大学生がビジネス英語力を鍛えるおすすめの方法とは?

グローバル社会と言われるように、近年はビジネスの現場でも英語力が求められるケースは増えてきています。他の就活生よりも強い武器を持つために、大学生からビジネス英語力を鍛えたい。そう思う学生も少なくはないでしょう。

 

英語を学ぶ方法はたくさんありますが、大学生活の中で無理をせずに学んでいくためにはどうするのが一番効率的なのでしょうか。

 

今回は、英語力を身につけたい大学生の皆さまに向けて、ビジネス英語力を鍛えるおすすめの方法をご紹介します。

 

ビジネス英語が学べる!外資系企業の人気インターンシップ募集

 

英語力は就活時はもちろん、就職後のキャリアアップでも大きな武器になる。

さきほども軽く触れましたが、日本の企業もグローバル化が進み、ビジネス英語力はますます求められる場面が増えているスキルと言えるでしょう。会社によっては、オフィス内の公用語を英語にしたり、ある程度上の役職につくためには英語力が必須、というところもあるぐらいです。

 

そこまでは行かなくても、英語力があるということはある種特別な才能ですから、就職活動で他の学生とは違う強みとして話せたり、もしくは就職したのち、新規事業の一環として、海外事業を任されるきっかけになることもあるかもしれません。

 

それぐらい、無駄になることがほとんどないスキルとも言える英語力。これを効率的に磨いていくためにはどうすれば良いのでしょうか。私たちからは、4つの方法をおすすめします。

 

外国人留学生も多数!グローバルな人材がいる企業のインターンシップ募集まとめ

 

おすすめの方法4位.ダブルスクールで語学学校へ

一つ目の方法としておすすめなのが、ダブルスクールで語学学校に通うという方法。ダブルスクールとは、大学での講義終了後に、別の専修学校に通い、特化した知識を身につけていくこと。ダブルスクールには、外国語を学べる語学学校もあれば、簿記や会計スキルが磨ける学校、アート、デザインが学べる学校など様々なところがあり、自分の伸ばしたいスキルに合わせて自由に選ぶことが可能です。

 

ビジネスマンになってから英会話スクールに通う人も増えている現状ですから、大学生の時からそういった経験を積んでいくことができていれば、かなりのアドバンテージを得られるのは間違いないでしょう。

 

ただ一方で、2つの学校に通うわけですから、時間的な制約も厳しくなりますし、通うためには数十万円という予算も必要になってきます。学費のためにアルバイトも同時進行でやっていく、なんていうことは現実的ではないため、ある程度お金と時間に余裕がある人でないと始めにくいのが実際のところです。

 

英語を活かせる長期インターンシップ・インターン求人情報

 

おすすめの方法3位.海外留学を経験する

おすすめの方法2つ目は、海外留学をすること。習うより慣れろとは良く言ったもので、周りを外国人に囲まれ、英語を話さなければならない状況を自ら作り出せば、自然とその習得も早まるものです。

 

特にビジネス英語に関しては、教科書に載っている内容を丸暗記すればマスターできるようなものではありません。実際にたくさんの外国人と話しながら、その場その場にあった言葉を体で覚えていくことが大切と言えますね。

 

それ以外にも、海外で長期間生活することにより、その国独自の文化や考え方を知る機会にもなり、自分自身の視野もきっと広がるはず。単に英語力を身につけること以外にもたくさんのメリットがあると言えるでしょう。

 

ただこれも、先ほどのダブルスクールと同じく、予算は数十万単位でかかるため、気軽に始められるものではありません。そもそも、その大学が海外留学を支援してくれるところでなかったり、留学のためには試験に合格しなければならない場合もあったりと、すでにある程度の英語力は保持した状態で、大学選びの段階から考えてチャレンジしていかないと、参加そのものも難しくなってしまうかもしれません。

 

また、留学をしている間は就職活動ができず、就活の波に乗り遅れてしまう場合もあります。ある程度先を見越した上で、参加を決めていく必要がありますね。

 

TOEICやTOEFLの勉強をしたい学生、英語を使う仕事がしたい学生におすすめインターン募集情報

 

おすすめの方法2位.外国人が集まるシェアハウスに住む

少し変わった方法としては、外国人が集まるシェアハウスに住む、というのもおすすめです。シェアハウスはキッチンやリビングなどが共有部になっており、同じ建物にする人同士で交流を持ちながら生活する、最近流行の住宅です。

 

シェアハウスの特性上、同じ趣味や目的をもったコミュニティを作ることが前提で建てられた物件もあるため、そこで外国人が集まるシェアハウスに住み、英語力を磨いていくという方法です。

 

海外留学をするのと同じような効果を得られつつ、予算をかけずに実施ができるという点でとてもメリットのある方法と言えるでしょう。シェアハウスは一般的な一人暮らし用の住宅よりも家賃がお得なところが多いですからね。

 

ただその分、日々の生活を誰かと一緒に行っていくことになりますので、一人暮らしがしたい、誰かに干渉されたくない、という人にはあまり向きません。共同生活も含めて楽しめる人向けの方法と言えるでしょう。

 

大学生のうちにやるべきこと、やってよかったこと7選

 

おすすめの方法1位.英語を使ったインターンに参加する

最後におすすめするのが、英語を使ったインターンシップに参加をする、という方法です。先に述べたように、英語を仕事で使っている企業は、日本にも多く存在します。そこでのインターン=就業体験をすることで、実際に働いて給料をもらいつつ、同時に英語力も伸ばしていけるのがこの方法。

 

ある意味アルバイト感覚で稼いでいきながら、同時に英語力を磨いていけるため、どんな人にもおすすめできる、お得な勉強方法であると言えるでしょう。

 

また実際の企業に入り、実務を通して勉強をしていくわけですから、英語力だけではなくそれ以外の社会人としてのビジネスマナーや会社の雰囲気などを知れる機会にもなり、のちの就職活動にも活かせるスキルを多数身につけることができるという点でも魅力的ですね。

 

インターンは大学3年生の、就職活動前に行うもの。と思っている人も多くいますが、実はそれらはインターンシップの中のあくまでも一部分。大学1年生や2年生の時から参加ができる長期インターンも数多く存在しますので、大学に入ったらすぐにチャレンジすることも可能なんですよ。

 

お金を稼ぎながら、英語スキルも磨ける!英語力を使った長期有給インターンシップ募集

 

まとめ

大学生の本分はその学校での勉強であり、そこをないがしろにするわけにはいきません。だからこそ、ある程度時間的な制約や金銭面での制約というのはどうしても発生してしまうものです。

 

限られた時間の中で、効率的にビジネス英語力を鍛えていくためには、それにあった正しい方法を実践していくのが必要不可欠。ダブルスクールや海外留学はその効果性の高さから、昔から英語力を磨くのに最適な方法と言われていますが、一方で全員が全員実践できるものではないというのもまた事実。

 

それに比べて最近台頭してきたシェアハウスやインターンシップを活用するという方法は、時間や費用をかけずにできる英語勉強法として注目を集めています。

 

特にインターンの活用に関しては、単なる英語力だけではなく、その後の就職活動や、実際に勤務を開始したあとのスタートダッシュにもつながるビジネススキルを同時に磨いていくことができるため特におすすめ。

 

インターン募集サイトインターン相談会などもあり、それらの企業を見つけやすい環境も整っていますので、大学生になったらまずはその方法を試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

お金を稼ぎながら成長できる!日本最大級の長期有給インターンシップ募集サイトをチェックしよう!