将来の仕事に迷ったら、営業職がおすすめ!その理由を解説


将来どんな職業に就くべきか。大学生ともなれば、一度は考えたことがあるでしょう。

 

しかし、まだ社会に出ていない段階で、自分がこれから一生を掛けて挑戦していく仕事を決めるのは相当に難しい作業です。あれもやりたい、これもやりたいと思うこともあるでしょうし、何となくあの仕事は嫌、この仕事は避けたい、といった考えも浮かんでくるはずです。

 

もちろんそうした苦悩の中に、自分の信じる道を見つけ出すことが一番良いのですが、どうしても将来を決めかねてしまった時におすすめなのが、営業職という選択です。

 

今回は、将来に迷ってしまった時になぜ営業職がおすすめなのか、その理由を徹底的に解説していきます。もちろん、この記事を参考にして営業を目指すという選択もOK!自分のこれからのキャリアを考える時の参考にしてくださいね。

 

ビジネスもプライベートも満喫!新宿区のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

営業職がおすすめな理由

数ある職種の中でも、迷った時の選択肢としてなぜ営業職をおすすめできるのか。そこには明確な理由があります。ここからはそれらの理由を一つずつ解説していきましょう。

 

安定した働き方を実現!メーカーのおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

どこの会社でも必ず必要とされる人材

まず第一の理由として挙げられるのが、営業職はどの会社にも必要な人材だからです。モノを売る会社であれ、サービスを売る会社であれ、営業を担当する人がいなければ、その会社の事業は成り立ちません。どんなに良い商品を作っても、誰も買ってくれなければ意味がありませんからね。だからこそ、就職市場においても営業職の求人が最も多くなっているのです。

 

つまり、営業職はつぶしがきく職業ということになります。A社で営業経験を積んでおけば、もしB社に転職することになったとしても、ある程度の営業スキルはそのまま引き継いでいくことができるでしょう。もちろん商材や会社の風土が変われば、身に付けなければいけないスキルや知識もそれに応じて多少変化はするものですが、基本となる要素はどこも同じ。

 

そして、営業を必要としない会社は存在しないわけですが、営業職としてのスキルを磨いていれば、将来的にどこの会社に行ったとしても、必ず一定値の活躍ができるということなのです。

 

ライバルに差をつける!大学1年生・大学2年生が参加できるおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

人とのコミュニケーションはどんな仕事でも必要になる

また、営業の仕事の中身も重要な意味を持っています。営業職が最も必要とされるスキルはコミュニケーション能力です。クライアントのところに訪問し、じっくりと提案して、自社の商品を売るのが使命なわけですから、人付き合いができません、なんて人は絶対にチャレンジできませんよね。

 

ただ、人とのコミュニケーションというのは、営業職以外でも必要とされるケースは非常に多いのです。例えば事務職であれば、クライアントとのコミュニケーションの数は営業よりも減るかもしれませんが、それに対して社内間でのコミュニケーションの頻度は上がるでしょう。相手がお客様では無いからと言って、どんな態度で接してもOKというわけではありません。相手の気持ちを考え、気持ちの良い応対ができてこそ、事務職の価値というのは認められるものなのです。

 

また営業とは真逆のイメージのあるシステムエンジニアのような仕事でもコミュニケーション能力は必須です。同じチームとして働く社員との交流はもちろんですし、技術に詳しくないクライアントに対し、自分たちが組み上げるシステムのことをわかりやすく解説してあげなければなりません。技術職=パソコンに向かって集中、というわけではないのです。

 

だからこそ、コミュニケーション能力を武器に戦う営業職は強い。そこで経験を積んでいれば、将来別の職種についたとしても、気持ちの良いコミュニケーションが出来るようになり、自然と活躍の幅も広がっていくでしょう。

 

どこでも使えるスキル!営業のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

提案書の作成など、事務スキルも同時に磨ける

営業はクライアント先に訪問し、話をするのがメイン業務と思われがちですが、実は事務作業もたくさん行わなければなりません。例えばクライアントに見せる提案書の作成。筋道立てた自分の提案を、しっかりと紙に落とし込むことができなければ、決まる案件も決まりませんから、事務スキルは日々の業務で自然と磨かれることになるのです。

 

それこそ、デザイン会社やIT企業の営業ともなれば、デザインに関する知識やプログラミングに関する知識も必要になってくるでしょう。広告会社の営業であれば、自分でキャッチコピーを考えたりしなければならないシーンも出てくるかもしれません。その際、もちろんデザイナーやプログラマーが持っている高度な専門性には及びませんが、それらに長時間触れることで、普段は知り得ない知識やスキルを身に付けることもできるはずです。

 

先ほども述べたように、営業職は色んな人たちとコミュニケーションをとっていくことになります。だからこそ、幅広い知識を身に付けることができるのです。

 

インターンとは何?アルバイトとの違い・意味・目的を知ろう

 

実力次第ですぐに昇給・昇格も可能

そして、営業の世界は結果が非常にわかりやすいというのも魅力です。営業数字があなたの頑張りを証明してくれる一番の材料になりますから、結果さえ出せていれば、昇給や昇格が他の職種よりも圧倒的に早い。入社1年目でリーダーになり、3年目で課長になる。なんてことも決して珍しいことではないのです。

 

また逆に言えば、営業数字さえしっかりと出せていれば、誰からも文句は言われないという自由度もあります。それこそ、昼間はカフェでお茶をしながら過ごしていても、ちゃんと数字を残すことさえできていれば、あなたの評価は上がるのです。

 

他の職種はそうはいきません。日々の業務をしっかりとこなし、場合によっては直接上司にアピールしていきながら、長い年月を掛けて出世の道を切り開いていかなければなりません。

 

だからといって営業の仕事が簡単かというと、決してそんなことはないのですが、若手であってもチャンスに恵まれているという点では、非常に目指しがいのある仕事だと言えるでしょう。

 

自分の力を試したい。若いうちから権限を持って、しっかりと稼いでいきたい。そんな思いを持っている人であれば、営業以上に自分を高められる職種は無いと言っても過言ではありません。

 

そのまま入社も可能!内定直結型のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

魅力がいっぱい詰まった営業職!迷ったらまずはチャレンジしてみよう

将来の仕事を決めるのは決して簡単なことではありません。ましてや、実際に働いたこともない状態での、イメージだけを基準とした判断は危険性すら伴います。

 

そんな時に上手に活用して欲しいのが、営業職という仕事。

 

営業で培うことができるコミュニケーション能力は、他のどんな仕事でも必要とされるものですが、それを最も強く磨ける環境は、営業をおいて他にはないでしょう。

 

また色んな人と接点や交流を持つ機会が多くなる職種ですから、日々の仕事を通して、営業スキルだけではない事務スキルやその他の専門スキルも磨いていくことができます。そうした中で、自分が本当にやりたかった仕事に出会うきっかけが見つかることもあるかもしれません。

 

さらに、頑張って結果を出せば、すぐに自分の待遇に返ってくるという評価基準のシンプルさも魅力の一つ。目標がしっかり定まっているので、何のために頑張れば良いのかといったようなモチベーションに困ることは一切ありません。

 

そして何より、営業職はどんな会社でも必要とされる仕事です。営業として磨いたスキルは、将来どんな会社に行く時でも、きっと役立てることができるでしょう。

 

だからこそ、迷ったらとりあえず営業職。そうすれば、未来の可能性がグンと広がるはずですよ。

 

全国の長期インターンシップ・有給インターン情報を掲載!「ゼロワンインターン」はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で