インターンで学んだことを就活に活かすためのアピール法


就職活動でアピールすることを、みなさん何にしようとお考えですか?

学生の中には、インターンでの経験を就職活動でアピールしようと考えている方もいるのではないでしょうか。

インターンを通じて得たものが、その会社でも通用しそうであればアピールするべきですね。

みなさんはそのインターン経験のアピール法には自身がありますか?

いくら素晴らしい経験をしていても、アピール方法が間違っていれば台無しになってしまいますね。

ここでは、就職活動でインターン経験をアピールする時に活かす方法について考えていきます。

 

プレゼンの話し方のコツが学べるインターン・インターンシップ募集情報まとめ

 

インターンを通じて学べることって何だろう

まず最初にインターンを通じて学べることについて、考えていきましょう。

インターンシップといっても、短期インターンシップと長期インターンシップの二種類があります。

この短期インターンと長期インターンは、同じインターンという名前はついていますが、内容は別物です。

それぞれ、学べることは別物なので、別々に考えていきます。

 

千代田区のおすすめ長期有給インターンシップ募集情報まとめ

 

短期インターンの場合

最初に短期インターンシップについてみていきます。

大半のインターンが短期のインターンシップとなっています。

短期インターンと長期インターンでは、参加する学生も短期インターンの方が多いです。

特徴としては、やはり「短期」とある通り、期間の違いになるでしょう。

期間は短くなっており、1日〜5日のものが多いです。

体験型のインターンシップで、その会社の実務というよりは、会社紹介のような内容のものが多いです。

これらの特徴を踏まえた上で、短期インターンで学べることについて調べていきましょう。

 

渋谷区のおすすめ長期インターンシップ募集情報まとめ

 

  • 仕事への意識、

仕事とは何か、を初めて学べる機会がインターンシップの方もいるかもしれません。

バイトとは違う責任感を持った仕事をすることが新鮮な方もいるでしょう。

そこで得た気づきは就活でも活きるでしょう。

インターンを通じて、気づいたことをインターンシップ終了後にどのように活かしたかが重要です。

ただ「仕事とは何か」わかったというだけでは、アピールできるような内容ではありませんね。

社員の方から学んだことをその後の生活でどのように活かしたか、それがアピールするポイントになります。

日常生活や学校生活、アルバイトなどでインターンを通じて得た気づきを実践した成果があれば、それを告げましょう。

 

  • 自分の課題、弱み

短期インターンを通じて初めてわかる自分の弱みなどもあると思います。

実際に社会人と共に仕事に取り組む中で、初めてわかる自分の足りない点などもあると思います。

インターンシップを通じて、自己分析ができるということもインターンならではの経験でしょう。

仕事のことや会社のことだけでなく、自分についても学べるということです。

自分自身の改善点に気づくということも、就活を通じて重要なことです。

短期インターンで気づいた自分自身の弱点に、どのようなアプローチをかけたを考えましょう。

社会人になるにあたり、自分に足りない部分を克服した経験は、面接官にもアピールできると思います。

  • その会社で求められる能力

インターンで社員と関わることで、その会社に必要な人材や能力がわかります。

その会社に必要な能力を理解することができれば、残りの大学生活であなたの過ごし方も変わると思います。

あなた自身がインターン期間に吸収したこと、気づいたことを活かし、残りの大学生活を過ごしましょう。

直接的に、短期インターンでの経験をアピールするという訳ではありません。

しかし、インターンシップで学んだことを活かすという意味では同じだと思います。

その会社で求められる人材になれるように、残りの大学生活を過ごし、面接で伝えましょう。

 

マーケティングのおすすめ長期インターン・有給インターンシップ募集情報まとめ

 

長期インターンの場合

続いて、長期インターンシップについて、解説していきます。

短期インターンと対照に期間が長いインターンとなっています。

具体的には3ヶ月以上働くことになります。

実践型のインターンシップとなっており、実際に社員と同じような働き方をすることになります。

企業が事前に定めたプログラムを行う、短期インターンとの違いになっています。

それでは、長期インターンシップで得ることができる経験とそのアピール方法について考えていきましょう。

 

企画職のおすすめインターン求人まとめ

 

  • 実務経験を積むことができる

長期インターンシップでは実務経験を積むことになります。

その実務を通じて得た自分自身が成長できた経験や、インターンを通じての成果などはアピールする材料になると思います。

社会人として働くことで、マインド面やビジネススキルなどに関しては他の学生よりも磨くことができます。

的確に伝えることさえできれば、面接官も評価をすることは間違いないでしょう。

この伝え方についてなのですが、誰が聞いても伝わるような、具体的かつ客観的な内容になるように意識をしましょう。

数字を用いる、比較を交えるなど、面接官が一度聞くだけであなたの説明がわかるようにしましょう。

伝え方が曖昧になってしまうと、面接官もあなたのことを評価することはできません。

 

有名企業へ内定多数のおすすめインターン・インターンシップ募集求人まとめ

 

インターンの経験をアピールする時に注意すること

インターンで積むことができる経験と、そのアピール法について述べていきました。

重要なことは、インターンを通じて、どのような成果をあげたではありません。

そこから何をしたか、その成果を上げるためにどんな工夫をしたかが重要です。

インターンでの成果が優れたものでも、あなた自身の力なのか、再現性があるものなのかわかりませんよね。

面接官は、入社後もインターンで成果をあげたように活躍してくれるかどうか知りたがっています。

インターンでの成果をただ伝えるだけでなく、その時のあなたが成果をあげることができた要因まで掘り下げましょう。

入社後にその会社で活躍できる人材と考えてもらうためには、その情報は不可欠です。

必ずその時のあなたの考えまで伝えるようにしましょう。

 

web/IT業界の長期インターン・有給インターンシップ募集求人まとめ

 

まとめ

インターンで学んだことを、どのようにアピールすることができるか考えました。

大事なことは、インターンでの成果だけでなく、工夫した点などのあなたの考えまで伝えることです。

上手に伝えることさえできれば、面接官からも評価されることだと思います。

伝え方次第で話の印象も変化するので、皆さんは頑張ってください。

 

日本最大級のインターンシップ募集サイト!『ゼロワンインターン』

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で