インターンの面接に最適な服装とは?


短期インターンシップや長期インターンシップに参加する時には面接の機会があることが多いです。

インターン面接の時、どんな服装で参加すればいいか考えてしまう学生も多いのではないでしょうか?

「スーツで起こしください」や、「私服で起こしください」と明確に決められている場合は、服装で悩むことはないと思いますが、服装の指定がない場合も多いです。

インターンシップの面接で、服装の指定がない場合にどんな服装で参加すればいいか、考えていきましょう。

 

服装・髪型のインターン・インターンシップ募集情報まとめ

 

面接の服装の指定が特にない場合

服装の指定が特にない場合は、リクルートスーツで面接に参加することが無難でしょう。

服装に関して、特に指定をしていない場合にも、面接官は当然スーツ着用でくると考えている場合もあります。

近年ベンチャー企業では私服で働く方も増えてきましたが、世間的にはスーツを着用する方が一般的です。

ビジネスマナーや、公式の場での身だしなみを理解できない学生と思われては、選考を通過することは難しいですよね。

TPOに合わせた服装ができない学生は、企業側としても採用したいと思わないからです。

そのようにならないように注意しましょう。

スーツを着用する際にもネクタイを派手な色にはしない、ボタンダウンのシャツを着ないなどの就活マナーが存在します。

第一志望の短期インターンの面接や、とても興味が湧いた長期インターンの面接の際には特にスーツ着用時のマナーに気をつけましょう。

 

就活かばんのおすすめは?男女別失敗しない鞄の選び方

 

私服でお越しくださいという指定がある場合

  • 「私服でお越しください」
  • 「私服で構いません」
  • 「あなたを表現できる服装で起こしください」
  • 平服で構いません

など、私服で面接に参加することが求められることもあります。

「私服で」、「平服で」という言葉こそありますが、完全に自由な格好で面接に参加して良いわけではありません。

先ほども申し上げた通り、面接の場のTPOにふさわしい服装で参加する必要があります。

いわゆるビジネスカジュアル/オフィスカジュアルと呼ばれる服装です。

第一印象で、場面に応じた適切な服装をできない大学生と思われては、その後の面接にも大きく影響します。

そうはならないようビジネスカジュアル/オフィスカジュアルのマナーについて理解しておく必要があります。

ビジネスカジュアル/オフィスカジュアルも一定の方がありますので、そちらを覚えてしまいましょう。

以下で、ビジネスカジュアル/オフィスカジュアルと言われる服装について調べていきましょう。

 

ファッションコーディネート力が身につくおすすめ長期インターンシップ募集情報まとめ

 

覚えておくべきオフィスカジュアル【男性編】

まずは男性のオフィスカジュアルから紹介します。

短期インターンの面接も、長期インターンの面接も、このオフィスカジュアルさえ覚えてしまえば、服装については問題ないでしょう。

  • 上は襟付きのシャツとジャケット!

上半身は襟付きのシャツにジャケットが一番オーソドックスです。

シルエットもスーツと似ていますし、この服装をみて、TPOにあっていないと感じる方はごく少数だと思います。

もちろん色合いや柄には注意する必要があります。

基本的にシャツもジャケットも無地のものを選び、派手な色のものは避けるようにしましょう。

ジャケットの色は黒か紺、シャツの色は白かが無難でしょう。

服装による自己表現は、インターンの面接では求められていないので、注意しましょう。

  • 下はチノパン!

ビジネスカジュアルでは、ズボンはチノパンを着用することが普通です。

色はベージュのものが一番普通でしょう。

テレビドラマや映画などでは、ジーンズで働く社員を目にするかもしれませんが、現実の面接では、ジーンズは絶対にNGです。

採用担当者がマナーに厳しい方の場合、ジーンズを履いているだけで、印象が一気に悪くなる可能性すらあります。

私服で面接に参加する時の服装=チノパンくらいの認識を持っていただいて結構だと思います。

  • 靴は革靴!

靴は革靴にするようにしましょう。

ベルトを着用するのであれば、革靴とベルトの色も同じにするべきです。

秋慣れたスニーカーの方が楽だとは思いますが、TPOにそぐいません。

インターン面接に通過するための服装という目的を忘れないようにしましょう。

 

東京都のおすすめインターン求人まとめ

 

覚えておくべきビジネスカジュアル【女性編】

ここからは女性のビジネスカジュアルについて解説していきます。

短期インターンシップや長期インターンシップの面接にふさわしい格好について考えていきましょう。

  • 上はジャケット!インナーは派手なものは避けよう!

女性の場合も、ジャケットを着ることがおすすめです。

女性の場合はインナーは男性ほど厳密に決まっている訳ではなく派手な色や柄のものでなければ基本的には大丈夫です。

胸元が空いている服やデコルテが強調する服装は、避けたほうがいいことも覚えておきましょう。

  • 下はスカートorチノパン!

下はスカートかチノパンです。

女性のチノパンは私服では着る方はあまり多くないかもしれませんが、ビジネスカジュアルでは一般的です。

チノパンはカジュアルな雰囲気を演出してくれるので、普段は着ない方でも一着はもっておくといいかもしれません。

スカートを着用する際には、丈が短くも長くもないすぎないように意識しましょう。

膝が少し見えるくらいか、少し隠れるくらいの長さがおすすめです。

また、色をジャケットと同じ色にすることも、忘れずに意識しましょう。

インターンシップの面接に参加する学生らしい、フレッシュな雰囲気を演出できるでしょう。

  • 靴は適度な高さのヒールのパンプスをチョイスしよう!

ヒールが高すぎては、面接には合いません。

あなたが選んだ靴が面接に合うかどうかの判断基準としては、リクルートスーツと合わせて、不自然な靴かどうかで良いと思います。

オフィスカジュアルも、私服とはいえ、とてもフォーマルな格好であることは間違いないので、スーツにあう服装であれば問題はないでしょう。

靴一つとはいえ、面接官にどのように思われるか理解できない以上、リスクのある格好は避けるべきですね。

 

就活女子おすすめ髪型・髪色まとめ!前髪は?茶髪はNG?

 

どうしてもビジネスカジュアルの私服が用意できない時

あなたが今持っている服装との兼ね合いや、面接までの時間次第では、ビジネスカジュアルの私服が用意できない可能性も十分に存在します。

そのような時はインターンシップの面接にスーツで参加して良いでしょう。

決してマナー違反ではありませんし、スーツなら大半の学生が所持していると思います。

実際に私服でもOKの説明会にスーツ姿の大学生が参加している姿もよく見受けられるので、スーツで参加することも手段の一つです。

 

千代田区のおすすめ長期インターン・有給インターンシップ募集情報まとめ

 

まとめ

インターン面接に参加する際の最適な服装についてお話させていただきました。

短期インターンの面接、長期インターンの面接を問わず、服装はあなたの第一印象に大きな影響を与えます。

あなたが参加したいインターンシップの面接を確実に通過するためにも、服装には最新の注意を払うようにしましょう。

 

日本最大級のインターンシップ募集サイト『ゼロワンインターン』を見る

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で