電通・博報堂出身社長の下で学べるインターンシップまとめ

大学生の就職人気企業ランキング上位に長年君臨する大手広告代理店の電通と博報堂。仕事のやりがいもあり、生涯年収も非常に高く、毎年全国数万人の就活生が電通と博報堂のわずかな内定枠を争います。

最近では内定GETはもちろん、インターンシップに参加すること自体が非常に狭き門で、その倍率は数百倍と聞きます。

電通・博報堂のインターンシップに参加したい。でも倍率が高くて現時的に難しい。そんな学生におすすめなのが、電通・博報堂OB・OGが起業したベンチャー企業でインターンシップをすることです。

ベンチャーなので、電通・博報堂に比べて選考通過率も高い上、より実践的な業務を経験させてもられえることが多いです。さらに電通・博報堂を辞めて起業した人の多くが社員時代に活躍していたケースが多いので、より深いレベルで電通イズム・博報堂イズムを知ることができます。

総合商社出身の社長・経営者・起業家まとめ

大手広告代理店出身の起業家・社長って誰がいる?

就活で大手広告代理店の内定をゲットできれば、給与水準や福利厚生といった待遇面は、国内企業の中でもトップクラスによく、所謂”勝ち組”として周りからもチヤホヤされることが多いです。にも関わらず、そんな好環境を捨て、自らの志をもとに起業の道を選ぶ社員は少なからずいます。下記に大手広告代理店出身の有名社長・経営者を紹介します。

株式会社STANDING OVATION 荻田芳宏さん(博報堂出身)

STANDING OVATIONは10代後半から20代前半の女性をターゲットとした、ファッションアプリ「XZ(クローゼット)」を企画・開発・運営している会社です。

https://01intern.com/corporation/14

株式会社ボードウォーク 飯田尚一さん(電通出身)

ボードウォークは、電通とNTTドコモのジョイントベンチャーとして摂理すされた会社です。ライブやコンサート等のモバイル電子チケットサービス事業を展開しています。

https://01intern.com/corporation/259

電通・博報堂OB/OGはなぜ優秀か?

tayou85_yaritenoeigyouman20140823100721_TP_V

電通・博報堂にはもともと優秀な人材が集まっている

これを言ったら元も子もないですが、事実です。各社新卒採用枠が100人強のところに、数万人の学生が応募。数百倍の選考倍率を突破してきた社員達ですので、もともとスペックが高い人が多いです。

さらにそんなハイスペックな人たちが集まり、日々切磋琢磨しながら一緒に仕事をしているため、当然社内の当たり前の基準は高く、そこで成果を出してきた社員達は、退職後も非常に優秀だと評価されているようです。

サイバーエージェント出身社長の下で学ぶインターンまとめ

成果を出せば、若いうちから身の丈以上の権限が与えられる

電通と博報堂では社風こそ違えど、仕事の任され方は似ているようです。仕事の任され方や評価のされ方は年功序列ではなく、結果を出す社員には、どんどん新しいチャレンジ環境が渡されます。また広告代理店の仕事は基本的にはコンペ形式で仕事を獲得します。電通・博報堂レベルだと、コンペなしで名指しで仕事を受けることもありますが、若手のうちは名指しで仕事を受けることはありえないので、先輩社員のサポートとして結果を出すか、コンペで仕事を勝ち取っていくことになります。

クリエティブ力で仕事を勝ち取る人や、対人力を武器にした営業力で仕事を勝ち取る人など、タイプは人によって違うようです。

入社後もそういった競争環境の中で常に身を置いているため、電通・博報堂を退職後も、新しいビジネス環境下で生き抜く力が強いようです。

楽天出身社長・起業家の下で学ぶ長期インターンシップまとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です