ライターのインターンは何するの?仕事内容や種類を解説


好きなことや興味のあることの魅力を文章にして世に広める「ライター職」に、あこがれている方も多いのではないでしょうか。

 

近年はWebコンテンツの需要の高まりから、長期有給インターンの求人数もクラウドソーシング上の求人数も増加している傾向にあります。

 

また、ライターと一口に言っても種類は様々で、どんなライターになるかによって求められるスキルも異なります。

 

今回は、ライターの仕事内容とライターのインターンに参加するメリットを紹介いたします。

 

ライターのおすすめ長期インターンをチェック!

 

ライターのインターンの仕事内容とは

ライターの仕事内容は多岐に渡り、多くのライターは自分の専門分野をベースに複数のジャンルを掛け持ちして仕事を行います。

 

数あるライターの種類の中から、代表的なものをいくつか見ていきましょう。

 

1.Webライター

最近求人数が急増しているWebライター。

 

インターネットや書籍で調べた情報を元に、Webサイト上のコンテンツやコラムを執筆していきます。

 

雑誌や書籍など紙媒体のライターよりも1案件あたりの報酬が低い傾向があるため、記事を量産していくことで稼ぐことになります。

 

長期インターンの求人数も多いので、将来ライターを目指したい方は、まずはWebライターから仕事をはじめてみることをおすすめします。

 

2.取材ライター

経営者や著名人などに取材をして、その情報を元に原稿を執筆する取材ライター。

 

他の人が取材してきた音源を元に記事を書き起こす場合もありますが、基本的には自分で取材に赴いて質問し、記事のネタになる情報を引き出していきます。

 

取材相手は業界やある分野をリードする一流の人である場合が多いため、基本的なビジネスマナーを身につけておくのはもちろんのこと、相手から貴重な話を引き出したり、深掘りしたりするためのコミュニケーション能力やヒアリング力も求められます。

 

3.専門ライター

音楽、ゲーム、フード、医療、美容、金融など、自分の得意分野を専門とするライターのこと。

 

第一線で活躍するためには、そのジャンルのことであれば誰にも負けない専門家だと、胸を張れるレベルの高い知見を常に持っておかなければなりません。

 

専門分野がニッチであるほど競合ライターが少なくなるため重宝されますが、あまりにもニッチすぎるとそもそもライターとしての需要がなくなるため難しいところ。

 

似たようなカテゴリーに属する得意分野を複数持っておき、あのジャンルであれば〇〇さん、と思ってもらえるよう、ライターとしてブランディングすることが多いようです。

 

特定のジャンルの第一人者として広く認知されるライターになれれば、場合によっては書籍化やコメンテーターとしての声もかかる可能性も。

 

いずれにせよ、ライターになるには何か得意分野を作っておくことをおすすめします。

 

4.コピーライター

広告のコピーライティングを行うコピーライター。

 

クライアントの要望に基づき、企業や商品の魅力を最大限に引き出す文章を考えだします。

 

魅力を端的に表したキャッチコピーと、詳細を少し長い文章で表したボディコピー両方を手掛けるケースが大半。

 

事実をそのまま記載するのでは面白みがなく、広告としても注目を集められないので、今までにはない着眼点から商品の魅力に切り込む発想力や、人の心に刺さる表現力が強く求められる仕事です。

 

いきなりフリーのコピーライターとして活躍するケースは少なく、広告代理店のコピーライターとして実績を積み、フリーランスとして独立するケースが一般的です。

 

5.ルポライター

社会問題を題材に取材を重ねて記事化するルポライター。

 

社会問を深掘りし、客観的に事実を書くことで読者に問題提起する、社会的にも影響の大きな仕事です。

 

出版社や新聞社から依頼を受けて取材する場合と、自分でテーマを見つけ出して記事を書き売り込む場合があります。

 

自分で売り込む場合は、記事を買い取ってもらわないと取材費や原稿料を得られず、ニッチなテーマや他の人が容易に取材できないテーマに取り組まないと生計を立てるのは難しい傾向です。

 

6.シナリオライター

映画やドラマ、舞台のストーリーやセリフをシナリオとして書き上げる脚本家のこと。

 

バラエティ番組などの台本を書くのは放送作家やディレクターの仕事になります。

 

取材や調査を元に文章を書くのではなく、ゼロからストーリーを練り上げていかなければならないため、他の種類のライターとはまた違ったスキルが求められます。

 

作品や番組の土台を作り上げる重要な役割を果たす、やりがいの大きな仕事です。

 

広告業界のおすすめインターンをチェック!

