。

OB・OG訪問は行って損がなく、就活生にとってはメリットが沢山あります。他の就活生と差をつけるならOB・OG訪問が欠かせません。

今回は、OB・OG訪問のメリットや訪問先の探し方、訪問するにあたってのマナーなどについてご紹介したいと思います。

就活が圧倒的に有利になる。企業から推薦状がもらえる有給インターン募集を探す

OB・OG訪問のメリットとは?

OB・OG訪問をすることで得られるメリットとは何なのでしょうか。3つのポイントをご紹介します。

普通ではゲットできない情報をゲットできる

OB・OG訪問の最大の魅力は「情報収集」だといわれています。

学校や就活情報サイトでは得ることのできない、その業界・企業ならではの「生の情報」を手に入れることができます。部署の雰囲気などの働いている社員でないと分からない情報が得られます。実際に働いた時のイメージがつかみやすくなりますよね。

本番前の面接の練習になる

OB・OG訪問でも面接同様に、「なぜOB・OG訪問を希望するのか」を聞かれます。相手の心に響く伝え方のスキルが必要になってきます。

OB・OG訪問を本番の面接練習と思って臨むようにしましょう。不安な場合は、学校の就職課に相談し、しっかりと対策しましょう。

深い企業研究ができる

先ほどお伝えした「生の情報をゲットすることができる」ことで、深い企業研究に繋がっていきます。

表面的に見えるメリットだけではなくデメリットも把握することで、入社後のミスマッチを防ぐことができます。説明会やインターネットの情報では知ることのできない情報を得られるのがOB・OG訪問の魅力です。

OB・OGの探し方

OB・OG訪問に行きたい!と思っても、すぐにできるものではありません。

どのようにOB・OGを探したらよいのでしょうか?4つの方法をご紹介したいと思います。

大学の就職課

OB・OGを探すなら大学の就職課がおすすめです。在籍していた学生の就職先を把握しているからです。効率よくOB・OG探しができます。まずは大学の就職課に相談してみることをおすすめします。

大学の教授・助教授

専門性の強い業界に就職したい場合は、関わりの強そうな大学の教授・助教授にOBがいるかを聞くのが良いでしょう。専門性が高ければ高いほどOB・OG訪問はしたほうがいいといわれています。

ゼミやサークルの先輩

OB・OG訪問に行きたい企業に勤めているゼミやサークルの先輩がいる場合は、自分からアポイントをとってみましょう。顔見知りだからこそ、教えてくれる企業の裏側なども教えてくれることがあるかもしれません。

企業に問い合わせる

大学、教授・助教授、先輩に聞いてもOB・OGが見つからない場合は、自ら企業に問い合わせるのも一つの手です。

中にはOB・OG訪問自体を断っている企業もあるため、事前に調べてから問い合わせをするようにしましょう。

OB・OG訪問するときの注意点

OB・OG訪問の日時が決まったら、次はOB・OG訪問に向けた準備を始めましょう。

どのような点に気を付けたら良いかをまとめてみました。

言葉遣い

特に気を付けなくてはいけないのは、ゼミやサークルの先輩の勤める企業にOB訪問する場合です。友達感覚で接してしまう就活生が多いといわれてしまいます。

同じ大学の先輩でなじみがあるかと思いますが、社会人を意識した話し方をするようにしましょう。学生気分の抜けない話し方は相手に対してとても失礼に当たります。

言葉遣いに不安がある場合は、マナーの本を読んで勉強したり、就職課で対策してもらってから訪問するようにしましょう。

身だしなみ

OB・OG訪問も立派な就職活動です。くだけた服装ではなく、リクルートスーツを着用して訪問するようにしましょう。

人は身だしなみで判断されることも多くあります。今のうちからTPOに合わせた身だしなみを心がけるようにしましょう。

質問を事前に考える

OB・OGも貴重な業務時間を割いてOB・OG訪問に応じてくれています。質問はあらかじめ用意してから訪問するようにしましょう。

OB・OG訪問の最大のメリットは、「働いている人の生の情報」を得ることができることです。「ここでしか聞けないこと」を質問するようにしましょう。インターネットで調べれば分かるようなことを質問事項に入れるのは控えましょう。

まとめ

今回は、OB・OG訪問のメリット、OB・OGの探し方、OB・OG訪問時の注意点をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

就職活動を行うにあたって、OB・OG訪問はとても重要です。インターネットで調べても出てこない「働いている人の生の情報」を知ることで他の就活生と差を付けることができます。

OB・OG訪問は、自分が積極的に活動しなくてはいけません。OB・OG探しから日程調整まであなた自身が行う必要があります。恥ずかしがらずに積極的に動くようにしましょう。

OB・OGに対するマナーにも気を付けるようにしましょう。言葉遣い、服装、質問事項など気を付けることが意外と多いのがOB訪問です。不安なことがある場合は、OB・OG訪問前に学校の就職課からアドバイスをもらうなど対策をしてからOB訪問に臨むようにしましょう。

https://01intern.com/scout/user/lp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です