大学1年生・2年生からインターンシップを始めたほうがいい

大学生活にもすっかり慣れた大学一年生二年生(大学1回生2回生)の皆さん。「何か新しいこと始めたい!」なんて思ったら、インターンがおすすめです。

大学1年生、2年生から参加できるインターン募集企業は多数あります。

「インターンシップ」…という言葉は聞いたことがあるけれど、実際のところそれが何なのかよくわからない。そもそもインターンシップって何?

就活生がやるものだし自分たちにはまだ関係ない、なんて思っている一年生二年生も多いと思います。

しかし、インターンシップは就活生のためだけのものばかりでなく、大学一年生や大学二年生から参加できるインターン募集もあります。

ここではインターンシップとはそもそも何なのか?大学1年・2年から始めた方がいい理由を紹介していきます。

 

大学1年生・大学2年生歓迎の有給インターン・有給インターンシップ募集

 

インターンシップとは?

write

インターンとは、学生が就職する前に、経験を積んでおく目的で、一定の期間働く就業体験のことです。

インターンシップには長期インターン、短期インターン、セミナー型、見学型、実践型インターン、有給インターン、無給インターン、と様々な種類・名称があります。

日本では、インターンシップは主に就活生がするものだというイメージがありますが、実際は、就活生のみでなく低学年の学生向けのインターンもあるため学生なら誰もが参加できます。

 

大学1年生・大学2年生におすすめ!インターン初心者・未経験者向けのインターン無料相談会

 

 

インターンシップとアルバイトとの違い

「インターンシップ生として働いてお金をもらう」…これならアルバイトと同じじゃないか!と思われるかもしれませんが、インターンシップとアルバイトはちょっと違います。

主に違う点は2つ就業の目的と対象者です。

本来アルバイトをする目的として、お金を稼ぐことが主な目的であると思いますが、インターンシップはスキルアップを目的としているものであり、その職種についてのもっと具体的な経験ができ、またそれと同時にある程度の責任を負うものです。

また、アルバイトは、学生、主婦、フリーターなどあらゆる世代の人々が従事することができるものですが、インターンシップは就業前の学生向けと限定されています。

 

インターンシップとアルバイトの違いとは?両立はできる?

 

学業との両立が大変になる場合も…

インターンシップというと勤務条件が週2日〜3日、というものが多く、必修科目が多く授業のコマ数が多い一年生にはなかなか参加しづらいものかもしれません。

また、テスト前や課題との両立の大変さから参加をするか悩みどころです。

しかし、企業は大学での学業の重要性を認識しています。そのため企業によってはその旨を伝えればテスト期間はスケジュールを調整してくれたり、休みをもらえたり、と融通を利かすことができます。

 

授業との両立が可能!週1日〜2日から無理なく参加できるインターンシップ募集

 

1年生2年生からインターンシップを始めることのメリット

building

【出典】https://pixabay.com/

”就活生がやるもの”と思われがちなインターンを大学1年生2年生から始めることのメリットとは具体的にどんなものでしょうか。ここでは3つのメリットをご紹介します。

インターンを経験することで、将来の目標が見えてくる

まず一つ目のメリットとして、将来の目標が具体的に見えてくる、ということが挙げられます。

インターンを通して、自分の興味ある職種についてより深く知ることができ、ぼんやりとした自分の将来像を具体的にイメージできるようになります。

また、大学1年生2年生のうちからはじめているからこそ、もし自分が希望する職種が想像と違った場合など、違う職種でやり直しができるというメリットがあります。

大学生は、月平均で60時間アルバイトをしていると言われています。

大学1年間で720時間。大学1年から卒業までの4年間では合計2,880時間です。

これだけの時間があったら、何でも習得できそうな気がしませんか?

インターンシップをやることで、具体的に将来やりたいことが見つかって、かつそれを実現する力を身につけられるのがインターンシップの魅力です。

 

就活前のインターン経験が、私のキャリアを決めました。

 

インターンはアルバイトよりも稼ぎやすい

2つ目のメリットとしてインターンは稼ぎやすいというメリットがあります。

一般的なアルバイトの時給は900円〜1200円程度ですが、有給のインターンシップであれば多くの場合が時給1000円以上貰えるケースが多いです。中には時給2,000円というインターン募集求人も存在します。

さらに、インターン期間を通じて実力をつければ、インターンでも昇給できるs制度を取り入れている企業も多数あります。

昇給制度とは、能力に応じて給料が上がっていくシステムのことですから、大学1年生から始めたら大学3年生4年生の頃には多くの給料がもらえることが期待できます。

 

キャリアバイトは一石二鳥!有給インターンがおすすめ

 

