外資系のインターンは内定に直結する?実態と選考対策法


日本企業と同様に、外資系企業でもインターンシップを開催しています。

学生のみなさんからの知名度が高い企業だと、Googleやマイクロソフト、Facebookなどが挙げられます。

外資系企業では日本企業とは本選考の選考方式や選考時期、さらにインターンの重要性も大きく違います。

外資系企業のインターンに参加する時には、日本企業のインターンシップに参加する時には違う心構えが必要になります。

ここでは外資系企業のインターンシップの特徴やその対策について、調べていきましょう。

 

外資系企業のおすすめ長期有給インターンシップ募集情報まとめ

 

外資系企業と日本企業の違いとは

外資系企業の定義をみなさんご存知でしょうか?

意外かもしれませんが、実は明確な定義はないんです。

今回の記事では以下のように定義づけしたいと思います。

  • 海外企業が日本に子会社をする場合
  • 海外企業と日本企業が共同出資する場合
  • 日本企業が海外企業に買収された場合

上から順に就活生にがイメージしやすいと思います。

基本的には、日本企業の色よりも外資系企業の経営方針などを反映していることが多いです。

共同出資の場合は、出資比率が多い企業が経営方針を決定することになりますが、今回の場合は海外企業の資本比率が高いケースを紹介します。

いよいよ、外資系企業の特徴について調べていきましょう。

 

外国人/留学生歓迎のおすすめ長期インターンシップ募集情報まとめ

 

徹底的な実力主義

外資系企業では、実力主義の企業が多いです。

年次や役職ではなく、あなた自身の成果によって仕事を任せてもらえます。

若いうちからでも大きなプロジェクトを任せてもらえるので、成長スピードは早いでしょう。

しかし、逆にいうと仕事のできない社員は、会社に長くいることはできません。

アップオアアウトと言われるように、仕事で成果を上げ続けることが求められます。

優秀な人材しか残らないので、周囲のレベルも高く、吸収することも多いでしょう。

 

ロジカルシンキング・論理的思考力が身につくおすすめの長期インターン・有給インターンシップ募集情報まとめ

 

給料の水準が高い

企業にもよりますが、同業の日本企業と比較して、給料の水準が高いです。

海外では日本よりも転職が活発なため、優秀な人材を抱えておくために、高い給料を支払いしているのでしょう。

日本支社でも、その傾向は変わりません。

高い報酬を得ることを就活の軸に考える学生は、外資系企業の企業を選択肢に入れてもいいでしょう。

 

時給1000以上のおすすめインターン求人まとめ

 

オンオフをはっきり分ける

有休消化率の高さや、退勤後の時間を大切にする風潮は日本企業よりも優れているでしょう。

仕事を高いクオリティで行うという義務を果たせば、権利を主張することは、当然と考えているのですね。

海外の成功者の話を見ても、休む時間や睡眠時間を重要視する方は非常に多いです。

日本企業でも、休みを取得することに関して、寛容になりつつありますが、外資系企業ほど強くは根付いてはいないでしょう。

 

千代田区のおすすめインターン・インターンシップ募集求人まとめ

 

外資系企業のインターンの特徴

外資系企業のインターンシップの特徴は、内定に直結することが大きな特徴です

日本企業のインターンのように、就活の準備として参加する感覚だと痛い目に会うかもしれません。

ここでは、日本企業のインターンシップと海外企業のインターンシップについて比較していきましょう。

 

分析力が身につく長期インターン・有給インターンシップ募集求人まとめ

 

日本企業のインターンの特徴

日本企業のインターンの特徴としては、下記のようになります。

  • 期間は1day~1週間のものが多い
  • 企業体験や就業体験のものが多い
  • 選考には直結しない

日本企業のインターンシップは就職活動の一環ではありますが、選考に直結するものではありません。

イメージでいうと、会社説明会の延長といった形でしょうか。

簡単なワークショップなどは行いますが、あくまで目的は企業理解のものが多いです。

企業側も就活生に向けて、自社のPRを行いたいと考えていますので、学生を丁寧にもてなしてくれる企業が多いです。

選考には、直結しないというところが日本企業のインターンシップの一つの特徴です。

 

1dayインターンって本当に意味あるの?元人事に聞いてみた

 

