就活で受かる私服の選び方(説明会・面接)男性編

mens_city

就職活動やインターンで企業に訪問する時はスーツでがっちりキメる印象…。

ところが人事担当者から選考の案内メールには「私服でお越しください」と書かれている場合もあります。

今までファッションとは無縁のところにいたからこそ、突然私服で来いと言われても、何を着ていけばいいのか分からないのでは?

元々ファッションに興味があれば問題ありませんが、どちらかといえば、毎日着る洋服も適当に選んできてしまっている方も多いはず…。

そこで今回は、就活で受かる私服の選び方をご紹介いたします。

 

私服OK・髪型自由のインターンシップ募集まとめ

 

「当日は私服でお越しください」と言われてしまった…!

mens_jump

書類選考を通り、次はいよいよ面接!スーツのお手入れも済ませたし…と思っているところに採用担当者からメール。

「当日は私服でお越しください」と言われ、そのまま固まっていませんか?

いきなり私服で来てくださいと言われても、男性全員がフォーマルな場にふさわしい私服を持ち合わせているとは限りません。

もちろん私服とはいえ「自分の好きな洋服を着ていいですよ」と言われているわけではありません。採用担当者は、あくまでもオフィスカジュアルを求めています。当日になってからではなく、事前にコーディネートを考えておきましょう。

 

服装自由・髪型自由のインターン募集情報まとめ

 

スーツ以外で何を着ればいい?

mens_book

ジャケットはマストアイテム!

男女共通していえることは、私服で採用面接を受ける場合「ジャケット」はマストアイテムです。

今の時期の場合は、ニットにチノパンだけでも問題ありませんが、これでは友人に会うときと何ら変わりません。自分は採用面接を受けに来ているんだという覚悟をみせたいなら、よりフォーマルな印象を与えられるようなファッションを選ぶべきでしょう。

ジャケットは一着もっておくと、これから社会人として働いていくときも、とても便利です。

自分の会社で外部の人と会うことになっても上からジャケットを羽織ることで、オフィシャルな場にふさわしいファッションになれるのです。

今の時点でもっていないなら、今すぐ調達しましょう!

ベーシックな色で組み合わせる

オフィスカジュアルの基本として、明るい色は極力使用しないことが大切です。

もちろん正式にその会社で働くとなったら、多少は色使いを楽しんでも問題はないでしょう。

ただ今は、お互いにご縁があるかどうか探っている状態。できれば派手な色は使用せず、黒やネイビー、ベージュなどベーシックな色を組み合わせて、堅い印象をみせつけましょう。

最初から色鮮やかなコーディネートにすると、おそらくあまりいい印象をもたれません。私服で来てくださいといわれても、ファッションで個性をアピールしないほうが安全です。

チノパンやカーキパンツがあると便利

ジャケットと同様にもっておきたいアイテムがチノパン、もしくはカーキパンツです。二つともプライベートでも着用するアイテムですが、オフィスカジュアルにおいても大活躍。

ただし、どちらかというとカーキは色が強い印象があるため、用意できそうなら「チノパン」をジャケットと組み合わせておくと、第一印象もよくなるでしょう。

チノパンもジャケットと同じで、社会人になっても頻繁に着用します。

今は費用がかかってしまっても、絶対に元がとれますから、今の時点で手元にないなら、用意しておくべき!

 

服装・髪型自由の有給インターン募集一覧

 

鞄や靴ってどうすればいい…?

shoes

リュックでもOK!ただしデザインに注意

男性の場合は、鞄といっても限られているでしょう。

当日は書類や筆記用具、冬の場合は会場に着く前に着用していたマフラーもしまうことになるため、できれば容量に余裕がある「リュック」がおすすめ。ただし、大学生気分を引きずって、遊び心があるようなリュックを背負うと、印象は悪くなります。

たとえば吉田カバン(ポーター)のように、デザイン性も機能性も高いリュックは、人事の方も悪い印象はもたないはず…。一方、カラフルなリュックを背負ってしまうと「小学生のランドセル」のようにみえてしまいます。洋服だけではなく、鞄もオシャレの一部だということを忘れずに!

スニーカーは禁止!

たとえ私服で来なさいと言われていても、絶対にスニーカーは禁止。

可能な限り「革靴」を用意して、足元まで完璧にしておきましょう。

ちなみに革靴は使っているうちに汚れもたまっていくため、採用試験の前日にお手入れも済ませておくとマイナスな印象をもたれなくて済みます。

普段はスニーカーを履いていても、この日だけは封印。足元までカジュアルになりすぎないように気をつけましょう!

 

服装や髪型のルールなし!服装・髪型自由のインターン募集一覧

 

 

私服も重要な判断材料に

men_window

採用試験において「ファッションセンス」も重要な判断材料になります。

すべて見た目で判断されるわけではありませんが、センスのない人に仕事を任せたいとは思わないはず…。

当日になってから慌てて準備するのではなく、前もってコーディネートを考えておきましょう。マナーの範囲を守りながらも自分らしさをファッションでもだせると、就職活動にも有利に働きますよ!

 

堅苦しいルールなし。服装髪型自由の有給インターン募集企業一覧

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です