インターン経験は、就活で圧倒的に有利になる

3つ目のメリットとして、就活でのアピールポイントができて就活が有利になることです。

「サークルで部長をしていました!」

「バイトリーダーをしていました!」

これらも十分に素晴らしい自己アピールですが、実際就活が始めると、ほとんどの就活生が面接で同じようなことをアピールします。。

採用する企業担当者側から見れば、この手の自己PRはだいたい同じ様に見えてきて、優劣をつけることが難しくなります。

一方で、大学1年生2年生の頃からインターンシップに参加している学生は少なく、採用担当者からすると、その経験はとても興味が湧きます。

また、就活が始まる頃にはインターンを通じて実力もついているでしょうから、話題性として興味をも持ってもらいやすいだけでなく、スキル面・実力面から見ても、あなたの就活面接で大きな武器になります。

 

就活に有利!大学1年・大学2年生対象のインターン・インターンシップ募集

 

社会人とのコミュニティができる

『あなたはもっとも多くの時間をともに過ごしている5人の平均である。』

これは、アメリカの有名な起業家の言葉です。

普通に大学生活を送っていると、ほとんど同世代とのコミュニティしかできません。

それはそれで居心地はいいですが、同世代のコミュニティばかりにいると、思いもよらない経験や、全く知らなかった情報にあまり出会う機会はありません。

大学キャンパス内のコミュニティとは別に、自分の知識や視点を引き上げてくれるような、社会人とのコミュニティを作れることも、インターンシップの醍醐味です。

 

社会人とのコミュニティを作ろう。大学1年・大学2年生対象のインターン・インターンシップ募集

 

参加できるインターンはどうやって探せばいいの?

【出典】https://www.pexels.com/photo/working-office-laptops-technology-8169/

【出典】https://www.pexels.com/photo/working-office-laptops-technology-8169/

ところで、そもそもインターンはどうやって探せばいいのでしょうか。

探し方として、インターン募集サイトで探す、キャリアコンサルタントが主催する無料相談会に参加する、大学のキャリアセンターに相談する、主にこの3つの方法があります。

 

インターンシップ募集サイトで探す

日本最大級のインターンシップ募集サイト「ゼロワンインターン」がおすすめです。

ゼロワンインターンでは、掲載しているインターン募集の全てが有給インターンのため、アルバイト代わりに始めやすいですし、何より大学1年生・大学2年生を歓迎しているインターン募集の求人が多数掲載されています。

大学1年生・大学2年生のインターン特集に興味のあるある方はぜひチェックしてみてください。

 

日本最大級のインターン募集サイト「ゼロワンインターン」でインターンシップ募集を探す

 

キャリアコンサルタントが主催する無料のインターン相談会に参加する

インターン募集サイト見ても、どんなインターン内容なのか、評価はどうなのか、自分に合っているのかがイマイチ分からない。

また初めてインターンに応募するので、面接対策や選考対策もしっかりできるか不安。

そんなインターンシップ初心者・未経験者にはインターンシップ相談会がおすすめです。

プロのキャリアコンサルタントが、無料でインターンに関する相談やES対策・選考対策・あなたに合ったインターンシップの紹介までしてくれます。

下記で紹介するインターン相談会は、個別相談会なので大学1年生・2年生でも安心して参加できます。

 

平日毎日開催!インターン初めての大学1年生・2年生に好評のインターン無料相談会

 

大学のキャリアセンターに相談する

大学のキャリアセンターに相談してみるという方法もあります。

大学のキャリアセンターでもインターンシップ情報を持っている場合があります。

ただし、扱っているインターン募集はそれほど多くないのと、給与が発生しないインターンであることが多いため、アルバイト代わりに探すには情報として物足りないことはあります。

メリットとしては、キャリアセンターの職員が相談に乗ってくれるケースがあるので、キャリアセンターに行って、自分の興味あること、やりたいことを踏まえ相談してみることも良いと思います。

 

大学生のうちにやるべきこと、やってよかったこと7選

 

まとめ

大学1年生2年生の皆さん、いかがでしたでしょうか?

今から思い切ってインターンシップを始めれば、お金も稼げますし、自分の将来やりたいことも見つけやすいですし、将来迎え流就活準備として、同級生の中で頭一つ抜け出すことができます。

大学1年生・2年生からのインターンシップ参加は、一石二鳥どころか、一石三鳥、一石四鳥のメリットだらけの選択です。

まずはどんなインターン募集があるのか、チェックすることから始めてみて、気になる募集があれば、勇気を持って応募してみましょう。

 

日本最大級の有給インターンシップ募集サイト「ゼロワンインターン」でインターン募集企業を探す

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です