外資系企業のインターンの特徴

外資系企業のインターンの特徴は下記のようになります。

  • 期間は1週間~1ヶ月程度
  • グループワークや課題解決型のプログラムが多い
  • 選考に直結する

外資系企業のインターンでは、内定に直結することが大きな特徴です。

インターンシップで選考活動を行ってはいけないというルールは、日本の経団連が定めたルールであり、外資系企業は従う必要はありません。

このルールはあくまで倫理憲章のため、罰則も設けられていないので、外資系企業は優秀な学生がいたら、その時点で内定を出してしまうのです。

そのため、外資系企業のインターンシップに参加が決まった学生は、本選考の一環という意識を持って参加する必要があります。

プログラムも、課題解決型のグループワークやフェルミ推定を用いたものなど、あなたのスキルを測るものが多いです。

また、ジョブと言われるように、実際の業務に対する姿勢やスキルを見て、学生を判断することもあるようです。

外資系コンサルや外資系銀行などはインターンはもはや、本選考の山場です。

ジョブの成果が内定に直結するという認識でいいでしょう。

フェルミ推定の知識などは、覚えていなければ、確実に対応することができないと思いますので、目を通しておきましょう。

 

コンサルティング業界ののインターン・インターンシップ募集情報まとめ

 

外資系企業のインターンの選考対策とは

インターンに参加するためのフローは、意外とシンプルです。

外資系企業の選考フローはもちろん企業によって異なりますが、下記のようになります。

  • 書類選考
  • webテスト/筆記試験
  • 面接
  • ケース面接

といった形になると思います。

最後のケース面接はあまり馴染みがないかもしれませんが、書類選考から面接までのフローは大きく変わりはありません。

では詳しく見ていきましょう。

 

マーケティングのおすすめ長期有給インターンシップ募集情報まとめ

 

書類選考について

書類選考では、基本的には日本企業との書き方と、大きな差異がないと思っていただいて構いません。

1つ異なるところがあるとするならば、文章能力の高さが重要視されることでしょうか。

外資系企業では、優秀な学生を採用をしたいと考えていますので、熱意や人柄よりも、その学生の能力を重視します。

文章作成能力も、その学生の能力を大きく指し示すので、文章の論理構成も意識しましょう。

 

ライター/編集/カメラマンのおすすめ長期インターンシップ募集情報まとめ

 

webテスト/筆記試験について

外資系企業のwebテスト/筆記試験は一般的に難易度が高いと呼ばれています。

特に外資系コンサルティング企業では、その傾向が顕著で正答率も非常に高い水準が求められるようです。

論文形式試験が行われるなど、学生にも高い能力を求めていることがわかります。

また、外資系企業で働くために必須の、英語力も問われることが多いです。

特に英語力は入社後に社員とコミュニケーションを取るために必須なので、勉強しておく必要があります。

 

英語を活かせるおすすめ長期インターン・有給インターンシップ募集情報まとめ

 

面接について

面接では、あなたが面接官の質問の意図を把握し、それに対する正確な返答をする必要があります。

こちらは外資系企業に限った話ではありませんが、意識しておきましょう。

質問に対する端的な回答や、ビジネスマナーを守った回答などはもちろん必須ですが、いずれも外資系の企業に限った話ではありませんね。

 

ビジネスマナーが身につくおすすめインターン求人まとめ

 

ケース面接について

ケース面接はあまり馴染みのない言葉だと思います。

一般的にケース面接の際に求められる知識は、「フェルミ推定」の知識です。

フェルミ推定とは、例えば「日本のオムツの一日の消費量はいくつか」といった問題です。

これらのとりとめのない数値を、計算しておおよその値を導き出すことを行います。

例えば上記例題でいうと

  • 日本の総人口は1億2000万人
  • 平均寿命は80歳
  • 0歳~80歳まで各年齢ごとの人口が同じだと仮定すると、1億2000万(万人)÷80(歳)=150万人
  • オムツを使う年齢が、0歳から2歳までだとすると、150×3=450万人がオムツを利用することになる、、

といった形で導きだします。

このフェルミ推定で大切なことは、結果ではなく経過になります。

結果の数字は違うかもしれませんが、考え方の過程であなたの素養が認められれば、問題はありません。

難しい質問に焦ってしまうと、ケース問題を考え抜いて回答することは難しいと思います。

わからない問題に対しても、落ち着いて考えることを忘れないようにしましょう。

 

神奈川県のおすすめインターン・インターンシップ募集求人まとめ

 

まとめ

外資系企業のインターンシップが内定に直結する理由や、その内容及び、選考対策についてお話しました。

外資系企業への就活を目指す学生にとって、インターンは本選考の一部です。

他の就活生よりも早く準備をすることになりますが、そのぶん他の学生よりも早く成長できるでしょう。

 

日本最大級のインターンシップ募集サイト『ゼロワンインターン』で外資系のインターン情報を探す

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で