インターンシップのイベント合説と個別相談会はどっちにすべき?


就職活動本番の前にインターンに参加して、少しでも多くの経験を積み、就活を有利に進めたいと思う人は多いでしょう。しかし、無目的にインターンシップを探していては、時間も足りなければ、本当にやるべき実習なのかの判断も付かず、あまり効果的とは言えません。

 

そこで活用したいのが、インターンイベントの合同説明会や個別相談会への参加です。どちらも短い時間の中で、より多くのインターン情報を得られることが最大の魅力。

 

では、イベント合説と個別相談会で比べた場合、どちらに参加する方がより効果的と言えるのでしょうか。

 

ここでは、イベント合説と個別相談会のそれぞれの魅力を解説しつつ、よりおすすめなインターン情報の収集法に関して解説していきます。

 

おすすめ就活サイト・就活イベント!19卒学生が登録すべきサイトランキング!

 

イベント合説に参加することのメリット・デメリットまとめ

改めてになりますが、イベント合説についておさらいしましょう。

イベント合説とは、合同企業説明会や、合同説明会などとも言われますが、会場に数社~数百社の企業がブースを出展し、来場学生がそのブースを回ることで、各企業との面談タイムを設けることができる就活イベントの一つです。

 

まずはイベント合説に参加することで得られるものについて見ていきましょう。

 

東京都内でインターンを探している大学生へ!東京都のおすすめインターンシップ募集

 

一日で、複数の企業の話を聞くことができ、一気に情報を得ることができる

やはりイベント合説参加の一番大きなメリットは、色んな企業の話を一日にまとめて聞けるということでしょう。個別の企業説明会に参加するよりも短い時間でたくさんの情報を集めることができるため、業界研究や、やりたい仕事の絞り込みをしていく際に効果的です。

 

同業他社の話を一度に聞いて、細かな実習内容の違いや社員の人柄、雰囲気の違いを感じ取れる機会はそうそうありません。これらを一日で済ませることができるのは大変魅力的だといえるでしょう。

 

またイベント合説に出展している企業の中には、誰もが知っている超有名企業もいれば、初めて名前を聞くような会社もあるはずです。特にBtoB企業という、企業間取引を中心を行う企業の中には、学生の自分が名前を知らなかっただけで、業界内では有名で、とても優良な企業がいることも。そういった企業との偶然の出会いにも期待できるのが、イベント合説ならではの強みと言えるでしょう。

 

イメージとしては、広く浅く、たくさんの情報を得ていくのに向いていると言えるでしょう。

 

大阪でインターンを探している大学生へ!大阪のおすすめインターンシップ募集

 

しかし、情報のボリュームは少なく、一方的というデメリットもある。

一方で、広く浅く、たくさんの企業が参加する合説ならではのデメリットもあります。その最たるものとして、一回あたりの企業説明の時間が短い、ということがあげられます。

 

合説にはたくさんの学生が来場するため、30分程度のタイムテーブルの中で、簡単に企業説明を行う会社が多く、得られる情報量がどうしても少なくなりがち。HPを熟読していればすべて得られる情報だった、ということもあるでしょう。また人気の企業などに関しては、話を聞くために何十分も待たなければならなかったりしたりと、時間効率が悪くなってしまうこともある。

 

また質問時間などを設けている会社も多くはないため、情報が一方的になりがち、というのも弱点となるでしょう。本来聞きたい情報を得ることができなかった30分は、なんだかもったいなく感じてしまいますよね。

 

ある程度、自分の中で企業探しの軸を用意しておき、その中で複数の企業を見比べたり、それぞれの会社の雰囲気を見比べるために使う、というのが一番効率的といえるでしょう。そういう意味では、ある程度事前の下調べや自己分析などが進んだ状態で参加することが求められます。

 

横浜でインターンを探している大学生へ!横浜の長期インターンシップ募集

 

個別相談会に参加することのメリット・デメリットまとめ

個別相談会とは、キャリアコンサルタントとの面談を通して、自分がやりたい仕事の掘り下げや、気になる企業の情報を教えてもらえるイベントです。合同説明会に対して、個別相談会に参加する利点はどういったものがあるのでしょうか。

今度は個別相談会に参加するメリットについて解説していきましょう。

 

京都でインターンを探している大学生へ!京都のおすすめ長期インターンシップ

 

専門のキャリアコンサルタントから『深い』情報が得られる。

個別相談会であなたを面談してくれるのは、各社のインターン情報に精通した専門のキャリアコンサルタント。その道のプロの『客観的』な企業情報が得られるというのが最大の魅力。どうしても自社の説明をする際は、良いことしか言わない、というケースはありますからね。

 

インターンシップでは実際にどんな内容の実習を行っていくのか。そこで得られる知識やスキルはどういったものか。またその職場はどういった雰囲気や人間関係なのか。良いことも悪いことも含め、本当に自分にあったインターンシップ先を探してもらえるので、一人では探しきれなかった企業や、候補になっていなかった企業も、改めてその魅力を知ることができるでしょう。

 

おすすめインターン無料相談会〜企業選び・応募・ES/面接対策までサポート

 

自分自身でインターン参加の目的が固まってない状態でも利用する意味がある。

また、イベント合説がある程度自分の中に軸がある状態で利用した方がより効果的であるのに対し、個別相談会では自分の軸はなんなのか、という部分から相談をしていけるため、インターンシップ活動を開始したばかりのタイミングでも利用すると効果的。

 

自分はどんな仕事をしてみたいと思っているのか、またどんな会社や環境で働きたいと思っているのか。そういった自己分析を、専門のキャリアコンサルタントと一緒に行っていけるのも、個別相談会ならではの強みと言えるでしょう。

 

もちろんその逆に、今考えている自分の想いや希望が実現可能なものなのか、持っている軸が正しいものなのかどうか。そういったことを改めて相談する場としても使えるでしょう。こういう考えのもと、こんなインターンに参加してみたいと思っているが、その選択は本当に正しいのか。場合によってはもっと別の視野を持った方が、将来の就活本番ではより活かせる可能性も。といったような、第三者の公平な意見が聞けるタイミングは実はあまり多くはありません。

 

正直、個別相談会にはデメリットらしいデメリットはありません。インターンシップをやってみようと思ったタイミングはもちろん、ある程度インターン情報の収集もできてきたけれど、というタイミングで使っても、どちらもより深い知見を得ることができるでしょう。

 

将来役立つ営業力を身につけよう!大学生おすすめ営業インターンシップ

 

まとめ 参加するなら個別相談会がおすすめ

インターンシップのイベント合説と個別相談会、それぞれの魅力やメリットに関して見てきました。それぞれ、自分の中でしっかりと目的を持って利用すれば、少ない時間の中で大きな収穫を得ることができるものであることは間違いないでしょう。

 

ただやはり、情報量の多さや客観性という意味合いから見れば、やはり『個別相談会』の方がより有益な情報を得られることは間違いないでしょう。企業探しや自己分析という目的でも活用していけるため、インターンシップを始めたばかりで、右も左もわからないという人でも有効に使えるのは大きな利点です。

 

どんな風にインターンを活用して、自身の就活を成功に導いていけば良いか。また希望の就職を叶えるためにどんな会社のどんな実習に参加をすべきなのか。色んな視点からプロの意見を聞ける個別相談会は、インターン参加を考えているすべての人にオススメできるイベントです。

 

ぜひこういった機会を上手く活用して、インターンの成功、そしてその先にある就活の成功を目指して進んでいきましょう!

 

日本最大級のインターンシップ募集サイトでインターンを探そう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で