先輩社員が激白!インターンに参加した目的と結果とは?


大学生になり、就職活動のことを意識し始めると、インターンシップに参加すべきかどうかという疑問が湧いてくることもあるでしょう。「就活に有利になるから」「自分の強みを知るきっかけになるから」なんとなくメリットは想像できるものの、一歩踏み出すには勇気がいるものです。

 

そこで今回は、皆さんの先輩たちがどのような理由でインターンに参加し、どのような結果を得られたのかをご紹介していきます。これを参考にしながら、インターンシップ参加に向けて一歩踏み出すかどうか、自分自身と相談してみてくださいね。

 

アクセス抜群!品川区のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

インターンに参加した目的は多種多様

結論から先に言ってしまうと、先輩たちがインターンに参加した目的は多種多様で、その中に正解や不正解があるわけではありません。極論、参加したことのデメリットは一切ないと言っても過言ではないでしょう。とはいえ、何の目的もなく参加をしても、その効果を100%実感することは難しくなってしまいますから、自分は何のために参加をするのか、どういう効果を期待して参加をするのか、先輩たちの意見を参考に考えてみて下さい。

 

しっかり働き、じっくり成長!金融・FinTech業界のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

なんとなく、就活に有利そうだから参加した

 

意外と多いのがこの理由です。まだ社会に出た経験がない学生にとって、働くということのイメージを付けるのは難しいものですし、将来何がしたいのか、どんな職種につきたいのか、明確に決まっている人はまれでしょう。何となく就職活動に有利になると聞いたから、それも立派な志望動機足りえます。

 

そうした理由からのスタートであっても、実際に働いてみることでその会社や仕事の魅力に気付くこともあるものです。最初は全然興味がなかったし、面白いとも思っていなかった仕事が、実際にやってみる中でスキルを積んでいくと、どんどん楽しくなっていき、ぜひその会社に就職したくなった。なんてことはインターンシップの世界ではよくある話。

 

知らないからこそ気付けていない仕事の魅力というのは多いものです。実際、インターン経験があるとないでは就活で話す話題の質も変わってきますので、なんとなくでも参加するだけ得と言えるでしょう。

 

将来は社長も目指せる!起業したい大学生おすすめ長期インターンシップ募集情報

 

入りたい会社があり、そのためのスキルを磨くために参加した

 

ある程度自分のやりたいことや将来入りたい会社が決まっている人は、こうした理由からインターンに参加するケースが多いようです。基本的に就職活動の世界はポテンシャル採用で、スキルや経験というのは重視されないとされていますが、実際にスキルを持っている人がその会社に応募をすれば、必ずや有利に働かせることができるでしょう。夢に向かっての最短距離を進んでいくのであれば、インターンシップにはぜひとも参加すべきです。

 

その際に大切なのは、インターン先の企業を絞り過ぎないこと。将来この会社に入りたいから、この会社のインターン以外は受けない。なんて姿勢の方もよく見かけますが、その考えは少々危険です。

 

インターンと言えども選考はありますし、ともすればそれは就活内定を獲得するよりも狭き門だったりもします。そこで思い通りの結果が出ず、諦めてしまっていては、それこそ自分の可能性を狭めることしかできていません。また場合によっては、希望の会社がそもそもインターンを行っていない、なんてこともあるでしょう。だからと言って就活本番まで何もしないという状態になってしまうと、ライバルの多い就活市場において強力な武器を失ってしまうことになります。

 

まずは将来入りたいと思っている会社が、どんな人を求めており、どんなスキルが必要になるかということを事前にしっかりチェックするようにしてください。そして、その上でそのスキルが磨けるインターンシップ先を探すようにしましょう。

 

そうすれば、場合によっては大手企業のインターンシップより、ベンチャー企業のインターンシップの方が実践的で、より多くのスキルを学べるということもあるかもしれません。

 

企業に入ることを目的とせず、その後も長く活躍していくために必要なものはなにか、という視点で深掘りしながら考えていくことが大切です。

 

インターンをそのまま就活に!内定直結型のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

知らない仕事だったから、あえてインターンとして参加してみた

 

インターン参加の最大のメリットは、短期間で、その会社や仕事の魅力を知れるということです。学生のうちはイメージの中で、こんな仕事絶対にしたくない、この仕事は自分には向いていない、と考えているかもしれませんが、実際にその仕事で活躍したり、満足しながら働いている人もいるのは事実です。

 

実際に働いてこそわかる魅力というのは、どの仕事にもあるものです。もしかすると、最初は嫌だと思っていた仕事が、思いがけず自分の天職だったという可能性も決してゼロではありません。そうした可能性を調べるために、インターンシップ参加するのです。

 

インターンは普通の入社と違い、自分の経歴に傷をつけることはありません。入社したは良いけれど、思っていたのと違った。転職しよう。なんてことになると、あなたの経歴に傷がついてしまし、転職の際の足かせになってしまうこともあるでしょう。しかしインターンシップであればその危険がなく、自分に合わないと思ったのであれば、就職の際の候補からそれを除外すれば良いだけです。

 

消去法的な考え方にはなりますが、実際にその仕事を経験することによって、絶対に入るべきではない会社を見定めることができるのも、就活を成功させるためには有効な手段となります。

 

色んな可能性があり、無数にチャンスがあるからこそ、学生のうちは自分の将来に迷ってしまいがち。やりたい仕事で探すのも大切ですが、逆に絶対にやりたくない仕事を明確にしておくことも大切です。そうした機会を、やり直しがきくインターンで学んでいくことは非常に大切。自分のキャリアをより明確に、精度の高いものとして確立するために活用するのです。

 

縁の下の力持ち!事務/アシスタントのおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

インターン参加にデメリットなし!迷ったら参加を!

インターンシップに参加したからと言って、100%内定が獲得できるようになるわけではないですし、逆にインターンに参加しなければ内定を獲得できないというわけではありません。

 

しかし、参加するからこそ見えてくる世界というのも確かに存在するのです。

 

まだ将来の予定が明確に決まっていないのであれば、まずは社会を学ぶという意味で参加してみてはいかがでしょうか。社会人としての考え方や行動は、将来どんな会社に入っても有効に使えるものです。

 

またある程度将来の希望が固まっているのであれば、そこに必要となるスキルを磨くためにインターンに参加してみて下さい。実践の中で得られるスキルは、必ずや採用担当者の心を動かすエピソードとなって、あなたの就活を有利に運んでくれるでしょう。

 

逆に興味がない職種でも、インターンであれば気軽に参加することができます。インターンに参加したからといって、必ずしもその会社に入社しなければいけないわけではありません。実際にやってみる中で、自分に向いている仕事かどうかを判断し、のちの就活本番に向けた軌道修正を行うのも正解と言えるでしょう。それによって経歴に傷がつくことはありませんから、どんな仕事でも気軽に参加することが可能です。

 

いずれにしても、デメリットらしいデメリットは一切なく、参加することで何かしらの学びを得られるのがインターンシップの特徴です。自分の将来をより確実なものとするために、迷っている人は是非とも参加するようにしましょう。

 

日本最大級の長期インターン・有給インターンシップ募集サイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で