なぜインターンに参加すると就職活動で有利になるの?

グラフを書くビジネスマン

就職活動を意識してインターンに参加する学生も多いほど、インターンは就職活動で有利になると言われています。

 

確かに、インターンに参加するだけで就職活動に活かせる経験は積めます。でも、せっかくなら「なぜ就活で有利になるのか?」という真意をおさえて、意識しながらインターンに取り組むことで、より有益な時間を過ごしたいですよね。

 

そこで今回は、インターンに参加すると就職活動で有利になる理由を5つご紹介します。

 

インターンの目的や意味を徹底解説!

 

インターンに参加すると就職活動で有利になる5つの理由

インターンは実際に企業で働くことで、仕事の内容を理解してキャリア観を形成し、スキルを身につけるために行われます。とくに長期インターンであれば、給与をもらいながら社員と同じレベルの仕事に取組み、社会人とほぼ同じ生活を過ごすことになります。

 

そんなインターンは、どのようなポイントで就職活動に有利になると言われているのでしょうか?主な理由は5つあります。具体的に見ていきましょう。

 

東京都のおすすめ長期インターン・インターンシップ募集情報

 

1.選考の練習ができる

インターンは就職活動と同じく、書類選考や面接に通過することで参加が決まります。一生を左右すると言っても過言ではない「採用」につながる就職活動よりも、ライトな気持ちで挑めるインターンの選考は、就職活動の模擬体験としても最適と言えます。

 

確かに、インターン選考の方が採用基準は厳しくない傾向にあります。しかし、倍率の高いインターンも多数存在しますし、選考担当者に熱意が伝わらなかったら当然インターンの内定も出ませんので、いずれにせよ選考対策は万全に取り組む必要があるのです。

 

履歴書の書き方や面接でのマナー、自己PRや志望動機の作り方といった選考対策は、すぐに身につけられるものではなく、考えるのにも練習するのにも時間がかかります。就職活動が始まると、書類提出の締め切りが次々と押し寄せて、面接も毎日のように行うことになるので、じっくりと勉強したり練習したりする時間がとれないことがしばしば。

 

そんな選考対策をインターンで経験しておけば、就職活動でも心に余裕が生まれますし、経験して慣れているため過度に緊張することもなくなるでしょう。インターンで失敗しても一生を左右するレベルのことではないので、どこがダメだったのか見つめなおし、再チャレンジもしやすいです。インターンに採用されれば自身につながり、就職活動でも成功パターンを再現すれば内定の可能性は高まるでしょう。

 

このように、就職活動の模擬体験ができるという点だけでも、インターンに参加する価値は大いにあるのです。実際の就職活動を見据えて、万全に対策して選考に挑みましょう。

 

インターン初心者・未経験者歓迎のおすすめ長期有給インターンシップ募集情報

 

2.業界・職種研究ができる

業界研究や職種研究は、本やインターネットで情報収集して行うのが一般的です。それでも基本的な知識を身につけることはできますが、インターンに参加して得られる知識とはやはり比べ物になりません。

 

どの業界・職種にも良い面や悪い面がありますが、本やインターネットでは良い面だけが紹介されており、実際に入社した際にミスマッチだと感じて、早期退職してしまうというケースが多々あります。しかし、インターンに参加することでリアルな業界や職種の姿を体感でき、自分にマッチしているのか、本当に将来性があるのか、ということを判断することが可能になります。

 

また、インターンで参加した業界や職種だけでなく、関りのある業界や職種についても詳しくなれるので一石二鳥です。インターンで業界や職種の理解を深めるためにも、自分の業務だけにしか興味を持たないのではなく、他の部署はどのような仕事に取り組んでいるのか、企業としてどのような業界の会社と付き合いがあり、どのような仕事を依頼・受注しているのか、といったことにまで視野を広くして見てみましょう。そうすることで、インターンで得られる情報量は格段に差がついてき、就職活動でも圧倒的に有利になります。

