グラフィックデザイナーの仕事、資格、年収とは?

グラフィックデザイナーって名前は聞いたことあるけれども、実際にはどんな仕事をしているかよくわからない。

という学生も多いのではないでしょうか。

クリエイティブで、華々しいイメージをお持ちの方も多いと思います。

ここでは、そんな学生のために、グラフィックデザイナーについて、詳しく調べていきたいと思います。

 

グラフィックデザイナーのおすすめ長期有給インターンシップ募集情報まとめ

 

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーの仕事内容とは紙媒体へのデザインを行うことです。

グラフィックという英語の意味通りですね。

雑誌やポスター、チラシ広告など、日常生活でもよく目にする媒体のデザインを行います。

主に広告代理店や広告制作会社、企業の宣伝部が主な職場になります。

非常に多くの方の目に触れるデザインを作成することもできるので、人気の職種になっています。

近年はwebデザインの隆盛により、紙専門ではなく、webデザインを行うことができる人材も増えているようです。

ポスター作成の際には、文字や画像をミリ単位で調整するので、とても職人的な働き方でもあります。

 

webデザイナーのおすすめ長期インターンシップ募集情報まとめ

 

グラフィックデザイナーの仕事内容とは

グラフィックデザイナーの概要について紹介いたしました。

雑誌や、ポスターやチラシを作る際にも、クライアントや社内の人間と様々なやりとりが必要になります。

ここでは、グラフィックデザインが完成するまでにグラフィックデザイナーがどのような仕事をするか見ていきましょう。

 

デザイナーのおすすめインターン求人まとめ

 

企画会議

まずは、クライアントとの打ち合わせを行います。

商品の基本情報や商品のターゲット、企画の方向性などを定めます。

ポスターやチラシなどは、誰かの購買意欲に訴求するものです。

商品情報やターゲットがわかっていなければ、デザインすることはできませんよね。

また、デザインの方向性もクライアントとすり合わせます。

クライアントの要望を満たすデザインを納品する必要があるので、事前に可能な限りキャッチアップする必要があるのです。

当然のことですが、商品情報やターゲットに関しては、クライアントの方が理解しています。

クライアントのイメージと違うということは、正しい訴求ができていないということですよね。

グラフィックデザインがうまくいくかどうか左右する、一番重要な工程です。

 

企画のおすすめインターン・インターンシップ募集求人まとめ

 

デザイン作成

クライアントの要望や、商品の情報をキャッチできたら、デザインを作成します。

ページのレイアウトや細部の色彩まで、クライアントの要望に応えるべく、デザインします。

社内やクライアントと微調整を行い、度重なる修正を行います。

完成したデザインだけを見ると、非常にクリエイティブで華々しいですが、作成の工程では根気が必要な仕事です。

紙デザインのため、web上の見え方とは異なる場合もあります。

そのために実際にプロダクトを印刷して色合いをチェックする、色校正の工程などは、グラフィックデザイン独特の工程ですね。

 

webデザイナーとは?仕事内容や年収・将来性

 

納品

完成したデザインにミスがないかなどの確認を行ったのち、クライアントにデータを納品します。

グラフィックデザイナーの仕事はここで終わりではありません。

そのプロダクトの売り上げなどの成果報告から、結果を分析することで、次の仕事へ繋げていきます。

デザインというと表現することが目的に思えますが、あくまで手段でしかないことがわかりますね。

目的はあくまで、売り上げをあげることということのようです。

 

デザイナーの仕事内容とは?種類と必要なスキルまとめ

 

グラフィックデザイナーに必要なスキルや資格とは

グラフィックデザイナーに必要な資格は特にありません。

必要な資格はないものの、デザインで用いるツールの知識は必要です。

代表的なツールは、Photoshop、Illustrator、Indesignの三種類です。

Photoshop、Illustratorはwebデザインなどでも用いられ、デザインの現場では一般的ですが、Indesignはグラフィックデザイナーに特有のスキルです。

グラフィックデザイナーを目指す方は、勉強しておくべきでしょう。

多くの方が専門学校や、独学でスキルを学び、グラフィックデザイナーとしてのキャリアを歩み始めます。

最初はアシスタントとして、キャリアを歩み始めることが多いようです。

クライアントとの、会議に出席することができるのも、経験を積んだ後ということでしょう。

 

Photoshopを用いる長期インターン・有給インターンシップ募集求人まとめ

 

グラフィックデザイナーの年収と将来性

グラフィックデザイナーの仕事内容についてはご理解いただけましたか?

華々しいイメージとは裏腹に、泥臭い仕事の部分も存在しているようです。

だからこそ、世に広まった時のやりがいも大きいのかもしれません。

ここからは、グラフィックデザイナーの年収や将来性について、調べていきましょう。

 

Illustratorを学べるおすすめ長期インターン・有給インターンシップ募集情報まとめ

 

年収

グラフィックデザイナーの年収相場は、300万円~500万円となっています。

勤務先の企業や、あなたのキャリアによっても変動はすると思います。

特にデザインという性質上、スキルの差が生じますので、スキル次第では、同年代よりも稼ぐということが可能だと思います。

また、大手広告代理店では、30代で1000万円を超える企業もあります。

納期に追われることも珍しくない業界なので、残業は存在するようです。

 

時給1200円以上のおすすめインターン求人まとめ

 

将来性

現在は、出版不況と言われるように、紙媒体が減りつつあることが現状です。

印刷物関係の仕事が完全になくなることも考えにくいですが、グラフィックデザインの領域が減ってきていることも事実です。

以前までは、グラフィックデザインを専門で行っていた企業でも、webデザインの仕事も請け負うなど、webデザインのスキルも必要になってくるようです。

ポスターや、チラシなどを作成したいデザイナーの方でも、webに関する知識はあった方がキャリアは広がるでしょう。

幸いPhotoshopやIllustratorなどのツールは共通なので、一から勉強するほどのエネルギーは必要ないかと思います。

 

UI/UXデザインのおすすめ長期インターンシップ募集情報まとめ

 

まとめ

グラフィックデザイナーについて、解説させていただきました。

やはり、華々しいだけではなく、仕事をする上で大変な部分もありました。

しかし、自分のデザインを多くの人に見てもらえる、自分のデザインで売り上げが倍になったなど、大きなやりがいがあることも確かだと思います。

グラフィックデザイナーは新卒でも、ツールの知識が求められることが多いです。

興味のある方は自分で勉強したり、ツールの使い方を学べるインターンに参加してはいかがでしょうか。

 

デザイナーに必要なツールを学ベるインターンを探すなら『ゼロワンインターン』

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"