早期離職をしないために、学生時代にやっておきたいこと


ここ数年、新卒採用者の早期離職が大きな課題になっています。新卒学生の約半数が、入社後3年以内に辞めているというデータもあり、企業と学生のミスマッチをいかに減らせるか、採用担当者と学生の双方が頭を悩ませているでしょう。

 

採用した企業側はもちろんですが、就職した学生側にとっても、早期離職というのは大きなデメリットになるものです。採用する側にとっては大きなコストを支払って採用活動をしているわけで、採用後も活躍できるようになるまでの教育機関はほとんど赤字と言っても過言ではありません。学生の側も、第二新卒という肩書きになってしまっては、次の転職先を探す際の足かせになってしまう場合も往々にしてあります。

 

そこで今回は、早期離職をしないために、学生時代にやっておきたいことをまとめました。大学生のうちに自分自身や仕事に対する理解を深め、ミスマッチのない就職を目指しましょう。

 

首都東京で働く!東京都のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

学生時代にやるべきこと

就職活動が始まれば、周りの空気も一気に変わり、それに呑まれてとにかくがむしゃらに走ろうとしてしまう人も少なくないでしょう。もちろんアクションを起こすことも大切ではあるのですが、それが目的になってしまっていては良い結果を導き出すことはできません。まずは、自分と仕事に対する理解を深めておくことが必要不可欠なのです。ここからは、就活を本格化させる前にやっておきたいことを具体的に紹介していきます。

 

大学生のうちにやるべきこと、やってよかったこと7選

 

やりがいを感じる瞬間を知る

 

働くということにおいて、最も重要なのがやりがいを感じられるかどうかです。楽だから…、給料が良いから…という理由で就職先を探す人も多くいるとは思いますが、仕事というのは長く続けなければいけないもの。そこにやりがいを見出せなければ途中で必ず飽きてしまいます。逆にその仕事に大きなやりがいを感じているのであれば、多少しんどいことがあったり、多少給料が安いと言っても、踏ん張る理由になるでしょう。逆に自分の中の確固たる軸がないままでは、どうしても隣の芝が青く見えてしまうものなのです。

 

まずは自分がどんな時にやりがいを感じるのか、しっかり理解しておきましょう。目標を達成することで、たくさんの給与を貰うことでやりがいを感じるのか、それともお金よりも「ありがとう」の言葉を貰えた方がうれしいのか。その違いで、職種はもちろん、選ぶべき会社の社風も変わってきます。

 

何が正解というのはありません。ただ、自分が何のためのこの仕事をしているのか。なぜ、努力を続けることができるのか。そこに明確な回答を用意できる理由をしっかり考えてみてください。結果的に、それがあなたの軸となり、仕事を選んだり、入った会社で頑張れる理由になるはずです。

 

これから必要とされるスキルを磨こう!IT業界のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

自分が得意な仕事を知る

 

ただし、先に紹介したようなやりがいや、やりたいという気持ちだけを優先した就活もおすすめはできません。どんな人間にも得手不得手が必ずあり、どれだけやりがい溢れる仕事だったとしても、そもそも自分が得意とする業務でなければ、長続きさせることは難しいでしょう。

 

例えば、多くの人の生活をより便利で豊かなものにしたい、という目標を持ったとします。一人の力で大多数の人々に影響を与えられる仕事の代名詞と言えばITエンジニアが挙げられます。しかし、いくら多くの人々を助けたいと思っていても、本人がパソコンを苦手としてしまっていてはいかがでしょうか。

 

必ずどこかのタイミングで挫折をしてしまい、長く続けていくことは不可能になってしまうはずです。10年20年とその仕事をしていくと考えた時、そもそもその仕事が得意かどうかというのは非常に大切な要素になります。人と接することが苦手な人が営業職を志しても無理があるように、自分のできることというのを深く知っておくことが必要なのです。

 

しかし、自分自身の特技というのは、意外と本人が一番自覚できていなかったりするもの。自分では当たり前のスキルだと思っていたことが、実は他の人から見れば輝く才能だったりすることもよくあるもので、自分の本当の能力を知らないままに、イメージで向いている仕事を選んでしまっている人も多くいます。

 

自分のことだからこそ、自分が一番理解できていない。そのことをしっかりと自覚し、自分と向き合う時間はしっかり確保した方が良いでしょう。

 

即戦力人材を目指そう!ベンチャーのおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

インターンを経験しておくことは非常に効果的

さて、早期離職をしないために必要な要素をお伝えしましたが、なかなか一人でじっくり考えても、答えが見つかりにくいものだということも理解できたと思います。

 

そこでおすすめなのが、インターンシップへの参加です。インターンは企業内で行う仕事体験のことで、近年多くの企業で実施されています。短期のものや長期のもの、実践型のものや研修型のものなど、内容は会社によってさまざまですが、その会社の一社員として働けることが最大の魅力です。

 

実際に会社で働くというのは、アルバイトや学校生活とは大きく異なるものです。実際に働くからこそ見えてくる仕事の魅力というのもありますし、実際に経験するからこそ見えてくる自分の特技や特性というのもあるでしょう。自分を知り、会社や仕事を知るという目的を考えた時、インターンシップほど効率的なものはありません。

 

しかもインターンはあくまでも仕事体験であり、そこを辞めてしまったからと言って自分の経歴に傷がつくものではありません。もちろん、例えインターンであっても長く働き、自分の能力をしっかりと会社に還元する、という意欲も大切ではありますが、だからと言って無理して働く必要もないのです。

 

そうした手軽さと後腐れのなさは、インターンならではのメリットと言えるでしょう。実際に就職をしてしまったあとは、他の会社を知りたいと思っても、まずは今いる会社を退職せねばならず、そうすることで経歴に傷をつけてしまうことも覚悟しなければなりませんからね。

 

実際に働くことで、最初は向いていないと思っていた仕事が、思いがけず天職だったという気付きを得ることもあるかもしれません。その逆に、やりたいと思っていた仕事が、思いの外楽しいと思えない、なんてこともあるでしょう。そうした経験こそが、今後の自分のキャリアを作っていく上で非常に有益な情報となるのです。インターンシップは、参加する学生にとってメリットしかないと言っても過言ではありません。

 

どの会社でも使えるスキル!営業のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

自分を知り、仕事を知り、価値ある就職を実現しよう

最近では転職すること自体が一種のステータスのように語られるシーンも見受けられますが、転職活動にはそれ相応のリスクや苦労が付いてくるものです。わざわざそれを見越して働くよりも、本当に自分が満足できる会社で、長く安定して働くに越したことはありません。

 

その仕事を見つけるために大切なのが、自分自身への理解と、仕事や会社に対しての理解を深めること。想像と現実には、大抵大きな差があるもので、実際に経験することでしかその差を実感することはできません。

 

そこでおすすめなのがインターンへの参加。学生のうちから社会人として働くことを経験していれば、仕事のことはもちろん、自分自身への理解もきっと深めることができるでしょう。そうして自分がめざすべき道を明確にしておけば、就職成功率もグンと引き上げることができるはずです。

 

参加によるデメリットは一切ないと言っても過言ではありませんから、ぜひ一度、インターンを経験してみてくださいね。

 

日本最大級の長期インターン・有給インターンシップ募集サイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で