 

IT業界志望の学生におすすめ!IT業界の長期インターンシップ募集情報

 

3.自分の適性が分かる

誰しも、憧れの仕事は漠然と持っているかと思います。その仕事はなぜ憧れたのでしょうか?ドラマでかっこよく描かれていたから、社会的にステータスの高い仕事だから、テレビのCMでよく見るから、などといったところでしょうか。

 

確かに、これらの理由で仕事に興味を持つのは素晴らしいことです。しかし、本当に自分にマッチした仕事であるかは判断がつきませんよね。

 

誰もが憧れる大手企業であっても、リストラにあったり過労死につながってしまったりと、ミスマッチが悲惨な結果を招くことにつながりかねません。本当に自分にマッチした仕事で長く安定して働くためにも、インターンに参加して自分の適性を見極めることが重要になります。

 

また、同じ業界や職種であっても、企業によって社風や求められるスキル、マッチする人柄は異なります。どのような企業であれば居心地よく働けるかということを理解すれば、就職活動でも自分にマッチした志望企業を探しやすくなります。

 

インターンに参加するということは、就職活動で内定が得やすくなるだけでなく、自分にとって働きやすい企業を探せるという点で大きなメリットがあるのです。

 

勤務地・業種・職種から長期インターンシップ求人を探そう!

 

4.ビジネスマナーが身に付き、社会人とのコミュニケーションに慣れる

長期インターンであれば、数か月に渡って企業のメンバーとして働くことになります。長期間社会人として仕事をこなしていくと、自然とビジネスマナーが身に付き、スマートな身のこなしやメール・電話対応ができるようになります。就職活動の面接では、当然ビジネスマナーもチェックされるのですが、付け焼刃的なぎこちなさは面接官に見破られてしまうもの。それだけで内定が得られなくなってしまう訳ではありませんが、やはり自然なビジネスマナーを身につけているだけで、評価は格段に高くなるのです。

 

また、日々社会人と働くことで、目上の人とコミュニケーションをとるのにも慣れてきます。社会人とコミュニケーションをとる際の、敬語の使い方や距離感の取り方に慣れておけば、面接でもナチュラルに会話ができ、好印象を与えることが可能です。

 

大学生活やアルバイトだけでは中々身につけることのできない、社会人としての身のこなし方をインターンで習得すれば、就職活動でもライバルに差をつけることができます。

 

事務/アシスタントの仕事の面白さを体験しよう!事務/アシスタントのおすすめインターン募集まとめ

 

5.志望動機や自己PRに説得力が生まれる

インターンに参加すれば実務を経験でき、頑張り次第では高い実績を残すこともできます。インターンを通じて学んだ仕事の面白さや身につけたスキル、残した実績を就職活動でアピールすれば、大きな評価ポイントになりますし、志望動機にも高い説得力が生まれます。

 

仕事に取り組む際にどのような工夫をしたか、その経験を志望企業でどのように活かせるか、といったことを具体的に伝えることができれば、面接で負けることはないと言ってもいいでしょう。

 

入社後にも実際にそのスキルや経験を活かすことで、同期と大きな差をつけることができ、上司からも高い評価を得ることが可能です。社会人として良いスタートダッシュを切るためにも、インターンは貴重な経験ができると言えるのです。

 

内定直結型の長期インターンを探す

 

まとめ

インターンは就職活動で有利になるだけでなく、社会人になってからも活かせる経験を積むことが可能です。

 

今回ご紹介したポイントを事前に把握し、インターンに取り組む際にもしっかり意識してみてください。そうすることで、同じインターンでも密度の濃い時間を過ごすことができ、より就職活動で有利になる経験ができるようになるはずです。

 

インターンでは積極的に何でも吸収する意識を持って、有意義な時間を過ごせるようにしましょう。

 

広告・出版・マスコミ業界のおすすめインターンをチェック

 

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"