【例文つき】採用担当者の興味を惹きつけるエントリーシート(ES)の書き方

entry

就職活動が始まっても、いきなり面接まで進めるわけではありません。

どの企業を希望するにしても、まずはエントリーシート(ES)を通らなければ、自分の気持ちを直接伝える機会さえも失ってしまうのです。

採用担当者は何千枚、何万枚と多くのエントリーシート(ES)に目を通し通過の有無を判断しなくてはいけません。つまり長文を書けばいいというわけでもなく、綺麗な文字で書いても、中身がなければまったく意味がありません。

そこで今回は、採用担当者の興味を惹きつけるエントリーシート(ES)の書き方をご紹介してまいります。

もうエントリーシートに悩まない。おすすめのES不要の有給インターン募集一覧はこちら

まずはエントリーシート(ES)の基本から

paper

【出典】
http://www.photo-ac.com/

下書きは絶対!&丁寧に書く

エントリーシートの基本中の基本ですが、下書きをしてから清書へと移りましょう。できればパソコンのワードを使って文章を作成したうえで、あとは手書きで記入していくと、少しは効率がよくなるかもしれません

そして慌てる必要はありませんから、とにかく丁寧に書くこと。

たとえ字が下手であっても急いで書くと採用担当者は見抜きます。丁寧に書けば、第一印象もよくなっていくでしょう。

枠からはみ出ない

企業によってエントリーシートの書式は変わってきますが、いずれにしても、わくからはみ出ないように気をつけましょう。書きたいことが山ほどあったとしても、できるだけコンパクトにまとめ、清書していきます。

たった数文字でも枠からはみ出れば、採用担当者はすぐにあなたのエントリーシートを不採用ボックスに入れてしまいます。基本中の基本は必ず守りましょう。

 

黒色のボールペン必須・修正液は使用しない

エントリーシートは基本的に黒色のボールペンもしくは万年筆で記入します。くれぐれも見誤って個性をアピールするためにカラフルにしないように気をつけましょう。

また最後の最後で間違ったとしても修正液を使用してはいけません。どんなに面倒くさくても、最初から書き直しましょう。

細かい部分まで面倒くさがらずに完璧に仕上げれば、採用率も高くなるということを覚えておきましょうね。

エントリーシート(ES)を上手に書くコツ

paper_work

【出典】
https://www.pexels.com/photo/person-holding-silver-pen-signing-photographers-signature-175045/

 

結論を最初にもってくる

自分の言いたいことをダラダラと並べていても採用担当者は最後まで読まないうちに、あなたに不採用をつきつけるでしょう。

これは社会人になっても求められるスキルですが、言いたいことがあるときは必ず結論を最初にもってきます。

たとえば長所や短所を聞かれた場合は冒頭に「私の長所は聞き上手なところです。」と最初に言いきってしまうことで、具体的なエピソードが気になり、そのまま読み進めたくなる流れになりますよね。

具体的なエピソードや結果を提示する

コツコツと努力できる部分を訴えたい場合、ただ「がんばれます!」「がんばります!」とアピールするだけでは不採用の可能性が高くなってしまいます。

そうではなく「学生時代にはTOEICで満点をとりました。」「資格を○こもっています」と何か一つでも具体的な話をもちこむことで、採用担当者の目に留まるエントリーシートになります。

若者言葉は使わない

エントリーシートはバイトの履歴書とはまったく違います。

文体も必ず「である」「ですます」調のどちらかで統一し、適度に文章を改行しながら読みやすいエントリーシートになるように工夫をしましょう。

もちろん「やっぱり」「スゴい」というような若者言葉(表現)もNGです。

エントリーシート(ES)の例文!

office_paper

【出典】http://www.photo-ac.com/

 

私の長所は計画を立てながらコツコツと地道に努力をできる部分です。

たとえば、まずはじめにやらなければいけないことを紙に書き出し、優先順位を振り分け、緊急的なものから積極的に取り組むようにしていました。

また、一つ一つの工程にどのくらいの時間がかかるのかも計測し、効率的に進めることを意識していました。これは仕事だけではなく勉強にも活用することができ、TOEICの勉強も計画性をもって効率的に進められたおかげで【800点】という高得点をだすことができました。

社会人として一歩踏み始めてからも学生時代に培った計画性や実行力を武器に、またひと回り成長したいと思っております。

ダラダラと書いていたら必ず落ちる!

coffee

【出典】https://www.pexels.com/photo/cafe-coffee-macbook-apple-26806/

ダラダラと自分の言いたいことだけを書いていても落ちる確率は高くなります。内容をコンパクトにまとめるだけでなく、話の展開もよく考えておく必要があるのです。

なかなかまとまらないときは、まず紙に書き出して、頭の中を整理してから、エントリーシートを作成していきましょう!

他の学生と差をつけるためには、とにかく分かりやすく書くこと。

複雑な言葉をわざわざ用いらなくても、シンプルな言葉でまとめるだけで採用担当者の興味を惹きつけることができます。

1、2回自分で確認した後は、彼氏や彼女にも読んでもらいましょう。実家に住んでいるなら家族にも読んでもらって、いろいろな人からのアドバイスを参考にしながら、軌道修正をしつつ、提出日に間に合うように準備を進めていきましょう!

https://01intern.com/scout/user/lp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です