エントリーシートの自己PRの書き方・効果的に伝える方法

self-pr

就職活動では避けて通れないのが面接やエントリーシート(ES)の定番質問である自己PR。

いざ就活で自己アピールポイントを考えてみると、自慢できるスキルも、特別な経験もない!何を伝えたらいいの?と悩んでしまう人も多くいるようです。そんな方も心配ご無用!

特別なスキルや経験がなくても、企業に効果的に伝わる自己PRの書き方のコツを例文付きでお教えします。

 

企業から特別オファーがもらえる!注目の逆求人系の就活サイト『ゼロワン新卒スカウト』とは?

 

ESで自己PRを書き出す前にチェックすべき3つのポイント

面接服装④

チェック1:志望する企業をしっかり研究する

自己PRといっても、いきなり自分のアピールポイントを考え出すのはNG。

まずするべきは、志望する企業をしっかり研究することです。自己PRの目的は、自分を自慢することでなく、企業に自分の魅力を伝え、一緒に働きたい!と思ってもらうことなのですから。

就職活動は恋愛のようなもの。

相手がどんな人でどんな好みかがわからないと、どうアプローチしたらいいかわかりませんよね?

就職活動でも最初の一歩は相手=企業を理解することなのです。

 

就活が有利になる!企業から推薦状がもらえる長期インターンシップを探そう

 

チェック2:企業の求める人材を考える

企業を研究する中で特に大切なのが、企業がどんな人材を求めているかということです。

採用HPに書いてあることを抑えることはもちろんですが、企業の業界・職種・社風などからどんな人材が活躍しそうか、どんな人を求めているか想像してみましょう。

説明会で人事の方に直接聞いてみるのもいいですね!求める人材を理解できれば、自分のどの部分をPRすべきかわかってきます。

注意したいのは、企業の求める人材に合わせて自分のPRポイントをまるっきり変えてしまうということ。

無理をして相手に合わせても、面接をする中でボロが出てしまいますし、仮にうまくだませて入社をしても、働く中で無理が出てしまうでしょう。

相手に合わせてPRの仕方を変えることは必要ですが、嘘をついてもいいことはありません。

 

インターンシップに受かる!自己PRの書き方とポイント(例文付き)

 

チェック3:自己分析をきちんとする

企業=相手のことをしっかり理解したら、いきなり自己PRポイントを考えるのではなく、自己分析を行いましょう。

アピールポイントがない!と思っていても、経験を時系列で書き出してみたり、周囲の人に自分の特徴を聞いていく中でPRすべきところが見えてくるはずです。

 

ESの通過率を上げる自己PRの書き方と注意点まとめ

 

自己PRを作成時に大切にすべきポイント3つ

book_woman

大切にすべきポイント1:オリジナリティを出す

企業研究と自己分析が終わったらいよいよ自己PR作成に取り掛かりましょう。

ここで注意したいのが、企業の採用HPにある求める人物像をそのまま流用したり、就職活動本の事例をそのままコピーしたような書き方にならないようにすること。

借りてきた言葉では、あなたの魅力は伝わりません。自分の言葉で自分自身を表現しましょう。

 

自己PRのエピソードがない!そんな問題を解決する方法!

 

大切にすべきポイント2:話に具体的なエピソードを絡める

オリジナリティを出すために必要になってくるのが具体性です。

アピールしたいことに対し、なぜそれがあなたのPRポイントなのかを、表すことのできるエピソードを合わせて伝える必要があります。

相手が納得しやすいように、取り組んだこと、自分が考えたこと等を詳しく書きましょう。

 

インターンシップは本当に就活に有利になる?参加は必要?

 

大切にすべきポイント3:入社後にその企業でやりたいことを書く

自己PRはその企業へ就職のためにするものです。

ですから、単に私は○○が得意です!○○ができます。だけ書くのではなく、それを仕事でどう活かして、就職してどんな仕事がしたいのかを絡めて書きましょう。

そうすることで、企業の採用担当者も、あなたを採用した際のイメージがしやすくなります。

 

元人事が教える!インターン選考に通過する志望理由の書き方

 

これまでのチェックポイントを意識した例文紹介

self-pr3

以上の自己PRの書き方を生かした、例文をご紹介します。

志望企業は、営業力があることで有名な広告会社を想定しています。

これはあくまで例文です。企業によって、伝えるべきPRポイントは変わってきますし、あなた自身の強みも違うものであるはずです。

まるまるコピーをしたりせず、あなた自身のPRポイントを自分の言葉で書くようにしてくださいね!

 

志望動機が思い浮かばない人はこれを参考に!【例文つき】

 

例文

私の強みは、最後まであきらめず目標を達成するということです。

例えば、アルバイト先の飲食店では、同じチェーン店の中で売り上げランキングがあったため、バイトリーダーであった私はランキング1位という目標を立てました。

店長に相談してランキング1位になるための毎日の売り上げ金額と、現状の差を出してもらい、その数字をアルバイト全員に共有し、全員で目標数字を追いかけることができるようにしました。

また、売り上げを上げるための具体的な取り組みとして、オーダーを受ける際にこちらからおすすめを提案することと飲み物が空になる前に、追加オーダーを聞くということをスタッフ全員で取り組むことを提案し、実行しました。

その取り組みでランキング上位にはなったものの、1位まで数字が足りなかったため、自分自身で周囲の会社に宴会のチラシを直接持ち込みお願いすることで宴会数を増やし、半年後に見事ランキング1位をとることができました。

目標を達成したことで、人生で一番充実感を感じ、社会人として働く中でも目標達成という喜びを実感したいと思っています。

貴社の営業職は高い目標を追いかけていると説明会でお聞きし、私も高い目標に創意工夫して全力で取り組み、達成の喜びを感じたいと思っています。

 

インターンで受かるES/履歴書の例・書き方10のポイント

 

まとめ

office

いかがでしたでしょうか?

自己PRの書き方のイメージがつきましたか?

大切なポイントを最後にまとめると・・

ESで自己PRを書き出す前にチェックすべき3つのポイント

  • 志望企業の研究をしっかりすること
  • 企業の求める人材を理解すること
  • 自己分析をしっかりすること

 

自己PRを作成時に大切にすべきポイント3つ

  • オリジナリティを出すこと
  • 具体的に書くこと
  • 自分のやりたい事を書くこと

です。

就職活動で避けては通れない自己PR。

自分の言葉でしっかり自分自身を企業に伝えましょう!

 

プロフィールを書いて後は待つだけ!新しい就活サイト『ゼロワン新卒スカウト』をチェックする

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です