面接で長所・短所を聞かれた時の効果的な答え方

就活の面接

「あなたの長所・短所はなんですか?」

この質問に、答えが詰まってしまった就活生もいるのではないでしょうか。

就職活動をしていると、あなたの長所や短所を質問される機会は多いです。

自分の長所や短所って、どのように答えればいいか今ひとつ自信が持てないですよね。

ここでは、就職活動中に面接で長所や短所を聞かれた時に、どのように答えればいいか考えていきます。

 

東京都のおすすめ長期有給インターンシップ募集情報まとめ

 

長所と短所を質問される意図とは

まずは面接官があなたの長所や短所を質問する意図から調べていきましょう。

面接を経て、その会社に入社するにふさわしい人間であるかどうかチェックを行います。

その中の判断項目として、長所や短所もあるわけですね。

では、面接官は長所や短所からどのようなことを判断しているのでしょうか。

それぞれについて考えていきましょう。

 

渋谷区のおすすめ長期インターンシップ募集情報まとめ

 

長所から面接官が判断していること

面接官があなたの長所の質問から判断していることは、入社後に活かせる強みはなんであるか。という点です。

もちろん企業側も、学生を採用するにあたり、優秀かつ入社後に活躍できそうな人材を選びたいと考えています。

その学生が活躍できそうかどうかを測る指標の一つが、あなたの長所について質問することなんです。

これまでの人生であなたが一番自信を持っている長所を発揮し、活躍して欲しいと考えています。

その長所が自社にあっているものではなければ、その会社では活躍することが難しいですよね。

 

港区のおすすめ長期インターン・有給インターンシップ募集情報まとめ

 

短所から面接官が判断していること

反対に面接官が面接で、短所を聞く理由は、「あなたの問題解決能力を探るため」になります。

短所を聞くことが、どうして問題解決能力に繋がるのか、いまいちピンと来ていない方も多いかもしれません。

詳しく説明していきます。

自分の短所を、どのように克服しようとしているかを面接官は知りたがっています。

長所の場合には、長所そのものを聞きたいと考えていたわけですが、短所の場合は違います。

面接官はあなたの短所に興味があるのではなく、あなたの短所との向き合い方に興味があるということです。

この面接官の視点を理解できていないと、なぜこの質問をしてくるか理解できないと思います。

 

エンジニアのおすすめインターン求人まとめ

 

長所・短所双方から面接官が判断していること

長所・短所双方の質問から面接官が判断していることも存在します。

自分の長所や短所を知るためには、自己分析を行う必要があります。

準備ができていれば、答えに詰まることはないですよね。

この長所・短所の質問には、あなたの準備の度合いを見る狙いもあるでしょう。

就職活動は人生を大きく左右する一大イベントです。

その就職活動に対して、入念に準備をできない学生は、就職してからの仕事への姿勢にも疑問符がつきますよね。

この質問からは、質問の答えの他にあなたの就職活動への姿勢も問われていると考えましょう。

 

マーケティングのおすすめインターン・インターンシップ募集求人まとめ

 

長所と短所を効果的に答えるために

長所と短所を聞かれる意図がわかったところで、効果的な回答法について考えていきましょう。

質問の意図が分かれば、答え方も想像がつくようになると思います。

ではより詳しく見ていきましょう。

 

インターンのお礼状の書き方!宛名・便箋・封筒のマナー

 

長所を効果的に答えるために

最初は長所の答え方から考えて行きます。

長所を考える時に一番大事なことは、その会社が求める人物像とあっているかというところです。

先ほども述べた通り、あなたの長所を入社後も発揮し、活躍してほしいと考えています。

あなたがアピールしている長所が入社後活きることがなければ、なんのアピールポイントにもなりません。

例えば、プログラマーを募集している会社に、コミュケーション能力をアピールしても、深くは刺さりませんよね。

コミュニケーション能力が必要なことも確かですが、最重要ではありませんからね。

その会社で必要とされそうな長所を考え、それを的確にアピールする必要があります。

企業調べを行い、自分のアピールポイントのどれが刺さりそうか考えましょう。

企業の仕事内容や、求めている人材を元にニーズを把握し、それに沿う長所を考えましょう。

 

インターンのお礼メールの正しい書き方は?例文付き

 

短所を効果的に伝えるために

短所の答え方を考える前に、短所を質問してくる意図を思い出しましょう。

短所をどのように克服したかを知り、あなたの課題解決能力を確かめるということでしたね。

そのため、短所を面接官に伝える時には、その短所の克服法も伝えましょう。

例えば、「引っ込み思案が過ぎる」というものだったとします。

その解決策として、「自分が考えたアイデアは必ず、人に話すようにして、絶対に自分の中だけで留めないようにした」

というものが考えられると思います。

上記のように伝えれば、あなた自身の課題をそのままにせずに、解決しようとしていることが伝わると思います。

その結果あなた自身の短所が好転したのなら、それも伝えていいと思います。

面接官からの印象が悪くなることもないでしょう。

 

インターンのメール返信マナー!例文付き

 

短所の答え方のもう一つのコツ

長所、短所の効果的な答え方についてはご理解いただけたかと思います。

基本的には先ほどのようにご回答いただければ問題はないでしょう。

ただ、短所の答え方に関しては、もう1つコツがあるのでそちらも紹介します。

それは「長所を短所に言い換える」ということです。

例えば、「リーダーシップがある」という長所は「周囲を強引に巻き込んでしまう」と言い換えられますよね。

もとがあなたの長所のため、改善点や、それが好転した結果などは考えやすいでしょう。

あなたが周りに意見をいう時に考えていることを、そのまま改善点として述べればいいだけです。

自己分析をしていっても、面接でうまく答えられそうな短所が見つからないこともあると思います。

そのような場合には、この長所と短所を逆転させるという考え方を用いてはいかがでしょうか。

面接での答えやすさというところはあると思います。

 

就活のメールマナーとは?正しい件名・宛名・署名・お礼の書き方

 

まとめ

長所と短所は答えにくい部類の質問だと思います。

志望動機や自己PRほど入念に準備する学生が少ないということもあるのでしょうか。

しかし、今回の記事を見ていただければわかる通り、この質問に対する回答は非常に重要です。

皆さんは、しっかり回答を用意して面接に臨むようにしましょう。

 

日本最大級のインターンシップ募集サイト!『ゼロワンインターン』でおすすめ求人を探す

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"