インターン面接で聞かれる定番の質問5選!答え方を紹介

インターンに参加する場合は、長期であっても短期であっても、選考面接を通過しなくてはならないケースが大半です。

 

面接ではインターンに参加する意気込みや人柄、マナーを確認されるので、インターンの面接でもしっかりと対策をしておかなくてはなりません。

 

ここでは、インターンと就活の面接の違いや、面接でよく聞かれる質問と答え方を5つご紹介します。

 

インターン無料相談会〜企業選び・応募・ES/面接対策までサポート!

 

インターンと就活の面接は何が違う?

就活の面接は長期間雇用する前提のため、企業側の選考基準も厳しく設けられており、源泉採用の傾向があります。また、「その企業でどのようなキャリアプランを築きたいのか」「将来なにを成し遂げたいのか」といった、長期的な視点で面接官にアピールしなければなりません。

 

一方インターンはキャリア形成のために実施されるため、企業側も就活の面接ほどは厳しく選定せず、比較的ライトな選考が行われる場合が多いです。面接でも「なぜインターンに参加したいのか」「インターンで何を学びたいのか」といった、短期的な視点からの質問が大半。主体性をしっかりとアピールすれば、インターンに採用される可能性は高くなるでしょう。

 

とはいえ、インターンの面接であっても就活と同様、意気込みや人柄、マナーといった基本的な部分はしっかりと確認されます。対策をせずに挑んでしまうと、希望のインターンに参加できなくなってしまう可能性があるため、面接のシミュレーションは万全にしておくべきです。また、人気企業のインターンであれば倍率も高くなるので、就活レベルに対策しなければ選考通過は厳しくなるでしょう。

 

英語力が活かせるインターンを探す

 

インターンの面接でよく聞かれる5つの質問と答え方

インターンの面接では、よく聞かれる定番の質問というのがあります。あらかじめ、どのような質問をされるかを把握し対策できていれば、本番に焦らず冷静に回答することが可能です。

 

また、企業が何を知りたがっているのかという質問に隠された意図をくみ取ることで、面接官の納得のいく回答ができるはず。選考通過の確率を高めるためにも、ここからご紹介する定番の質問については事前に回答をシミュレーションしておきましょう。

 

あなたにぴったりの長期インターンを紹介!ゼロワンインターン主催のインターン個別相談会(無料)

 

1.自己PRをお願いします。

自己PRに関する質問の意図は、主に3つあります。

 

まず、あなたの人柄を知るため。インターンや新卒採用では、スキル以上に人柄やポテンシャルを重視した採用になるため、面接官は「どのような個性を持った人か?」を見抜こうとします。個性を理解してもらいやすくするためにも、あなたの一番の強みを理由と共に堂々と伝えましょう。

 

次に、企業で活躍するために必要になる長所やスキルを持っているかを知るため。営業職であれば強い精神力やバイタリティ、システムエンジニアやコンサルタント職であれば論理的思考力、事務職であればコツコツと緻密な作業を努力できることといったように、職種や企業によって求められる長所やスキルは様々です。面接官は自己PRで長所をヒアリングすることで、仕事に適性がありインターンでも活躍してくれるかどうかを予測します。

 

そして、スキルのレベルを知るため。大会やアプリなどの開発、TOEICなどテストの実績は、客観的にスキルのレベルを図るための基準となります。インターンではそこまで実績は重視されないものの、面接官は自己PRでエピソードを聞くことで、しっかりとスキルを持った人材だと判断します。今までに何か実績を残している場合は、余すことなくアピールするようにしましょう。

 

このように、自己PRはあなたを採用するかどうかの重要な判断基準となる質問なので、回答する時には強みを裏付けるエピソードとともに伝えてください。

 

コンサルティング業界で働く経験を積もう!コンサルティング業界のおすすめインターン募集まとめ

 

2.なぜ我が社のインターンに参加したいのですか?

