就活のやる気がでない。今すぐ試すべきおすすめの思考法


  • 就職活動のやる気が出ない
  • 頑張らなきやいけないのはわかってるけど気が進まない

そんな学生はいませんか?

就職活動は、今後のあなたの人生を決める大きなイベントです。

特に新卒として就職活動することができるのは、人生で一度きりです。

なんとか自分を奮い立たせて、行動しなければいけませんね。

ここでは、就活でやる気が出ない時にどのように奮い立たせればいいか調べていきましょう。

 

渋谷区のインターン・インターンシップ募集情報まとめ

 

やりたいことにこだわりすぎる必要はない

就職活動を通じて、自己分析や業界研究でやりたいことを明確にする必要があると聞かされるのではないでしょうか。

しかし、多くの学生はまだ就業経験も社会経験もないので、明確にやりたいことがわからないこともあると思います。

ここで躓いてしまい、就職活動を始められないという学生もいるかもしれません。

もちろん、自己分析や業界研究の結果、やりたいことが見つかれば、それに越したことはありません。

しかし、就職活動を通じて、多くの社会人と話す中で、やりたいことが見つかることもあります。

もしかしたら、入社後に改めて、自分がやりたいことが見つかる可能性もありますよね。

現時点で将来やりたいことが明確ではなくても、問題はありません。

とっかかりは「少し興味があるな」、程度で十分です。

自分1人で悩んでいては、いつまで経っても就職活動を始めることができないと思います。

まずは就職活動を開始して、色々な情報を収集しにいきましょう。

その中に新しい気づきがあるかもしれませんよ。

 

自己分析のやり方は?おすすめの効果的な方法5選

 

少しでも興味を持った企業を調べてみよう

まずは、先ほどの少しでも興味のある企業や業界について、調べてみましょう。

人間は物事を始める前には面倒と感じていることでも、やってみるとやる気が出る生き物です。

日常生活で例えるのならば、部屋の掃除が挙げられるでしょうか。

これは人間の脳の構造が行動に伴い、やる気をだす、という性質を持っているからです

就職活動にやる気を出すための第一歩として、興味のある企業や業界について調べてみましょう。

ここからは企業の見つけ方・調べ方について紹介していきます。

 

旅行業界の業界研究!現状や今後の課題、売上高ランキング

 

業界研究本を読んでみる

業界研究本を読んでみることは興味のある企業を見つける時におすすめの方法です。

様々な業界の動向や課題などの概要を一冊で理解することができるので非常に効率がいいです。

自分ではあまり興味のなかった業界に対する興味が湧くこともあります。

視野を広げるという意味でも、業界研究本をみることはおすすめです。

書店やインターネットで簡単に見つけることができると思いますので、興味のある方はみておきましょう。

色々な業界を知ることで、就活そのものに対する興味も増大するのではないでしょうか。

 

食品業界の業界研究!企業ランキングと仕事内容とは?

 

ナビサイトを詳しくみてみる

就職活動時には、マイナビ・リクナビをはじめとするナビサイトを利用する学生が多いと思います。

ナビサイトに乗っている情報も興味をもつきっかけとしては十分の情報量が載っています。

企業がナビサイトに掲載する目的は学生を採用するためですよね。

学生からの応募を集めるために、企業は自社の強みや特徴をナビサイト上に記載します。

そのため学生からすれば、ナビサイトを見ることで、簡単な強みや特徴を理解することができるということです。

企業調べとしては十分な情報量とは言えないかもしれませんが、企業をピックアップするという目的は、充分に果たすことができると思います。

 

総合商社の業界研究!大手七社の特徴や仕事内容

 

その会社のHPを見てみよう

興味のある企業を何社かピックアップできたら、その会社HPをみていきましょう。

ナビサイトだけでは理解することができなかったような、その会社の情報が仕入れることができると思います。

特に上場企業であれば、有価証券報告書というものがあります。

これは会社が株主に向け、経営状況を報告するための文書で、会社のお金の流れが全て記載してあります。

平均年収や、売上の割合、設備投資の費用など、就活生が知りたいような情報が多く記載されています。

その会社は現状どのような経営戦略を取っているか、今後どのように事業を展開していくかを理解することができます。

ここまで調べるとその会社に関しての情報は収集できていると思います。

新たな知識を多く収集する中で、それに対する楽しさややる気が出てきているのではないでしょうか?

 

新聞社の業界研究!衰退していく業界?年収、将来性は?

 

選考結果を深く考え過ぎないようにしよう

就職活動に対するやる気がなくなってしまうことの原因として、選考がうまくいっていないということもあると思います。

特に志望度が高い企業からの不採用通知をもらってしまうと、心が滅入ってしまいますよね。

気にするな、という方が難しいかもしれません。

一つだけ覚えておいてほしいことは、人気の企業ともなると、その選考倍率も高くなってしまうということです。

単純な確率論で考えるのであれば、受かったら相当ラッキーくらいの確率です。

あまり深刻に受け止め過ぎず、一つの結果として、受け流す程度でいいでしょう。

また、就職活動の面接は、その会社に合う人材を採用するために行います。

ある意味、未然にミスマッチを防げたということでもありますので、ポジティブに捉えましょう。

もちろん、落選してしまった原因を考えて、次の選考に活かすことは重要です。

反省はしつつ、過度に落ち込みすぎることのないように、落選通知も次の選考へ繋げられるようにしましょう。

 

就職活動の軸が決まらない!対処法と面接での的確な答え方

 

将来のイメージを沸かせてみよう

いろいろ試してみたけど、やっぱり就職活動のモチベーションが上がらないという学生もいると思います。

そんな時には、将来のイメージを沸かせてみましょう。

  • 今就職活動を頑張ることで、何ができるか、
  • 今エントリーしている会社に就職した後どんなことができるか

闇雲に就職活動をするよりも、就職後のビジョンを持って就活に取り組む方が、やる気に繋がりますよね。

内定を得ることが目的ではなく、内定をもらった会社で働くことがゴールですよね。

内定後のことを考えながら就活を行うことで、就活をする意味も見失わずに済むでしょう。

やる気やモチベーションを維持するためにも、目的を意識し続けることは非常に重要です。

 

内定直結のおすすめ長期有給インターンシップ募集情報まとめ

 

まとめ

いかがでしたか?

就職活動は長丁場にはなりますので、モチベーションを保ち続けることは何より重要です。

モチベーションを保つことが難しいくなってしまった時、この記事のことを思い出してくだされば幸いです。

 

日本最大級の長期インターンシップ募集サイト『ゼロワンインターン』

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で