ゴリゴリの元トップ営業マンだった社長が恋愛サービスを立ち上げた理由


【プロフィール】

 

有薗 隼人(ありぞの はやと)

 

株式会社GEAR 代表取締役

 

青山学院大学卒業後、新卒でGMOインターネット株式会社に入社。インターネット広告の営業を担当し、月間トップの営業成績をおさめる。
大手企業GMOインターネット時代に学んだ営業・広告・マーケティングなどのノウハウを活かし2011年に株式会社GEARを設立。

 

株式会社GEARはIT企業として事業を拡大してきたが、2017年より婚活事業への取り組みを開始。婚活情報サイト「ミラコロ」や、結婚相談所「ミラージュ」の企画・運営を手がけている。

 

IT企業として成長を続けるなか、なぜ婚活事業に参入したのか。同社代表の秘めた想いと若い世代に伝えたいことを伺ってみた。

新卒で入社したのは大手IT企業。営業として活躍する日々。

 

インタビュアー:本日は宜しくお願いします!有薗さんは前職で、トップセールスマンだったと伺いましたが。

 

有薗:そうですね。と言っても電話営業のみなんですよ。法人向けにやっていたんですが、自分の契約したお客様に前職時代は一度も会ったことがありません。電話営業のみで約2年間で1億5,000万円くらい売りましたね。

 

 

インタビュアー:え、電話営業だけですか?それは結構大変だったんじゃ、、、

 

 

有薗:入社してから3ヶ月くらいは本当に辛かったですよ。
当時の上司も厳しかったですからね。毎日同じお客様に電話して怒られて、また電話して怒られての繰り返しでした。途中で仕事に飽きてきてしまって、上司に相談したら「仕事は反復なんだこのやろう!」ってめっちゃ怒られて目が覚めました。(笑)
だから飽きないように、自分で仕事の楽しみを見つけようって思考に変わりましたね。それが結果として数字に出たんだと思います。

 

インタビュアー:素晴らしいですね。私も営業をやっていますが、顔が見えない人に契約をお願いするってなかなかできることじゃないですよね。

 

有薗:そうかもしれませんね。でもおかげで、人に会わなくても電話だけで仲良くなることは得意になりましたね。電話越しで、その人の話し方やトーン、特徴などを耳で感じることができるようになったので、それは今でも活きていますね。電話である程度どんな人かわかります。

 

 

20代で起業したきっかけは?

インタビュアー:そんななか、起業するということはいつ頃から考えていたんですか?

 

有薗:もともと私の父親が塾の経営者だったんですよ。27歳で社長になっていました。小さい頃からその姿を見ていたので、自分もいつか社長になると決めていましたね。

 

一応、父親のこともあるので大学時代は教育学部で教員を目指しました。ただ自分には合わなかったんですね。大学卒業後、すぐ先生になってしまうのでは世の中のこと何も知らずに終わっちゃうなと思ったんです。そのまま教師になる人というのは就職活動もしたことが多いですからね。

 

もちろん教員の方を否定するわけではなく、いろんな思考力をつけたいと私は思ったので前職の会社に入り経験を積むことにしたんです。

 

 

インタビュアー:そういう経緯だったんですね。そんな有薗さんが立ち上げたGEARは今、インターネットのメディア・広告事業をされているそうですね。

 

はい、前職の経験を活かし、自社メディアの運営・Webサイト制作などをメインに行なっています。
実は昨年、新規事業で婚活メディアを始めたんです。

 

え、婚活ですか、、?具体的にどういう事業をされているんですか?

 

有薗:今当社でやっているのは、婚活情報サイト「ミラコロ」(https://miracolo.me/)の企画・運営を行っています。

 

話題のマッチングアプリをリサーチしたり、運営会社への取材、あとは婚活体験者へのインタビューなんかも載せています。
婚活に関する情報発信を目的としていて、皆さんが婚活するうえでちょっと気になる情報を日々更新しています。

3人に1人はマッチングアプリで異性と出会っている?!

 

 

インタビュアー:そういえば最近、マッチングアプリはCMやSNS広告でもよく見かけますね。

 

有薗:そうですね。マッチングアプリは今、厳密に探してみると100種類以上あるんですよ。結婚相手や恋人を探すだけではなく、ビジネスの場でのパートナー探しに使われていたりもするんです。

 

当社は婚活事業をメインにしているので、恋愛系のマッチングアプリにフォーカスしています。「Omiai」や「Pairs」などはご存知の人も多いと思いますが、Facebookと連携して参加しやすくなっていたりしますね。

 

あげたらキリがないんですが、いろんなアプリがあるので逆に皆さんどれを使ったらいいのかって迷っているんじゃないかと思います。

 

インタビュアー:確かに。私も登録したことあるんですが、利用したことのある友達の話を参考にして選びました。

 

有薗:そうなんです。やっぱり使ってみないとわからないし、どんな異性が登録しているのか気になりますよね。

 

そこで当社は、運営会社にアプリの特徴やユーザー層を取材したり、アプリ利用者に感想を伺ったりしています。

例えば、皆さんもネットで買い物をするとき、口コミや評価をチェックしますよね。同じ目的を持った人の意見だから参考になる。なので当社も、婚活に特化して企業とユーザーの声を配信していこうと思っています。