志望動機を問う質問は、中途半端な気持ちではなく、インターンの内容を理解して本気で参加しようとしているかを確認するために行われます。

 

インターンを受け入れる場合、社員が教育したり、有給インターンの場合は給与を支払ったりと、企業側にも負担が発生します。それだけのコストをかけても問題ない人材か、意欲を問うのは当然のことです。

 

回答する際は、志望企業のインターンの内容やビジネスで何を重視しているのかについて事前にしっかりと調べておき、それらに絡めて志望動機を伝えましょう。また、将来どのような職種への就職を考えているのか、そのためにインターンでどのようなスキルを身につけたいのか、といったことも整理して筋道立てて伝えると、格段に説得力が増します。

 

内定直結型のおすすめ長期有給インターン・インターンシップ募集情報

 

3.インターンに採用されたら何をしたいですか?

採用後に何をしたいのかという質問も、志望動機を確認する意図が込められています。

 

インターンに参加したら何をすることになるのか理解していないままの人を受け入れると、教育や指導の時間と手間がかかってしまうので、企業としては好ましい状況ではありません。

 

対策としては、インターンの内容はホームページを熟読して把握し、職種や業界研究をして働く姿を具体的にイメージしてみましょう。そして、インターン内容のどこに魅力を感じ、何を成し遂げたいのかを伝えると、面接官に好印象を与えることができます。

 

また、希望するインターンや仕事内容に興味を持った理由となるエピソードがあれば、それも絡めて答えることで熱意がより伝わるでしょう。

 

大学生のうちにやるべきこと、やってよかったこと7選

 

4.学校では何を勉強しているのですか?

あなたの人柄や能力を知るために、学校生活のことを質問されるケースも多々あります。

 

この際、選考している学部や学科の知識がなくても理解できるよう、分かりやすく内容を説明することが重要です。そして、インターンの参加理由に結び付けたり、大学で学んだことに対して自分はどう感じているかを伝えたりして、学業に真剣に取り組んでいることをアピールしましょう。

 

例えば、情報技術系の学部でIT企業のインターンに参加する場合など、大学で学んでいることとインターンの関連性が強い場合には、大学で学んだことをインターンで活かし、実践的なスキルを身につけていきたいことをアピールしてください。そうすることで、インターンの参加理由は強く裏付けられますし、仕事で必要になる基本的なスキルが身についていることを伝えられますので、選考でも有利になるはずです。

 

マーケティングスキルを磨こう!マーケティングのおすすめインターン・インターンシップ募集まとめ

 

5.インターンの期間や勤務日数の希望はありますか?

インターンの募集要項を事前に確認した上で、それを満たした参加期間や勤務日数を回答します。

 

一見事務的な質問のように思われますが、どの程度の期間、どのくらいのシフトで参加できるかは、インターンのカリキュラムを組んだり、今後の採用活動をどうするか検討したりする上で非常に重要になります。

 

仕事の相性を見てから長期間参加するか決めたい場合は、「まずは3か月間チャレンジして、再度どうするか判断してもよいでしょうか?」と正直に伝えることをおすすめします。そうすることで、企業側もインターンの進め方を考えやすくなるためです。

 

なお、ここで伝えた期間や日数はきちんと守れるよう努力してください。採用されたいがために、自分のキャパシティを超えた日数を伝えて、それを達成できないと印象が悪くなってしまいます。

 

不動産業界のおすすめ長期インターンを探す

 

まとめ

インターンの面接は就活に比べるとハードルが低い傾向にありますが、通過するためには万全な対策が必要不可欠です。ここでご紹介した定番の質問はしっかりとシミュレーションし、具体的に回答できるよう準備しておきましょう。

 

企業は面接で、あなたの本気度や仕事の適性を見抜こうとしています。真面目に熱意をアピールし、インターンで活かせるスキルや経験があればしっかりと伝えてください。完全な未経験であっても、インターンでどのようなスキルを身につけ、どう活かしていきたいのかはきちんと考えておくべきです。

 

さらに、インターンの面接を経験すれば就活の面接のトレーニングになります。就活が本格的にスタートしてからも面接を有利に進めるためにも、インターンの面接は手を抜かず挑みましょう。

 

事務・アシスタントのおすすめ長期インターンを探す

 

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"