 

ライターを目指すために必要なこと

ライターの約7割がオールジャンルに対応していると言われますが、それでも得意分野を持っている人が大半。

 

そのため「このジャンルのことであれば誰にも負けない」という得意ジャンルを持てるよう経験を積んでいくことが重要です。

 

得意ジャンルは最初から持っておかなくても問題なく、幅広いジャンルの記事を執筆する中で、興味のある分野や需要のある分野を見つけ出すこともできるでしょう。

 

ライターの長期インターンは、未経験でも参加できるケースがほとんどですが、基本的な文章力を見るためにテストライティングが行われる場合が多いです。

 

そのため、色々な長期インターンに応募してテストライティングにチャレンジしてみましょう。

 

また、ライターのインターンに参加したりライターを目指したりする場合は、自分のブログを持っておくこともおすすめします。

 

テストライティング以外にもポートフォリオとして自分の文章を見てもらえる可能性につながりますし、文章を書くのが好きだという評価を得られることにもなります。それに、ブログを執筆することで文章を書くことを習慣化させ、文章力を鍛えることもできます。

 

東京都のおすすめ長期インターンをチェック!

 

ライターの長期インターンに参加する3つのメリット

ライターにも様々な種類がありますが、どの種類であってもライターの長期インターンに参加することで以下のメリットを享受できます。

 

1.文章力・表現力が身につく

ライターは、文章を書いて対価を得る仕事です。

 

もちろん毎日文章を書くことで文章力は磨かれますし、対価に見合った文章に仕上げることを意識することで文章力や表現力はより鍛えられていきます。

 

Webライターの長期インターンに参加した場合、毎日1,000文字以上の記事を3本以上書くというケースも多いので、長文を書くことへの抵抗感もなくなり、テストの小論文や卒論を書くときにも余裕が生まれるでしょう。

 

また、長期インターンでライターを経験しておくことで、ライターとしての就職にも有利になり、場合によっては就職せずにいきなりフリーライターとして独立することも可能です。

 

文章力を鍛えてみたい方や、将来ライターになりたい方は、長期インターンの参加を絶対におすすめします。

 

2.幅広いジャンルに詳しくなれる

駆け出しのライターは得意分野を中心に、色々な分野のライティングを請け負うことで成長していきます。

 

ライターの長期インターンも特定のテーマだけでなく、色々なジャンルの記事執筆を依頼される場合が大半なので、幅広いジャンルに詳しくなれて知見が広がります。

 

興味のない分野であっても、将来の仕事に活かせることも多々あるので、何事も勉強だと思って前向きに取り組むようにしましょう。

 

3.ヒアリング力・要約力が身につく

取材ライターを経験すれば、色々な第一人者の話を聞くことができます。

 

いい記事に仕上げるためにはいい話を引き出す必要があるので、ヒアリング力やコミュニケーション能力が鍛えられるでしょう。

 

またどのライターにも共通して言えますが、記事を書く場合は、聞いたり調べたりしたことをダラダラと書くだけではいけません。

 

自分なりにかみ砕き、読み手に伝わりやすいように編集する必要があるので、要約力も身に付きます。

 

このような基本的なスキルはどの仕事であっても活かせるので、就活や社会人になってからも有利に働きます。

 

起業したい学生のための長期インターンをチェック!

 

まとめ

ライターの長期インターンに参加すれば、文章力や表現力を鍛えられるだけでなく、色々なジャンルに詳しくなることもできるため、人間としての深みを増すこともできるでしょう。

 

大学生活でも社会人生活でも、文章を書く機会は大変多いものです。長文を書くことに慣れておけば、何かと有利に働くことは間違いありません。

 

ライターに興味がある方はもちろん、将来フリーライターとして独立したい方や、文章力を鍛えてみたい方は、ぜひライター職の長期インターンに参加してみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で