 

インタビュアー:でもマッチングアプリって、怖いなって思っている方もいるんじゃないでしょうか。

 

有薗:そうですよね。そういった方も多いと思います。
それに使ってるのが恥ずかしいとか、友達に知られたくないって思いもあるんじゃないかな。

 

でもそれって日本人特有なんですよ。世の中に出回っている情報が少ないので、色々考えちゃうんですよね。実は海外だと当たり前のようにマッチングアプリを使っていて、SNS経由やマッチングアプリで出会うことは日常的になっています。

 

それに今の日本は少子化問題や晩婚・晩産化の進行が凄まじいですよね。社会的・国家的な問題に直面しているのにあまり危機感を抱いていないというのは不思議だと思うんです。なので私は婚活事業を通して、社会に貢献できればと考えています。

 

インタビュアー:なるほど。そういった思いがあったんですね。もともと御社はITの会社だと思うんですが、婚活事業に踏み切ったのは斬新ですね。

 

有薗:自社でメディアを運営するにあたって、その業界で1番をとりたかったんですよね。グルメで言えば「食べログ」、コスメは「@コスメ」とかサイトの拡大を考えた時に、どこのマーケットで戦えるのか考えました。

 

介護や葬儀とか、候補はありましたが正直なんでもよかったんです。1番が取れれば。

今いる社内メンバーの特性や、これからの社会動向を考えたら婚活だ!ってなりました。私自身もマッチングアプリの経験者なので、それも参考になるかなと。

 

もともと営業職だったこともあり、やるからには上を目指しますよ。

 

インタビュアー:それで婚活メディアが誕生したんですね。今は大学生でもマッチングアプリを利用してる子も多いと聞きましたが。

 

有薗:そうですね。SNSが当たり前の世代なのでやっている子も多いと思いますよ。

 

この事業を始めて知ったんですが、現状だと3人に1人はマッチングアプリで異性と出会っているそうです。結婚に限らず、いろんな方に出会えるメリットはありますからね。

 

当社も大学生が働いてくれていますが、今後はそういった若い子たちから情報を発信していってほしいと思っています。

若い世代と一緒に盛り上げていきたい。ベンチャーだからできること。

 

 

インタビュー:そうですね。これから御社の婚活事業をどのように拡大していくのでしょうか。

 

有薗:今は「ミラコロ」の他に、結婚相談所「ミラージュ」の運営をしています。正式には今年の9月にスタートさせました。Webだけではなく、リアルな面からのサポートもしていきたいと考えています。
ゆくゆくは誰もが知っている婚活・マッチングアプリなんかも開発したいですね。

 

先ほどお話ししたように、現状弊社では、まず自社メディアを大きくさせていく予定です。インターン生にもコンテンツの企画や運営まで、幅広く業務を手伝ってもらおうと思っています。

 

インタビュアー:私も楽しみにしています!今回、御社でインターン生を募集することになりましたが、どんな学生におすすめしたいですか?

 

有薗:婚活事業のお話をしてきましたが、ITや広告業界に興味がある子にはおすすめだと思いますよ。
SEOやWebサイト制作はもちろんのこと、アフィリエイト分野は当社の強みでもあります。個人で月1000万円以上稼いでいるアフィリエイターや大手企業の社長との繋がりもあり、社内にとどまらず周りから刺激を受けることも多いと思います。

 

自分でコンテンツを企画し、運営から収益化するまでベンチャーならではのスピード感が味わえると思います。IT業界を目指す学生にとって、授業では学べない実践的な経験ができますよ。

 

インタビュアー:それでは、最後に長期インターンシップに参加しようとしている学生にメッセージをお願いします。

 

有薗:学生時代ってやりたいことが見つかりにくいと思うんですよね。私も飲食店や塾講師などでアルバイトしていて、普通の大学生でしたし。

 

起業してから思うことなのですが、もっと早く行動して自分の会社を持てばよかったと思っています。いくらお金を積んでも時間は買えないですからね。

 

なので、大学生も時間を無駄にしないでほしいですね。やろうと思っているのにやらずに終わる後悔はしないでほしいです。大学生のうちは失敗しても大丈夫ですよ。1000万円ぐらいの借金もどうにかなりますから。恐れずチャレンジしてください。

 

この記事を読んで、少しでも当社の事業に興味を持ってもらえたらぜひインターンに来てみてください。立ち上げたばかりのメディアを一緒に大きくさせていきましょう。

 

もちろん、恋愛したい!婚活したい!という方も歓迎です(笑)

 

株式会社GEARのライター/編集/カメラマンインターンシップ募集詳細・応募はこちら

 

〜当記事に関連する特集〜

1.ライター/編集/カメラマンのインターン・インターンシップ募集特集
2.Web/IT業界のインターンシップ募集特集
3.広告・出版・マスコミ業界のインターンシップ募集特集
4.東京都のインターンシップ募集特集
5.港区にある企業のインターンシップ募集特集

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で