就職先は本当にこの企業でいい?内定ブルーで不安になる原因

苦労を重ね、やっとの思いで獲得した「内定」。就職活動での苦労がやっと報われた瞬間であり、みんなこの日のために就活を頑張ってきたと言っても過言ではないでしょう。

 

しかしその一方で、内定を獲得し、就職活動を終えた途端、急に就職することや社会人としてデビューすることに不安を感じる「内定ブルー」で悩んでしまう大学生が、実はたくさんいるんです。

 

内定、入社、社会人デビュー…本来は素晴らしいものであり、そのために努力を重ねてきたにも関わらず、いざそれが目前に迫ってくると不安の方が大きくなる…。

 

この「内定ブルー」は、そもそもどうして起こるのでしょうか?

 

今回はそんな内定ブルーが起こる原因と、それに合わせた解消法に関して見ていきます。就活生にとっては、内定をとることこそがゴールになりがちですが、その先の社会人生活にこそ本当の戦いが待っています。まずは内定ブルーのような不安はなくしつつ、スムーズな社会人デビューを達成していきたいものですね。

 

ビズリーチ・キャンパスは「同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問サイト」です。 
将来のことを考え始めるタイミングで、母校の気になる先輩に話を聞いてみませんか。

 

就活生の多くが経験する「内定ブルー」。不安を感じるその原因とは?

あまり耳にする機会が少ない言葉かもしれませんが、内定ブルーになる就活生はとても多くいます。本来であれば喜ばしい、うれしいことである内定に対してブルーな気持ちになっている。その事実が受け入れられず、あまりそのことを口にする大学生がいないのが、あまり多くに知られていない一番の原因でしょう。

 

ある意味で、内定を獲得するために頑張ったとも言える就職活動において、なぜ内定をとった途端にブルーな気持ちになり、不安が募ってしまうのでしょうか。実はそこには、明確な基準があるケースがほとんどです。

 

就活生/内定者を襲う「オワハラ」とは?具体例とその対策

 

内定ブルーの原因1.自分自身で、その内定に納得(満足)できていない。

就職活動に大成功し、第一希望の会社から内定を貰えたり、何の後悔もない就活ができたという人は多くありません。むしろどこかで妥協をしてしまった、という人の方が圧倒的に多いでしょう。

 

内定獲得まではがむしゃらに進むこともできましたが、いざ内定を獲得し、立ち止まってみると、本当にこの会社で良かったんだろうか。本当に自分はこの会社に行きたいんだろうか。そんな不安がこみ上げてきてしまう。これが内定ブルーの代表的な原因です。

 

場合によっては、第一希望の企業や心から行きたいと思っていた会社の内定であっても、内定ブルーになる人はいます。それぐらい、当たり前の心理状態だと思ってください。

 

今から内定がもらえるインターンに参加しよう!内定直結型の長期インターンシップ募集

 

内定ブルーの原因2.ブラック企業かも?周りからの評判が良くない。

もう一つ、内定ブルーの大きな原因となるのが、周囲からの評判です。家族や友人に「○○という会社に内定を貰った!」と報告したら、おめでとうの前に「聞いたことがない会社だけど大丈夫?」という風に返された経験がある先輩就活生も多いのではないでしょうか。

 

世の中にはたくさんの会社があり、また就活生やその家族においても、価値観の置き所はバラバラです。自分では納得がいっていても、必ずしも周りが同じテンションで喜んでくれるとは限らない。その温度差が原因で不安が生まれてきてしまうのもよくある例です。

 

また最近では、インターネットでたくさんの情報を仕入れることができるようになりました。そうなると、良い情報を多く得られる反面、良くない情報もたくさん入ってきてしまいます。もしかして、内定をもらった会社はブラック企業なんじゃないか…。自分の感じたものより、周りにあふれる大量の情報に惑わされてしまい、内定ブルーになってしまうのです。

 

企業選びに後悔しないために、まず気になる業界・企業で長期インターンシップをやってみよう!

