Webディレクターのインターンは何するの?仕事内容を解説


Webサイトの制作を指揮・監督する役割を担うWebディレクター。

 

長期インターン求人も多いWebディレクターですが、どのような仕事内容か具体的に知らない方も多いのではないでしょうか。

 

もはや私たちの生活に欠かせない存在となったネットショッピングやインターネット予約サイトをはじめ、あらゆるWebサイトの構築を指揮するWebディレクターの仕事は、今後も需要が大きく伸びていく見込みです。

 

今回は、Webディレクターの仕事内容や長期インターンに参加するメリットを紹介いたします。

 

ディレクターの長期オススメインターンをチェック!

 

Webディレクターのインターンの仕事内容とは

Webディレクターとは、Webサイト構築のプロジェクトを監督・指揮・管理する役割を担います。

 

プログラマーやWebデザイナー、ライターなどWeb制作に関わるスタッフをまとめ、クライアントの要望通りのWebサイトを構築していきます。

 

主な業務は、スケジュール管理やコンテンツの品質管理、プロジェクトメンバーの選定、クライアントとスタッフ間の調整など。場合によっては自分でコピーライティングを行うこともあり、全体のディレクションから実務まで幅広い仕事に携わります。

 

では、Webディレクターの仕事の流れを具体的に見ていきましょう。

 

1.Webサイトの課題のヒアリング・分析

制作会社のWebディレクターであれば、クライアントのWebサイトを構築・改善することが仕事になります。

 

新規サイト構築であれば、どのような機能が必要で何を目的にするサイトなのかをヒアリングし、既存サイトの改善であれば、現時点での課題をヒアリングしてデータを元に改善点を分析します。

 

課題のヒアリングがおろそかであれば、クライアントが求めるWebサイトを構築することができません。Webディレクターの長期インターンに参加すれば、相手の悩みや要望を的確に聞き出し、最適なソリューションを導き出すためのヒアリング力が身に付きます。

 

2.Webサイトの企画・提案

ヒアリングや分析した課題を元に、Webサイト制作のコンセプトを明確にして企画を進めていきます。目的やターゲット層を明らかにし、目標のアクセス数や成約率を達成するためのコンテンツや機能を検討。納期までのフェーズをスケジュール化して、どの程度の工数が発生するか見積もりを行います。

 

この企画がプロジェクトの出来上がりを決めることになるため、クライアントとも綿密な打ち合わせを繰り返し、認識に齟齬が発生しないようプログラマーやWebデザイナーといった制作チームともミーティングを行います。

 

提案した企画で受注が決まったら、いよいよプロジェクトを進行させていきます。

 

Webディレクターの長期インターンでは、提案時の資料作成やマーケティング調査をサポートすることが多くなるため、ExcelやPower Pointといったビジネスツールを使いこなすスキルを身につけられるでしょう。

 

3.Webサイトの制作ディレクション

まずはプロジェクトの制作チームに適切なメンバーをアサインしていきます。各人が抱えている仕事の量や、得意とするデザインやプログラミングスキルを考慮して、クライアントが求めるWebサイトを構築するために最適なメンバーを組みます。

 

そして、スケジュールに沿ってプログラマーやデザイナーに指示を出し、あがってきた制作物の品質を管理していきます。

 

スケジュールに遅れが発生していないか、常に進捗管理をする必要があるため、メンバーとも密なコミュニケーションを行うことが求められます。

 

また、Webディレクターの最大の役目は「メンバーに気持ちよく仕事をしてもらうこと」です。そのため、クライアントから言われたことをそのまま制作メンバーに伝えるのではなく、一度Webディレクターが可能かを判断したり分かりやすくかみ砕いたりして、メンバーに伝えていく必要があります。

 

また、Webディレクター自身もコピーライティングやサイト構成のワイヤーフレームを制作することがあるので、そのようなスキルを高めていくことも求められます。

 

Webディレクターの長期インターンに参加すれば、マネジメント能力や幅広い専門スキルが身につくこと間違いありません。

 

4.Webサイトの公開

いよいよ制作が完了したら、公開前にバグや誤植がないかを綿密にチェックして、公開後にも問題なく稼働しているかをリサーチしていきます。

 

修正すべき箇所があった場合は、適宜修正の指示を行います。基本的にはWebサイト公開前にバグや誤植は洗い出しておくべきですが、Webサイトの特性上後からでも修正は可能です。

 

公開前には会員登録ページや商品の詳細ページ、購入・問い合わせページなど、サイトにとってとくに重要になるコンテンツを重点的にチェックしていきます。

 

5.Webサイトの効果検証

Webサイトは公開して終わりではありません。

 

クライアントが求めていた目標を達成しているか、アクセス解析ツールなどでデータを分析して効果検証する必要があります。

 

また、場合によってはWebサイト制作後のコンサルティング業務を任される場合があります。

 

その際は、サイトの課題を適宜分析して、データを元に仮説を立てて、実施すべき改善施策を提案・実行していきます。

 

ベンチャー企業のおすすめインターンをチェック!

 

Webディレクターの長期インターンに参加する3つのメリット

Webディレクターの仕事はプロジェクトチームをまとめる力やスケジュールを管理する能力、コミュニケーションスキルや交渉力といった、高いビジネススキルが求められます。

 

これらの能力はWebディレクターだけでなくどの仕事でも活かすことができ、とくに役職や管理職に昇進したときにも活用することが可能です。

 

大学生の内からWebディレクターの長期インターンに参加すれば、次のようなメリットを享受することができます。

 

1.マネジメントスキルが身につく

プロジェクトチームに適切な人材を配置して、各メンバーの強みや生産性を最大限に高めるためのマネジメントスキルが身につきます。

 

どのように依頼すれば力を発揮してもらえるか、どのようなタイミングで声をかければスケジュールに遅れることなく進行できるか、といった俯瞰した視点も得られるため、レベルの高いスケジュール管理やタスク管理を自然と習得することができるでしょう。

 

2.コミュニケーションスキルが身につく

Webディレクターはクライアントと制作プロジェクトチームの橋渡しの役割を担います。

 

そのため、どちらからも不満がでず、気持ちよくプロジェクトを進めるために必要なコミュニケーションスキルや交渉力が身につきます。

 

クライアントからは課題を正確にヒアリングし、相手にとってベストな解決策を示すことが必要になるため、ヒアリング力や論理的思考力を鍛えることも可能。

 

これらのスキルは就活や社会人になってからも大いに役立つでしょう。

 

3.IT・デザインの専門知識が身につく

プログラマーやWebデザイナーに仕事を依頼するので、必然的にプログラミングやデザインに関する知識を習得することができます。

 

技術者のように専門性の高い知識を習得するまでは求められませんが、重要なポイントや基本的な事項を抑えておくだけでも、Web業界でどこでも通用する人材になれます。

 

今後ますます需要が高まる見込みのWeb業界なので、Webディレクターのインターン経験を通して知識を習得しておいて全く損はありません。

 

IT・Web業界のおすすめ長期インターンをチェック!

 

まとめ

Webディレクターの長期インターンに参加すれば、マネジメントスキルやコミュニケーションスキル、IT・デザインの専門知識を幅広く習得することができます。

 

また、クライアントに喜んでもらえる仕事ですし、公開したWebサイトが成果をあげたら大きな達成感を味わうこともできます。

 

IT・Web業界に興味がある方はもちろん、何か大きなことにチャレンジしてみたい方や、コミュニケーションスキルを身につけたい方は、Webディレクターの長期インターンに参加することをおすすめします。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で