迷ったらやった方がいい!大学生時代に経験したいインターン


苦労した受験勉強やテストが終わり、晴れて大学生になれれば、次に考えなければいけないのが「大学で何をするか」。もちろん大学生の本分は勉強ですから、そこをおろそかにするわけにはいきませんが、かと言って大学生に与えられた時間は結構膨大。勉強以外の時間の使い方を考えておかないと、暇すぎてつらい、なんてことにもなりかねません。

 

そんな時間の使い方を考えている大学生に、最近人気なのがインターンへの参加。名前だけは知っていて、参加しようかどうか迷ってる。という人も多いのではないでしょうか。

 

先に言ってしまいますが、インターンの参加を迷うぐらいなら、絶対にやった方がいいでしょう。インターンシップは大学生時代にしか経験できない貴重な体験。今回はそんなインターン参加のメリットに関して解説していきます。

 

インターン初心者・未経験者歓迎のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

大学生活で一番大事なことは、自分の将来のキャリアを探すこと

まず第一に、大学生が在学中の4年間でしなければならないことについて解説していきましょう。結論からお伝えすると「自分の将来のキャリアを探す」ということです。今までは小学校を卒業したら中学校、中学校を卒業したら高校、そして高校を卒業したら大学と、ある意味特別考えなくても、次に進む道というのがざっくりと見えていました。

 

しかし大学を卒業したら待っているのは社会。何をしても良いし、逆に言えば何もしなければ何も起こらない厳しい世界です。

 

その社会に出るための準備期間として存在するのが大学。新入生であったとしても、卒業後の進路についてのイメージを日々描いておくことが大切と言えるでしょう。

 

 

多くの人が一般企業への就職を目指す=就活という戦いが待っている

 

日本では多くの場合、大学卒業後は一般企業へと就職することになるでしょう。それが一番オーソドックスな進路と言えると思います。しかしそうなると、どうしても避けては通れないのが「就職活動」という戦いの場。

 

過ぎてしまえば良い思い出にもなりえる就活ですが、当事者としてやっている最中はほんとに苦しくて、たくさんの悩みや壁にぶつかることになるでしょう。むしろ何の苦労もなく就活を終えました。という人の方なんて極めてまれです。

 

一方で、その就活をせずに大学を卒業してしまい、いざ改めて就職しようと考えると、希望の会社に入ることが難しくなるのも日本の特徴。日本では新卒一括採用と、中途のキャリア採用が一般的であり、そのレールを一度でも外れてしまうとどうしても軌道修正が難しくなってしまうのです。

 

既卒や第二新卒が就活で苦戦している、という話を聞いたことがある人も多いでしょう。そう考えると、就活こそが大学生としての努力の集大成であり、一つの目標地点と言えるかもしれませんね。

 

就活で聞かれるのは、「学生時代に頑張ったこと」

 

そんな厳しい就職活動で最も多く出されるのが「学生時代に頑張ったこと」という質問。出来立てのベンチャー企業から日本トップの総合商社に至るまで、とにかくこの質問が出ないところはないと言えるでしょう。

 

企業側としては、この質問を通して、問題提起の能力があるのか、そしてまたその解決のためのアイデアを考える力があるのか、実際にアクションを起こせる行動力があるのか、というのを見ています。それ以外にも、困難にぶつかった時に逃げ出してしまわないか、というのも重要なポイントになるでしょう。

 

とにかくどの場面でも頻出される質問なので、大学時代には何か一つ、胸を張ってやり切ったと言える経験を積んでおくことが大事。

 

そして今、その一つの方法として、インターンシップへの参加に注目が集まっているのです。

 

ではここからは、そのインターン参加のメリットに関して解説していきましょう。

 

内定直結型のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

やったらやった分だけお得!デメリットがないインターンシップ

インターンと一言にいっても、その種類は多種多様。1日単位の短期間のものもあれば、数ヶ月単位の長期で行うものもあります。

 

将来の就活、というのを見越した上で考えていくならば、絶対に「長期インターンシップ」がおすすめ。その上で、できればインターン期間中に給与の支払いがある、有給インターンであればなお良いと言えます。

 

ここからはその理由に関して解説していきます。

 

希望の会社のインターンでなくても就活に活かせる

 

よくインターンシップで誤解されていることなのですが、「インターン先に就職しないと意味がない」「将来入社したい会社にインターンに行かなければ意味がない」というのは大きな間違い。

 

必ずしもその会社に入る、という目標を立てなくても、インターンシップでの経験は就活に活かせます。

 

その一番大きな理由が、ビジネス基礎力。確かに会社や仕事内容によって、必要とされるスキルや知識は異なるでしょうし、そもそもの仕事の進め方も大きく違います。しかし、その軸となっている基本的なビジネスマナーや電話応対の方法といったビジネス基礎力はどこも基本は同じ。

 

多くの大学生は、そのビジネス基礎力すらも身についていない状態で就職活動にのぞむわけですから、インターンを経験している、という事実だけで、他の学生よりも一歩リードできている。ということがわかりますね。もちろん、自分の希望する会社のインターンや、同じような種類のインターンに参加するメリットは大きいですが、必ずしもそうならなくても、確実なメリットは享受できるのです。

 

その上で、先ほど解説した「学生時代に頑張ったこと」が活きてきます。よくあるパターンとして、アルバイト経験や部活動での経験を話す人が多いでしょう。それももちろん素晴らしいことではあるのですが、多くの人がそれを話してしまっているとどうしても面接官も飽きてくる。

 

その中で、インターンで社会を知り、努力をしてきたというエピソードがあればどうでしょう。採用担当者も前のめりで話しを聞いてくれるに違いありません。

 

有給インターンならお金も貰えてアルバイトの代わりに

 

さらにもっと身近な実益の部分として、有給のインターンであれば、やればやった分だけ給与が支払われるので、収入面のメリットもしっかりあるのです。実際、アルバイトの代わりとして利用する人も多くいるんですよ。

 

コンビニバイトや居酒屋バイトなど、大学生がよくチャレンジをしていますが、実際に就職する際は、多くの人がコンビニや居酒屋を避けますよね。同じ時間働いて、その賃金も貰えるのであれば、将来何らかの形で就職活動に活かせるインターンの方がよりお得という考え方もできるでしょう。

 

将来のメリットも得られつつ、今まさにのメリットも得られる。インターンシップはデメリットらしいデメリットもなく、まさに一石二鳥の体験ができる、とても恵まれた場なのだということがわかってもらえたはずです。

 

大学生のうちにやるべきこと、やってよかったこと7選

 

まとめ 将来を見越して、今動くことが大切。インターンシップはやって損をしない貴重なチャンスの場

大学生になれば、その後の人生の歩み方は自分で決めなければなりません。そのまま学問の道に進むのも良いですし、企業に就職して社会人としてキャリアを歩んでいくのも良い。選択そのものが間違っている、なんてことはありません。

 

ただ、その選択をしたときに、今までやってきたことが無駄にならないようにするのはとても大切。多くの大学生が卒業後は企業への就職をしていくことになるでしょうから、その時のことを考えると、インターンは非常に効果的な時間の使い方なのは確かです。

 

もし、どうしようかな、と迷っている暇があるならば、ぜひ一度参加してみることをおすすめします。色んな意味で、自身の可能性を広げることができるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で