春から大学生!入学式にふさわしい服装・髪型とは?

中学や高校の入学式の場合、制服での参加がほとんどのため、あまり悩む必要はなかったかもしれませんが、服装が自由な大学の入学式では、どんな格好をしていけばいいのか悩んでしまいますよね。

 

大学生活の門出を祝う、大切なイベントであるからこそ、その場にふさわしい、失敗しないファッションでのぞみたいものです。

 

そこで今回は、大学の入学式にふさわしい服装・髪型についてまとめてみました。

 

東京都のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

まずは「浮かない」ことが大切!相手に与える第一印象を考えよう。

大学の入学式は、式典そのものと、その後の各学部や学科でのオリエンテーションまでを含めて1セットとなっていることが多く、このタイミングで初めて、一緒に学んでいく同級生との顔合わせが行われることになるでしょう。

 

これから先の大学生活を楽しめるかどうかは、うまく自分と合う友だちを見つけ、自分たちのコミュニティを作ることができるかどうかも重要になってきますので、まずは他の人たちから「浮かない」ということを第一に考えましょう。

 

自分で自分を客観視して、この人に声をかけたり、声をかけられたいと思えるかどうか。そういった目線で考えることが大切。また、学生とはいえ、大学生はある程度自立した大人の自覚を持つことが、社会的にも求められます。

 

自由や自分らしさを大切にしていきながらも、規範や規律はしっかりと守り、締めるべきところはしっかり締める。それが格好良い大学生の基本形であることを覚えておきましょう。

 

服装はスーツが基本。髪型や髪色もスーツに合わせて派手過ぎないように。

 

大学の入学式においては、男女ともにスーツを着て行くのが基本です。スーツを着ていれば、まず周りから浮いてしまうということはないでしょう。色も黒を基本としつつ、ネイビーなどでも大丈夫。女性の場合、パンツにするかスカートにするか悩みポイントかもしれませんが、これはどちらか一方がマナー違反で…というようなことはないので、自分の好みで決めてしまって良いでしょう。

 

卒業式などで着物を着る学生を見たことがある人もいるかもしれませんが、入学式で着物を着るのはあまり良く見かけるものではありません。その後のオリエンテーションなど、入学式に出席する以外にもやらなければいけないことはありますので、よほど目立ちたいなどの思いがない限りは避けた方が無難です。

 

スーツを着るとなると、髪型や髪色も、派手過ぎないものが望ましいですね。高校の卒業式のあと、大学入学までは少し期間があくので、その間に髪を染めたいと思う人も多いとは思いますが、フォーマルな印象のスーツと明るすぎる髪色はあまり相性が良いとは言えませんので、入学式までは我慢するのが良いかもしれません。

 

将来使うことを考え、リクルートスーツを買っておくのも良い

 

大学生活そのものでは、あまりスーツを着る機会も多くはありませんが、インターンシップへの参加や就職活動のことも考えると、リクルートスーツとしても使えるものとして購入しておくのも良いでしょう。

 

スーツは消耗品ですから、インターンや就活で連日使っているといつかは限界が来ます。大学生活終了までには少なくとも2~3着のスーツを使い切ることになるでしょうから、それも見越して入学式のスーツを買っておくと、少しお得ができますね。

 

大学入学というせっかくの晴れの舞台に、そんな地味なリクルートスーツなんて…と思うかもしれませんが、また改めてお伝えしますが、スーツ以外にも個性を出せるポイントはありますし、多くの人が地味なリクルートスタイルで出席しますので、逆に個性を出し過ぎると自分自身の居心地が悪くなってしまったりする可能性もあるということを考慮しておきましょう。

 

大学1年生・大学2年生が参加できるおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

スーツ以外にもこだわろう!その他のビジネスアイテムも準備しよう

さて、入学式の基本はスーツ、ということをお伝えしてきましたが、スーツを着るからにはそれ以外にも揃えておきたいアイテムがあります。スーツにスニーカー、リュックという出で立ちではとても不格好にうつってしまいますから、その他のポイントにもしっかりとこだわりを持って選んでいかないといけません。

 

ここからはスーツ以外に気をつけるべきポイントについて見ていきましょう。

 

カバン、靴、時計もビジネスアイテムとして重要。今のうちに揃えよう。

 

スーツを着る時に絶対に合わせておかなければいけないのが、カバンと靴。ここが揃っていないと全体のバランスが崩れ、いくらキレイなスーツを着ていても、格好よく見えることはないでしょう。

 

黒やネイビーのスーツを着ることが前提となりますから、それに合わせて靴も、男性ならば黒の革靴、女性ならば黒のパンプスがおすすめです。特に女性の場合は、ヒールも高すぎないものが歩きやすく、相手に与える印象も良くなるでしょう。

 

カバンもスーツとのバランス、そしてまた後々の就活等も見据えて、A4サイズの書類が入る、シンプルな黒の手提げカバンを用意しておきたいですね。

 

これは、付けても付けなくてもどちらでも大丈夫ではあるのですが、ワンポイントとして、腕時計をつけるのもオススメ。将来的に必ず使う機会が来るでしょうし、ちょっとしたオシャレの演出ができるのも良い点です。スポーツウォッチや派手なメタル素材のものよりは、革ベルトのシンプルな時計をつけるとより好印象を与えることができるはずです。

 

ネクタイやシャツなどは多少個性を出せるものもOK

 

スーツの中に着るシャツやネクタイに関しては、多少色味のあるものを使っても大丈夫。特に男性の場合、ネクタイにはこだわっていきたいところですよね。これも後の就職活動のことまで考えると、ブルー系の爽やかな印象を与えられるものが良いですが、それ以外にも赤やシルバーなど、多少遊びのあるデザインや色味にしても問題はないでしょう。

 

逆にネクタイまで黒にしてしまうと、それこそ夜の仕事のイメージだったり、場合によっては喪服のような印象を与えてしまう可能性があるため、ここは色があった方が良い、という形で覚えておいてください。

 

女性の場合、インナーとしては白のブラウスが主流ではありますが、ピンクや水色といった薄めの色合いであればスーツとの相性も良く、違和感はありません。レースやフリルといったワンポイントがあるブラウスでオシャレを演出するのも素敵です。

 

あなたにぴったりの長期インターンを紹介!ゼロワンインターン主催のインターン個別相談会(無料)

 

まとめ 周りから浮かず、将来も考えて使えるチョイスが一番!

大学の入学式はスーツが無難。それに合わせて髪型や髪色、そして他に揃えるアイテムに関しても印象を揃えていくことが大切であるとお伝えしてきました。基本的には一生に一回のイベント。目立つことも大切ですが、逆にスムーズに乗り切ることも大切だということを覚えておきましょう。実利を考えるのであれば、将来のインターンシップや就活での利用も考えたチョイスがおすすめ。無難な服が無駄になってしまうことはありません。

 

もしどんな格好をすれば良いのか、どうしてもわからない場合は、入学する大学のHPなどを見てみるのも良いかもしれません。多くの場合、大学のHPには、過去の入学式の写真が掲載されていますので、先輩たちがどんな格好をしていたのか、ビジュアルで見ることができれば自分の格好の参考にもなりますね。

 

これから始まる大学生活をより楽しいものにするためには、スタートがとにかく大事。まずは「浮かない」、誰から見ても好印象な見た目を目指していくとよいでしょう。

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"