長期インターンに大学1・2年生から参加すべき本当の理由


「就職活動のことは大学3年生になってから考えればいいや」と考えている大学1・2年生のみなさん。大学生活は、想像以上にあっという間に過ぎ去ってしまうものです。大学3年生になってからいざ就職活動に取り組んだり、インターンに参加したりしようとすると、忙しさに追われて全てが中途半端になってしまったという結果になりかねません。

 

納得のいくキャリアを歩むためにも、将来のビジョンは早めに考えておくべきなのです。最近は大学1・2年生の間から参加できる長期有給インターンシップも増えてきました。ここでは、大学1・2年生から長期有給インターンに参加する理由を紹介します。

 

大学生のうちにやるべきこと、やってよかったこと7選

 

長期有給インターンに大学1・2年生から参加するメリット

長期インターンは大学3年生から参加する学生が多いですが、大学1・2年生からでも参加することで多大なるメリットを得られます。早めに長期有給インターンに参加するべき理由を、具体的に見ていきましょう。

 

アルバイト代わりになる

 

大学生になったらアルバイトをして、生活費や遊ぶためのお金を稼ぐという人は多いです。アルバイトは働いた時間分だけ時給をもらうことになりますが、長期有給インターンでも同じように時給をもらって稼ぐことができるのです。

 

アルバイトはマニュアルに沿った仕事をこなすことが多いのに対し、長期有給インターンでは社会人と対等な関係でビジネスに取り組むことになります。その分、仕事の対する責任感は増しますが、自分なりに工夫して改善しながら取り組むことができ、実績を残していくというやりがいを得られます。

 

そして、何よりも長期実践型インターンに参加すると就職活動で有利になります。アルバイトは大半の大学生が経験していますが、長期インターンはまだまだ一部の学生しか参加していないので、参加したという事実が差別化ポイントとなります。採用担当者も、アルバイトよりも長期インターンの方がレベルの高い仕事をこなしていることを理解しているので、新卒ながら即戦力に近い存在として高く評価してくれるでしょう。

 

大学生活以外の時間をアルバイトに費やすのであれば、同じ時間を長期有給インターンに費やして、お金を稼ぎながら就活にも有利になる経験を積むことをおすすめします。

 

社会人経験年数が増える

 

正確には長期有給インターンの参加期間を、社会人経験期間とすることは一般的ではありませんが、実際に社会人として仕事に取り組む時間が増えることは事実です。

 

社会人経験年数が増えるということは、それだけ早くキャリアをつめる可能性が高まるということです。新卒社員として入社した時点で、すでに数年間ビジネスを経験していることになるので、社会人としてのスタートダッシュをスムーズに切ることができます。

 

入社当時から、ビジネスの基本的なスキルからレベルの高いスキルまでを身につけていることで、結果を残すことができて昇進スピードも上がる可能性が高まります。大学1・2年生の内から長期有給インターンに参加することは、就職活動で有利になるだけでなく社会人になってからも有利に働くことになるのです。

 

スキルアップができる

 

将来就きたい職業がある場合は、長期有給インターンでその職種を経験することでスキルアップすることができます。プログラマーやデザイナーなどといった専門職は特に効果が高く、座学や趣味の範囲を超えた、ビジネスで生きるスキルが身につきます。

 

将来に対して明確な目標がない場合でも、ビジネスマナーなどの基本的なスキルを学ぶことができるので、大きなメリットをもたらしてくれるでしょう。長期有給インターンで仕事に取り組む中で、その仕事のスキルを磨いていくことも可能です。新卒での就職時や将来転職する際に、必ず役に立つ経験となるでしょう。

 

メールや電話といった基本的なビジネスマナーは、就職活動でも頻繁に活用することになります。一般的な就活生は直前に本やビジネスマナー講座で学ぶことで習得するので、付け焼刃的な知識になりやすく、自然な対応に苦戦することが多いです。長期有給インターンで毎日のようにメールや電話の対応をしていれば、スマートな対応ができるようになるので、それだけでも採用担当者の印象は向上するはずです。

 

将来の夢がハッキリする

 

将来の夢がない大学生は多いものです。漠然と就活をはじめて、何となく有名な企業にエントリーして、最終的には内定をゲットできた企業に就職する。そして、就職先でのミスマッチが生じて、入社3年以内に早期離職してしまうというケースが後を絶ちません。

 

長期有給インターンに参加すれば仕事のリアルな姿を知ることができるので、どのような仕事に就きたいのか、どのような環境で働きたいのかというビジョンをハッキリさせることができるのです。

 

将来の夢がハッキリしたら、それに向かって長期有給インターンや就職活動、大学生活をこなしていけば、夢に近づくことができるはずです。理想のキャリアを歩むためにも、長期有給インターンに参加することは有効なのです。

 

必見!大学1・2年生から参加できる長期有給インターン特集

 

大学1・2年生でインターンに参加する際の注意点

大学1・2年生でも積極的に長期有給インターンに参加することで、大きなメリットを得ることができます。ただし、参加する際は次の点に注意しなければなりません。

 

学業を優先する

 

大学生の本分は学業です。長期有給インターンに夢中になって、授業をさぼって単位を落としたり、留年したりしてしまっては意味がありません。あくまで学業をしっかりとこなしつつ、その上で長期有給インターンに取り組むようにしてください。

 

テスト前など勉強で忙しくなる時期は、インターン参加先企業に相談すればシフトなどの融通をきかせてくれることが大半です。躊躇せず社員の先輩に相談して、勉強に集中できる環境も作るようにしましょう。

 

ワークライフバランスに気を付ける

 

学業に長期有給インターンにと、忙しい日々を過ごすことで体調を崩してしまわないよう、ワークライフバランスには十分気を付けるようにしてください。

 

月に4回は完全オフの日を作って趣味に取り組むなど、プライベートを充実させてリフレッシュすることで、学業もインターンもより意欲的に取り組めるようになるはずです。これは、社会人になってからも言えることです。自分自身で体調管理をしっかりと行い、充実した日々を過ごすようにしましょう。

 

目的意識を持って参加する

 

長期有給インターンに参加しても、言われたことを言われたままにこなすだけでは成長スピードは上がりません。インターンで何を学びたいのか、どのようなスキルを身につけたいのか、目的意識をはっきりとさせた上で参加するようにしましょう。

 

大学からのアクセスも抜群!渋谷エリアの長期有給インターン特集

 

まとめ

大学1・2年生から長期有給インターンに参加すれば、アルバイトのようにお金を稼ぎながら貴重な経験を積むことができます。インターンに参加した経験は就職活動で有利になるだけでなく、社会人になってからもメリットをもたらしてくれます。ビジネスマナーや仕事のスキルを身につけて、仕事のリアルな姿を体感しましょう。そうすることで、理想的なキャリアを歩めるようになるはずです。

 

日本最大級の長期有給インターンサイト「ゼロワンインターン」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で