フロントエンジニアとコーダーの仕事内容の違いは?

エンジニアの中でも、サーバーサイドエンジニアやインフラエンジニアなどの枠組みがあるとことは皆さんご存知だと思います。

最近になって名前を聞くようになった、フロントエンドエンジニアはご存知ですか?

  • 名前は聞いたことあるけど、コーダーとの違いがわからない
  • webサイトのコーディングってデザイナーの仕事じゃないの?

このような疑問を持つ学生も多いのではないでしょうか?

そこで今回はフロントエンドエンジニアという職種が生まれた背景や、コーダーとの違いについて考えていきましょう。

 

エンジニアとしてのキャリアの第一歩!エンジニアのインターン情報まとめ

 

そもそもフロントエンドエンジニアってどんな仕事?

フロントエンドエンジニアとは、webサイトの中で、ユーザーが見る画面のプログラムを行う仕事です。

近年、プログラミング言語の進化により、webサイト上で表現できることも増えてきました。

また、利用者側の環境にも大きな変化が生じています。

ブラウザが多様化したことや、デバイスがPCからスマホに移りつつあるなどです。

こうした環境の変化にも対応するために、webサイトの構築にも高い技術が求められるようになりました。

このような状況下で、従来のコーディングだけでなく、よりwebサイトの利点を高めるという視点が必要になったのです。

そのwebサイトの構築に関する深い専門性を持った職種がフロントエンドエンジニアというわけです。

 

システムエンジニアとは?仕事内容と必要なスキル

 

 

 

フロントエンドエンジニアとコーダーの仕事の違いとは

フロントエンドエンジニアという職種が誕生した背景はご理解いただけたと思います。

ここでは、さらに具体的にフロントエンドエンジニアとコーダーの仕事の違いについて考えていきましょう。

 

フロントエンドエンジニアを体験しよう!フロントエンドエンジニアの長期インターンシップ情報まとめ

 

コーダーの業務内容とは

コーダーはデザイナーの考えた、「サイトの見せ方」を実際にweb上で反映する仕事です。

HTMLやCSSを用いて、webページを普段我々が見ている状態に仕上げます。

基本的には、デザイナーが作成した仕様書を元にwebサイトのコーディングを行うことになります。

いわゆるオペレーターのような役割を担うポジションです。

近年では、検索順位にも、コーディングが関係すると言われています。

そのため、単純にサイトを構築するだけでなく、検索順位にも強いコードをかく必要があります。

 

フロントエンドエンジニアに必須なHTMLの知識が学べるおすすめ長期インターン情報まとめ

 

フロントエンドエンジニアの業務内容とは

フロントエンドエンジニアとは、ユーザーの視点はユーザーの視点にたち、サイト構築に関して、1から携わっていきます。

webサイトのユーザーとは下記の2つを指します。

  • webサイトの利用者
  • webサイトの所有者

利用者から見て使いやすいサイトや、使っていて気持ちのいいサイトを作ることはとても大切です。

webサイトに動きをもたせたり、動画などを用いてわかりやすいサイト構築にするなどです。

まずは利用者がより使ってくれそうなwebサイトを作るというのはとても大切ですよね。

webサイトの所有者とはクライアントのことを指します。

webサイトの更新などは従来はコーディングのスキルが必要であり、その知識がなければ容易に更新することもできませんでした。

しかし、今はプログラミングの知識がなくてもwebサイトの更新ができる「CMS」という仕組みがあります。

WordPressが代表例でしょう。

サイトの所有者が簡単にwebサイトを更新できる仕組みを作ることもフロンエンドエンジニアに求められる仕事の1つです。

この2つのユーザーの視点を持って、webサイトのユーザーから見える部分を構築することがフロントエンドエンジニアの仕事内容です。

 

WordPressについても学びたい方におすすめインターン情報まとめ

 

フロントエンドエンジニアに必要なスキルとは

フロントエンドエンドエンジニアの仕事内容についてはご理解いただけましたか?

webサイト構築に関しての裁量権の多さがコーダーとの違いではないかと思います。

実際にキャリアパスもコーダーとして経験を積んで、フロントエンドエンジニアになる方が多いようです。

ここではそんなフロントエンドエンジニアに必要なスキルを調べていきましょう。

 

インターンシップでシステムエンジニア・SEを未経験から学ぼう

 

HTML、CSSを用いたコーディング技術

フロントエンドエンジニアにも、コーディングの知識は必要になります。

特にHTMLはアップデートにより、動画や音楽などの埋め込みができるようになり、webサイト構築では大きな役割を持つようになりました。

また、先ほども述べた通り検索順位にもHTMLの構造が大きな影響を持ちます。

webサイトを反映させる上で、検索順位はとても大切なので、綺麗なコードを書くスキルは必須とも言えるでしょう。

また、外部アプリとの連携もHTMLによって行われることです。

Facebook認証がみなさんに一番馴染みが深いと思います。

上記のようなスキルをwebサイトに反映することも、フロントエンドエンジニアに必要なスキルです。

 

CSSのスキルを磨けるおすすめインターン情報まとめ

 

JavaScript、PHPのスキル

JavaScriptはwebサイトに動きを持たせる役割で使われます。

サイトを訪れた利用者に、そのサイトを印象付けるための大きな役割を担っています。

ユーザーの再訪率をあげることは、サイト全体の反映に大きく影響します。

また、PHPを用いることで、webサイト上に申し込みのフォームなどを作成することもできます。

欲しい!参加したいと思った時にすぐに申し込みできた方が利用者は便利ですよね。

上記のプログラミング言語を用いることで、サイトの利便性をよりあげることができます。

 

PHPのスキルを磨こう!おすすめの長期インターン情報まとめ

 

まとめ

フロントエンドエンジニアとコーダーの違いについてご理解いただけましたでしょうか。

全くの別物というわけではなく、コーダーとしてのキャリアの先にフロントエンドエンジニアがあるのですね。

今後もwebの技術の発展により、フロントエンドエンジニアのニーズはさらに高まっていくと予想されます。

みなさんも学生時代からインターンシップを通じて、その技術を身につけてみてはいかがでしょうか。

 

日本最大級のインターンシップ募集サイト『ゼロワンインターン』で長期インターンを探す

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"