 

内定ブルーの原因3.本当に社会人デビューができるのか?変わる環境への不安

小学校から中学校へ、また高校生から大学生へ。周りの人間や環境が大きく変わるタイミングでは、誰しも不安になるものです。ましてや社会人デビューともなれば、環境の変化の幅は、今までに経験したどの変化よりも大きくなるでしょう。

 

ちゃんと仕事についていけるだろうか。結果がでなかったらどうしよう。怒られたくない。負けたくない。色々な負の感情がわきあがることでしょう。

 

学生から見た社会人というのは、謎に包まれています。父親や母親がどんな仕事をしているのか、具体的には知らない。という人も少なくはないでしょう。そんなブラックボックス化している社会人という生き方に対して、不安を感じてしまうのです。

 

内定辞退は電話/メール?正しい連絡マナーを解説

 

「内定ブルー」は誰にでも起こる。だからこそ、正しく向き合い、解消法を探そう

内定ブルーの原因となる主だったものをご紹介してきました。これを見れば、内定ブルーが起こらない方が珍しいのではないか、と思えたのではないでしょうか。事実、内定ブルーは誰にでも起こり得るものだと理解しておきましょう。

 

ではここからは、そんな内定ブルーになってしまった時に、少しでもその負担を軽減するための解消法についてみていきましょう。

 

渋谷区のおすすめ長期有給インターンシップ募集情報

 

内定ブルーの解消法1.自己分析や企業研究を改めてやってみよう。

恐らくすべての人が、就活をするときに自己分析や企業研究を行っていると思います。しかし、その研究、時間も量も足りていないことがほとんど。だからこそ、自分が本当に行きたい会社へ、やりたい仕事が定まり切らず、本当にこの会社で良かったのか。と思ってしまうのです。

 

内定ブルーを未然に防ぐためには、自己分析や業界研究などをしっかりと行っておくことが大切です。そしてまた、内定ブルーになってしまった場合にも、改めて自分がやりたい仕事や入社したい会社はどこなのか、ということを考え直すことで、ネットや周りの情報に惑わされることなく、自分が選んだ道に自信を持つことができるようになるでしょう。

 

 

内定ブルーの解消法2.周りの人と内定ブルーを共有しよう。

内定ブルーの一番よくないところが、自分の中だけで解決しようとしてしまうことです。不安な気持ちになったら、友だちや同じ内定者仲間などに気楽にそのことを話してみましょう。「実は私もそうで…」という話はいくらでも聞けるはずです。

 

みんな、初めての環境へとチャレンジするわけですから、不安になるのは当然です。しかし、みんな不安なんだと知ることが出来れば、安心にもつながるでしょう。まずは不安を共有することが大切です。

 

あなたにぴったりの長期インターンを紹介!ゼロワンインターン主催のインターン個別相談会(無料)

 

内定ブルーの解消法3.新しいことへのチャレンジや遊びなど、別のことに集中しよう。

不安というのは、時間をかければかけるほど、大きく育っていくものです。内定ブルーだと思いながら、そのことばかり考えていると、ますますブルーな気持ちになるでしょう。

 

だからこそ、内定を獲得したあとは、時間的にも余裕ができるでしょうから、今までできなかった新しい勉強や趣味にチャレンジしてみたり、思いっきり友だち同士で遊んだりして、別のことに集中する時間を設けるのもオススメです。

 

大学生のうちにやるべきこと、やってよかったこと7選

 

内定ブルーの解消法4.就活再開や転職など、やり直しができるものだと考えよう。

じっくりと考えた末に、どうしてもその内定に納得ができなければ、改めて就職活動を再開したり、入社後に転職をする、という手段も残されています。

 

就活そのものは一発勝負かもしれませんが、仕事選びや会社選びはその後何回でもできるものですから、良い意味で深く考えすぎないことも大切と言えるでしょう。

 

もちろん就活再開や転職には、大きなパワーが必要となりますから、やらないに越したことはありません。しかし、一方で、そういう道も残されているということを知り、今の状況に縛られ過ぎないようにしたいですね。

 

起業したい大学生おすすめ長期インターン・インターンシップ募集情報

 

まとめ

内定ブルーはたとえ第一志望に受かっていたとしても起こり得るものです。しかし、原因があれば解消法もかならずある。まずはその不安を決して自分のものだけにはせず、積極的に公開していくようにしましょう。そうすることで、不安を外に吐き出しつつ、周りからアドバイスを貰えるようになるかもしれません。

内定は本来素晴らしいものなのですから、ちゃんと自分自身でもその状況を喜べるようになりたいですね。

 

ベンチャーのおすすめ有給インターン・インターンシップ募集情報