オフィスカジュアルって何?インターンに適した私服とは


参加するインターンシップによっては、「服装自由」や「私服OK」という指定がなされることがあります。

 

スーツであればあまり考えることもないのですが、服装自由となると何を着ていくべきか悩んでしまいますよね。

 

インターンシップの服装選びでは「TPO」をおさえることが重要になります。私服指定でも、自分の好きな服装で行くとビジネスにふさわしくなく、印象が悪くなってしまう可能性も。

 

ここでは、インターンにおすすめのオフィスカジュアルのコーディネートや、NGな服装について解説します。

 

インターンとは何?アルバイトとの違い・意味・目的を知ろう

 

「私服OK」のインターンには何を着ていくべき?

インターンで服装自由という指定があった場合、何を着ていくべきなのでしょうか。

 

よくある都市伝説で「私服OKと言われたのに、スーツを着ていかなかったら選考に落とされた」というものがありますが、インターンの場合は指示通りに動いて問題ありません。

 

逆に、スーツで参加することで浮いたまま仕事をすることになってしまう可能性があります。

 

なので、ビジネスシーンというTPOにもふさわしい「オフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)」を着ていけば、まず間違いありません。

 

オフィスカジュアルとは、スーツほど堅苦しくなく、普段着ほど着崩さない、スーツと私服の間のようなこぎれいな恰好のことを指します。

 

私服OKと言われたからといって、完全に普段着で行ってしまうと印象が悪くなるので注意が必要です。

 

人を笑顔に!販売・接客の長期インターン特集

 

インターンでNGな私服の特徴は?

では、インターンにふさわしくない服装の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

  • ジーンズ
  • ダメージジーンズ
  • ハーフパンツ
  • スパッツ
  • 肌の露出が多い服
  • ボディーラインが出すぎる服
  • 肌が透ける素材の服
  • 派手な服
  • サンダル
  • スニーカー

 

これらはビジネスにふさわしくないと見なされるため、インターンでの着用は避けるべきです。

 

オフィスカジュアルは「仕事がしやすいこと」「清潔感があること」「周囲の気を散らさないこと」を基本とした服装です。自分の好きな服装でおしゃれをするとモチベーションが上がるという方もいらっしゃるかと思いますが、ビジネスでは相手を意識することが大切になります。

 

ここからは、インターンにふさわしいオフィスカジュアルの具体例を見ていきましょう。

 

自由な社風が魅力!ベンチャー企業の長期インターン特集

 

【男性】インターンで好印象を与えるオフィスカジュアル

男性のオフィスカジュアルの基本は、ジャケット+シャツ+ズボンです。

 

襟のついたテーラードジャケットを着用するだけで、ぐっとオフィシャル感が増し、ビジネスシーンにふさわしいコーディネートにすることができます。その際、黒のリクルートスーツのジャケットを羽織るのではなく、単体で購入したものの方がおしゃれに見えます。

 

色はグレーや紺、濃い茶色がどのような服装にも合わせやすく、印象も良くなります。ジャケットはインターンだけでなく普段着でも活用できるので、お気に入りのものを一枚ゲットするものいいでしょう。

 

寒い季節は、中にカーディガンをあわせるのもいいです。身体にほどよくフィットするサイズのものであれば、シュッとした印象になりカッコよさが増します。あまりにもサイズが大きなものは、ラフすぎる印象になるので避けるべきです。色は原色に近いような派手すぎるものでなければ大丈夫です。上からジャケットを羽織っていれば、見える範囲も狭いので、落ち着いていながらも個性を主張できる色合いのものを選ぶとおしゃれでしょう。

 

インナーはシャツが基本です。白の襟付きシャツは無難でどんな服装にも合わせやすいですが、派手過ぎなければ色のついたシャツでも特に問題はありません。水色や薄いグレーなどが一般的で、紺色など濃いめの色もコーディネートによってはスタイリッシュに決まります。

 

Tシャツの上にジャケットというスタイルでも印象は良いですが、お堅い業界の企業だとあまり受け入れられない可能性があります。最初は無難に襟付きのシャツやポロシャツを選択し、社風に応じてインナーを変化させていくとよいでしょう。

 

ズボンはチノパンが使いやすいです。黒、紺、ベージュ、カーキといったベーシックカラーにしておけば間違いありません。裾の長さは長くなりすぎず、足首が見えてしまわないよう調節しましょう。

 

靴は革靴になります。先のとがったような派手なものではなく、ビジネスシューズらしいものを選ぶようにしましょう。オフィスカジュアルであれば、スエード素材のシューズでも問題ありません。全体のコーディネートに合わせて靴も選んでください。

 

アクセス抜群!渋谷の長期インターン特集

 

【女性】インターンで好印象を与えるオフィスカジュアル

女性のオフィスカジュアルの基本は、シンプルかつ清潔感のあるもので、トップスにジャケットやカーディガンを羽織るスタイルになります。

 

ジャケットは黒や茶、紺、グレーなどベーシックな色のもので、リボンやフリルが付いたものは避けるべきです。

 

カーディガンは、原色のように派手でなければどんな色でも特に問題ありません。やわらかい印象を与えたければパステルカラーやオフホワイト、クールな印象を与えたければ黒やグレー、紺がおすすめです。サイズは身体のラインが出すぎるピチピチなものを避け、サイズが大きく袖が手にかぶりすぎるのも良くないです。適切なサイズを選びましょう。

 

ジャケットやカーディガンは、第一ボタンを閉めておいた方がきっちりとした印象になります。高い高感度を目指すためにも、最初の内はボタンを閉めておく方がいいでしょう。

 

インナーはシャツやブラウスが無難です。白が基本になりますが、青やグレーといった色付きのものでも印象はいいです。企業によってはセーターやカットソーでも問題ないところがあるので、社風を見て適切な服装を選ぶようにしてください。

 

ボトムスはスカートでもパンツでも問題ありません。どちらか迷ってしまう場合は、スカートを選ぶとよいでしょう。

 

スカートはひざ丈で、あまりにもタイトなものや広がりすぎるものは避けるべきです。リボンやレースが目立つデザインも、ビジネスにふさわしくありません。色は落ち着いたものを選ぶことで、誰からも好印象を持ってもらえます。スカートの場合はストッキングを着用し、網タイツのような派手なものではなく、シンプルなベージュや黒を選びましょう。

 

パンツはスキニーのようにぴったりとしすぎたものでなく、スッと細身に見えるものがおすすめです。色は黒やグレー、ベージュなどシックな色合いのものがいいです。パンツの場合はストッキングでも靴下でも問題ありません。くるぶしが見えるデザインや足が見えるパンプスを履く場合はストッキングで、そうでない場合は靴下にするとよいでしょう。

 

靴はパンプスが基本になります。黒やブラウン、ベージュ系のものであればどんな服装にもあいやすいです。ハイヒールやピンヒールのように高すぎるものは避け、歩きやすいものを選ぶことがポイントです。なお、ビジネスではサンダルはNGです。インターンでもサンダルは履かないようにしましょう。

 

私服OKの求人が多数のエンジニアインターン特集

 

まとめ

私服OKと言われても、インターンに普段着で行ってはいけないことを理解していただけたかと思います。

 

インターンではオフィスカジュアルを基本に、清潔感のあるコーディネートを心がけてください。なお、ジャケットを一枚羽織ればビジネス感が出るので便利です。

 

色は落ち着いたものを選び、装飾が派手でないものにするのがポイントです。オフィスカジュアルの中でお気に入りのコーディネートを作り、モチベーションを上げてインターンに臨みましょう。

 

勤務地・職種・業界から長期有給インターンを探す!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で