将来の夢はとくにない。そんな大学生におすすめしたいこと

世の中は「夢を持て」と声を大にして言います。しかし、「将来の夢がないから、どう就職活動に取り組めばいいか不安」という方も多いのではないでしょうか。今回は、将来の夢がとくにない大学生にぜひ取り組んでいただきたいことを紹介します。

 

インターン初心者・未経験者歓迎のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

将来の夢がないのは普通のこと、自分の個性を知ることから始めよう

大学生の内から将来の夢がハッキリしている人なんてそう多くはありません。将来の夢がないことは普通のことなのです。しかし、だからこそ将来の夢ができれば大学生活も目的意識を持って取り組むことができ、ハリのある生活を送ることができるようになります。また、他の大学生より就職活動で一歩リードすることもできます。

 

まずは、自分の興味関心や特性を知ることから始めましょう。そうすることで、徐々に将来の夢が形作られていきます。

 

自分の「テンションが上がるポイント」を知る

今までずっと取り組んできた趣味や、好きなことは誰しもあると思います。その趣味に取り組んでいるときや、好きなものを見たり聞いたりしているとき、なぜあなたはテンションが上がるのでしょうか?

 

コツコツ自分のペースで地道な作業をすると、夢中になれる。みんなと一つの目標に向かって頑張るのが気持ちいい。好きなものについてずっと考えて分析するのが楽しい。色々あると思います。

 

趣味や好きなものの対象自体ではなく、それに対して自分がどう接しているかという過程に思いを巡らせてみてください。そうすると、あなたの「テンションが上がるポイント」が見つかるはずです。それはあなたの個性であり、仕事でも活かせる強みなのです。

 

興味のあることは何でも取り組んでみる

そこまで夢中になれるものがないという方は、自由な時間が多い大学生の内に、興味のあることは何でも取り組んでみてください。旅行に行くのもよし、気になっていた映画を見まくるのもよし、です。そうすることで、あなたが今まで気がついていなかった「テンションが上がるポイント」を見つけることができるでしょう。

 

逆に、取り組んでみたものの案外自分に合わなかった、という場合もあるでしょう。それもまた一つの大発見です。やりたくないことが見つかれば、それ以外の道を選べばいいのです。自分の肌に合わないことは、仕事にしても克服することはできない可能性が高いです。誰だってそうです。「やってみたけどテンションが上がらないな」という場合は、すぐに次のチャレンジに切り替えていきましょう。

 

好きなことそれ自体を仕事にすることは必ずしも実現するとは言い切れませんが、好きなことに打ち込むときの姿勢を活かした仕事につくことはいくらでも可能です。あなたの心が快適でテンションの高い状態を保てる仕事というのは、素晴らしいものです。

 

まずはあなた自身の個性を知ることからはじめましょう。そのためにも、色々なことに取り組んで「今、自分はどういうポイントに何を感じるか?」と意識してみるようにしてください。そうすると、仕事でも活かせる強みが見つかるはずです。

 

大学生のうちにやるべきこと、やってよかったこと7選

 

将来の夢を見つけるためにおすすめしたいこと

さて、あなたの「テンションが上がるポイント」という個性を見つけたら、その個性はどの仕事で活かせるのかを知る必要があります。

 

この際、イメージは当てにならないことは断言しておきます。ドラマなどで作り上げられた、仕事に対する一般的なイメージはごく一面的なもので、実際の仕事の現場では多様な業務に取り組むことになります。また、職種や業界によってある程度の傾向があることは否定しませんが、同じ職種や業界でも企業によって取り組み方や社風は異なります。

 

なので、将来の夢を見つけるためには、よりリアルな情報を知ることが必要になります。そうすることで、将来の夢が現実になったときのギャップが少なくなり、将来の夢に向けた行動もより現実的なものになるのです。つまり、将来の夢を見つけるためには「仕事を知る」ことが重要になります。

 

1.長期インターン

「仕事を知る」ために最も有効なのが、長期インターンです。長期インターンはアルバイトよりも幅広い業界・職種で募集しているケースが多く、戦力になる社員として迎え入れられるのでより責任ある仕事を任せてもらえます。また、長期インターンであればアルバイトと同じように時給が発生するものも多いので、アルバイト代わりに取り組み稼ぐことも可能です。

 

長期インターンに参加する場合は、最低でも3ヶ月程度参加することをおすすめします。3ヶ月あれば基本的な業務を一通りこなすことができるでしょう。3ヶ月以上参加すると、よりステップアップした仕事を任せてもらえる可能性もあります。そうすることで、より仕事に対する理解が深まります。

 

また、長期インターンは掛け持ちも可能です。時間と体力に余裕があれば、色々な会社の長期インターンに参加してみましょう。シフトはアルバイトよりも比較的融通が利きやすい会社が多いので、掛け持ちする場合は社員の先輩に相談してみましょう。

 

長期インターンのメリットは、仕事だけでなくビジネスマナーや会社の仕組みにも詳しくなれることにもあります。メールや電話対応、社会人との話し方などビジネスマナーに詳しくなれると、就職活動でも圧倒的に有利です。入社後も他の同期が新入社員研修で学ぶことを、自分はいち早く習得できることにもなります。入社後にライバルと差をつける意味でも大きなメリットがあります。

 

会社は、様々な部署がそれぞれ専門的な仕事に取り組むことで成り立っています。その仕組みを知れば、自分のやりたいことをどのように提案して誰に協力してもらえば実現できるか、ということがイメージしやすくなります。長期インターンに参加している間は、自分の配属された部署の仕事だけでなく、他部署の仕事や関係が強い部署はどこかということも意識して見てみるようにしましょう。他部署の社員の先輩に話を聞いてみることで、仕事について新たな発見もあるでしょう。

 

2.働く人のインタビューを読む

仕事のプロを特集したテレビ番組でもいいですし、Webサイトに上がっているインタビューでもいいです。働く人のインタビューを読めば、仕事に対するイメージが掴みやすくなります。

 

大抵、インタビューでは「苦労したこと」と「それをどう乗り越えたか」というストーリーが描かれます。その際、「苦労したこと」に自分ならどうアプローチするかということを考えてみるようにしてみてください。自分の強みを活かしてどう乗り越えるかというシミュレーションは、社会人になってからも活用できます。

 

また、自分に近い考え方やアプローチ方法を行う仕事は、あなたに向いているかもしれません。憧れのプロがいる業界・職種を目指すのもいいでしょう。

 

将来の夢は、実現できてこそあなたのためになります。ある意味で「実現できる夢を持つ」ことが、目的意識を持った行動にもつながりやすくなります。「自分はどう感じるか?」「自分ならどうするか?」ということを常に意識して、将来の夢を見つけてみてください。

 

あなたにぴったりの長期インターンを紹介!ゼロワンインターン主催のインターン個別相談会(無料)

 

まとめ

将来の夢がないからといって焦る必要はありません。あなたの個性、強みは必ずあります。まずはそれらを自分で発見し、強みを活かせる仕事を探してみましょう。また、長期インターンを活用して実際に仕事に取り組むことで、将来の夢をより明確に描けるでしょう。将来の夢が見つかったら、大学生活や就職活動も目的意識を持って取り組めるので、やりがいを感じることができます。ぜひ、あなたらしさを活かせる夢を掴んでください。

大学1年生・2年生から始められる有給インターンシップはこちら

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"